Top > 12.7cm連装高角砲(後期型)

12.7cm連装高角砲(後期型)

Last-modified: 2018-02-17 (土) 23:01:44
No.091
weapon091.png12.7cm連装高角砲(後期型)小口径主砲
装備ステータス
火力+2雷装
爆装対空+5
対潜+1索敵
命中+1回避+1
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
一部駆逐艦及び軽巡洋艦*1の改/改二の初期装備
2014年5月作戦戦果上位褒賞(1~100位)
標準的な対空高角砲の後期改良型です。
量産に向いた構造で経済性も高く、量産両用砲として優れた性能を誇ります。
課題のひとつである旋回速度等も改善された、頼りになる対空火器です。

ゲームにおいて Edit

  • このうち磯風萩風はイベント海域でしか邂逅できない。
  • 叢雲改二は2つ持ってくるが、Lv70までの道のりが流石に長い。一方睦月型2隻は1つだけながらLv65と少し早い。
    他の艦娘がイベント報酬だったり海域ボスSドロップだったりなのでそのあたりも吟味加減である。
  • 軽巡の阿武隈改二、鬼怒改二、多摩改二も初期装備として持参するが、改装Lv70以上で要改装設計図。
  • 12.7cm単装砲に続く命中upの小口径主砲で、同装備の完全な上位装備である。
    副砲と小口径主砲の両方が搭載可能な艦では、種類の違いがあるが数値的には12.7cm連装高角砲の上位装備でもある。*2
  • ライバルとなるのは主に以下の3種類。使い分けは所持装備や敵味方の編成との相談となる。
    10cm連装高角砲(対空-2、対潜・命中・回避+1、通称長10cm砲)
    10cm高角砲+高射装置(火力-1、対空-5、対潜+1、通称秋月砲)
    12.7cm連装砲B型改二(火力-1、対空+3、対潜・命中・回避+1、通称夕立砲)
    • 艦隊防空目的の場合、主に秋月砲や長10cm砲を合計2つ使うか、併用するかとなる。*3
    • 小口径主砲の中でも10cm連装高角砲と性能を争うが、入手しやすさでは劣る。現実における生産性は本装備が優れるはずだが……
      対空や艦隊防空重視の場合は秋月砲等には及ばない点もあるので、本装備は対潜補助しつつ連撃装備にしたい場合に巧く活用したい。
    • 防空を重視せず少しでも火力が欲しい場合には、秋月砲、夕立砲、改修済みの12.7cm連装砲に軍配が上がる。
      最大で夜戦連撃時に10*2もの差が出るため、本装備が改修可能となるのが待たれるところ。
      本装備は命中が+1あるが、改修した装備には命中補正があるため、現在は大きなメリットにならない。
    • 対潜が+1あるが、基本攻撃力の計算には寄与しない。素の対潜にも装備対潜にも加算されず、通常は意味がない。
      • 対潜値が関わるのは、2016/6/30アップデートで実装された先制対潜攻撃の発動条件、ソナー1以上を積んだ上で表示対潜値100以上*4の判定。
        『主砲×2、ソナー』の装備組み合わせで表示対潜値が98~99の場合に本装備を搭載する事で、先制対潜と夜戦連撃を両立させられる。
        ただし、大抵の場合は対潜の上昇値の関係上ケッコンカッコカリ前提となってしまう。(朝潮改二丁だけは可能。)
  • 2017/12/11アップデートで軽巡洋艦級に対するフィット補正が追加され、軽巡洋艦に装備すると砲撃命中率が上昇するようになった。
    • 対象砲は本装備と12.7cm単装高角砲(後期型)
    • 適用艦種は14cm砲系や15.2cm砲系と同じ軽巡・雷巡・練巡で適用範囲は昼砲撃戦のみと考えられるが、詳細な仕様は要検証。

  • 実装直後は本装備を搭載して対潜攻撃を行うと、対水上艦と同じく主砲のイラストが入り、この主砲×2で潜水艦に夜戦連撃、3基なら夜戦カットインが発動していた。
  • 本装備は「主砲」カテゴリだが、図鑑背景の文字は「Secondary Armament(副砲)」と表記されている。表示のミスなのか、それともカテゴリ設定のミスなのか……。

小口径主砲の性能比較表(装備最大値/小口径主砲上位早見表/テーブルより転送) Edit

No装備名 - 小口径主砲火力対空対潜命中回避装甲入手方法改修補正効果等備考追加
12210cm高角砲+高射装置310-11-初期装備、改修高射装置機能編集
00310cm連装高角砲27----開発、初期装備-編集
09112.7cm連装高角砲(後期型)25111-初期装備、ランキング-軽巡に対する命中フィット補正有編集
22912.7cm単装高角砲(後期型)14111-初期装備-軽巡に対する命中フィット補正有編集
2845inch単装砲 Mk.3026-121初期装備、ランキング編集
26712.7cm連装砲D型改二63-221初期装備、ランキング長波改二
(水上電探とのシナジー効果有)
専用主魚電CI、電探ボーナス重復無編集
26712.7cm連装砲D型改二53-221初期装備、ランキング夕雲型および島風
島風改のみ水上電探とのシナジー効果有)
専用主魚電CI、電探ボーナス重復無編集
26712.7cm連装砲D型改二43-221初期装備、ランキング陽炎型専用主魚電CI編集
26712.7cm連装砲D型改二33-211初期装備、ランキング専用主魚電CI編集
26612.7cm連装砲C型改二32-1-1初期装備、改修、編集
06312.7cm連装砲B型改二32----初期装備、改修、ランキング編集
00212.7cm連装砲22----開発、初期装備編集
282130mm B-13連装砲41---1初期装備、イベント編集
280QF 4.7inch砲 Mk.XII改33111-初期装備編集
147120mm連装砲32-1--初期装備-編集
  • 緑:両用砲赤:平射砲
  • 水上電探シナジー:火力+1、雷装+3、回避+2、重複不可

小ネタ Edit

  • 元ネタは駆逐艦の主砲、という点から「四〇口径八九式十二糎七高角砲B1型」と思われる。*5
    • この砲は「松型駆逐艦」(未実装)という小型駆逐艦の後部主砲用に新規開発されたもので、これまでの実装されているA型シリーズとは役割が異なる。松型実装フラグ
  • A型シリーズからの違いは電動機の出力が向上したことで旋回速度や俯角仰角の調整が速くなったこと。これにより前期型より早く照準を合わせられるようになった。
    • ちなみに松型の前部主砲である「B1型改4」は12.7cm単装高角砲として実装済みである。でもレア度の割に能力値が…
    • 細かい変遷は12.7cm連装高角砲を参照のこと。
  • 対潜+1に関しては、恐らくは対潜砲弾によるものと思われる。
    これは砲と砲弾を改良したもので、砲口初速(発射時の砲弾の速度)を減らし、着水時に炸裂してしまわないように特殊信管を用いて対潜攻撃に使用したものである。
    日本海軍では対潜信管一型及び二型という信管を採用し、着水後そのまま水中を直進出来るよう砲弾を改造した。15.2cm以下の砲弾でよく用いられた。射程は4,000m

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 貯めてたけどほとんど捨てた。もし改修に必要になってもすぐ集まるし -- 2017-12-13 (水) 16:52:29
    • 使うことはほぼないけど、気付くと結構貯まってんだよねこれ… -- 2017-12-13 (水) 17:59:49
    • 6個あれば十分かな? -- 2017-12-15 (金) 09:46:18
  • 装備最大値/小口径主砲上位早見表/テーブル】を作成してインクルードしました。D型のステ変化については【装備最大値/増設バルジ早見表/テーブル】と同じ記載方法で実装しました -- 2017-12-23 (土) 01:26:44
  • 軽巡級に対するフィット補正について追記。 -- 2017-12-24 (日) 22:22:11
  • 駆逐艦の通常装備として持たしておいたら48本になっていた…D型のように陽炎型のフィット砲として共食い改修を出来るようにならないかな~ -- 2018-01-06 (土) 20:40:12
  • 【小口径主砲上位早見表の差替・修正の是非について】
    現在小口径主砲上位早見表には12.7cm連装砲D型改二(以下「D型砲」)の艦種別フィット補正値を別々に記載して他の砲や艦種別フィット間で数値比較が出来るようにしてあります。ですが、この仕様には以下のメリット・デメリットがあります。
    ●メリット:
     ・艦種フィット毎の数値比較が一目で分かる
     ・ソート機能で各数値の並び替えが可能
    ●デメリット:
     ・同じ砲が複数記載されているのは冗長である。特に「入手方法」や「備考」欄
     ・他に同様の使用の砲が追加されたときに表の記載が複雑になる
    以上のメリット・デメリットを鑑みて皆さんに以下2点についてご意見をお聞きしたい。
    1.早見表は今のままで良いか、差替・修正をすべきか。
    2.もし差替・修正をするならどのような修正がよいか
    差替修正案は下記の3種類です
    【案1:別表形式】
    ・フィット補正・シナジーを艦種ごとに折りたたみ別表で記載
    【案2:欄外記載】
    ・フィット補正・シナジーを欄外に追記
    【案3:シンプル】
    ・フィット補正・シナジーは装備ページ参照として一覧表には記載しない
    皆様のご意見は装備最大値コメント欄にて2週間後の2/10まで募集し、【「差替の必要なし」の意見多数もしくは「議論が紛糾した場合」は今まで通りの表でそのまま】【差替1~3案のうち賛成案が多いものがあれば、そちらで差替】の作業を行いたいと思っています。
    差替案はこちら→装備最大値/小口径主砲上位早見表/テストテーブル1
    ご意見はここのコメント欄にお願いします→装備最大値
    -- 表作成者? 2018-01-27 (土) 03:15:48
  • これが装備欄を無駄に圧迫してるんだけど、捨てるに捨てられなくてもどかしい。 -- 2018-02-01 (木) 12:09:19
  • 似たような能力(火力:+1、対空:-2、他同じ)の[QF 4.7inch砲 Mk.XII改]が登場したね。さぁどうなるか -- 2018-02-17 (土) 23:01:13
  • ああ、これいつの間にか軽巡フィットついていたんだ…。8cm高角砲対空電探由良に下手に秋月砲載せると対空CI弱くなるから困っていたんだがこれ装備すりゃいいのね… -- 2018-02-28 (水) 20:51:50
  • イベントの度に量産してしまうお・・・ -- 2018-03-03 (土) 18:58:49
  • 共食いでいいから改修きて欲しい。火力と防空ボーナスが上がればかなり有用な装備になるのに。あと出来れば対潜値も意味のあるものに・・・ -- 2018-03-11 (日) 19:29:29
  • 捨てたら捨てたで絶対困ることになるの目に見えてんだよな・・・ -- 2018-03-18 (日) 01:58:55
  • 浦波改と暁改二しか持ってないのに3基あるのは何故だろう -- 2018-03-23 (金) 22:07:38
    • あ、択捉改が持ってきてたわw -- 2018-03-23 (金) 22:12:16
      • それは単装でそ?と真面目につっこんでみる -- 2018-03-24 (土) 01:55:13
      • うん、勘違いでしたわw -- 2018-03-25 (日) 15:28:45
  • どうも米駆逐主砲のが先に改修きそうだな、こいつもどうにかしてやりたいのに -- 2018-03-28 (水) 21:52:10
  • 5inch単装砲 Mk.30の改修(★6~)に必要な模様。ちなみに2本ずつ。 -- 2018-04-24 (火) 07:35:04 New
    • 遂に素材になるときが来たか… -- 2018-04-25 (水) 03:07:12 New!
  • クッソ2カ月前に大量に廃棄しちまったわ -- 2018-04-25 (水) 00:31:16 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 持参艦の詳細はゲームにおいて参照
*2 戦艦等では三連装副砲や10cm連装高角砲(砲架)が副砲版の上位装備。
*3 艦隊防空ボーナスは整数値のみ反映される為、3スロ目の装備により臨機応変に対応したい。例えば、対空補正のない装備を併用するなら本装備と10cm連装高角砲の組合せの方が無駄は少ない。
*4 五十鈴改二を除く。海防艦は60以上。
*5 形状は一等輸送艦に搭載されていたB1型連装砲架と外観が一致する。