最上改 の変更点


 |CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
 |>|>|>|>|~No.101|
 |&attachref(./101_2nd.jpg,nolink,提督、また会ったね、最上だよ。ボクの飛行甲板どう?似合ってる?);|>|最上 改(もがみ)|>|最上型 1番艦 航空巡洋艦|
 |~|>|>|>|~艦船ステータス(初期値/最大値)|
 |~|~耐久|50|~火力|24 / 75|
 |~|~装甲|-- / 71|~雷装|18 / 69|
 |~|~回避|35 / 69|~対空|20 / 64|
 |~|~搭載|27|~対潜|0|
 |~|~速力|高速|~索敵|22 / 59|
 |~|~射程|中|~運|10 / 69|
 |~|>|>|>|~最大消費量|
 |~|~燃料|50|~弾薬|55|
 |~|~艦載|>|>|~装備|
 |~|5|>|>|[[20.3cm連装砲]]|
 |~|6|>|>|[[瑞雲]]|
 |~|5|>|>|[[零式水上偵察機]]|
 |~|11|>|>|未装備|
 |>|>|>|>|~改造チャート|
 |>|>|>|>|[[最上]] → ''最上改''(Lv10)|
 |>|>|>|>|~図鑑説明|
 |>|>|>|>|LEFT:最上型重巡洋艦1番艦。&br;最上の後部主砲を全て取り払って、代わりに水上機を&br;運用する航空甲板を設置した、航空巡洋艦だよ。&br;水上機母艦並の航空力と火力、どうよ!|
 ※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
 最大値はLv99の時の最大値を指します。
 
 #region(CV:洲崎綾、イラストレーター:しばふ (クリックするとセリフ一覧が開きます))
 |セリフ|CV:洲崎綾、イラストレーター:しばふ|
 |入手/ログイン|提督、また会ったね、最上だよ。ボクの飛行甲板どう?似合ってる?|
 |母港/詳細閲覧|提督、ボクに何か用?|
 |~|航空甲板が気になるのかい?|
 |~|いやぁまぁ、空母とは違うんだけどね。結構上手く使えば、面白いと思うんだよね|
 |母港/詳細閲覧(バレンタインデー)|ぁ、はい! ボクのチョコ、食べてみてね。味は保証しないけど……そう? 良かったぁ! ボクも嬉しいよ!|
 |母港/詳細閲覧(ホワイトデー)|提督、なあに? チョコのお返しは何がいいかって? そうだなあ、一日提督に甘える券、とか、どう?|
 |~|なあんてね、冗談だよ。さみしがりやの甘えん坊さんは提督の方だもん。…ふふっ、これも冗談さ|
 |母港/詳細閲覧(春本番/2016~)|三隈、お花見? いいよ! 日向さんもどうかな?|
 |母港/詳細閲覧(梅雨)|提督、ちょっと動かないでね。…ほら、帽子はこうした方がかっこいいよ!|
 |~|三隈、どうしたの? 元気ないね? わかった、鈴谷と熊野呼んで御茶会でもしようか。ね?|
 |母港/詳細閲覧(2016夏真っ盛り)|三隈はどうしたんだよ? なんで機嫌悪いのさ? あ、そうだ! ラムネ飲みに行かない? おごるよ。|
 |母港/詳細閲覧(秋)|季節は秋、か…あ、満潮。この季節は、なんか胸が痛くならない? どうしてだろうね。|
 |母港/詳細閲覧(秋刀魚)|へぇ~、秋刀魚漁か。いいね、僕も手伝うよ♪ 装備が肝心だね。まず、光り物は必須だよね。|
 |母港/詳細閲覧(3周年)|提督、3周年だってさ! すごいね! さみしがり屋のボクと提督、だからかなぁ? ……なんてね! へへっ♪|
 |ケッコンカッコカリ(反転)|&color(#F0F8FF){提督、どうしたんだい?そんなに見つめてさ。ボクの航空甲板になにかおかしなもの載ってる?};|
 |ケッコン後母港(反転)|&color(#F0F8FF){ボクがすぐぶつかっちゃうのは、提督ばかり見てるからさ!なんてね!};|
 |編成|航空巡洋艦、最上、出撃するよ!|
 |出撃|出るの!? そうこなくっちゃ!|
 |~|航空巡洋艦最上、出撃するよ!|
 |遠征選択時|衝突禁止!|
 |アイテム発見|衝突禁止!|
 |開戦|いっけー!|
 |航空戦開始時|五月雨を、あつめて早し…って芭蕉だっけ?|
 |夜戦開始|よーし、ボクも突撃するぞー!|
 |攻撃|いっけー!|
 |~|甘い甘い!|
 |~|五月雨を、あつめて早し…って芭蕉だっけ?|
 |小破|うあっ!?|
 |~|しまったっ!火災発生!?|
 |中破/大破|くっそぉ…直撃かよぉ…冗談じゃないよ…|
 |勝利MVP|これが航空巡洋艦の実力さ。ヘリ搭載護衛艦の先駆けのようなボクだからね|
 |帰投|作戦の終わった艦隊が戻ってきたね|
 |補給|アハッ! ボクをますます強くしてくれるの?|
 |~|うん、ありがとう!|
 |改装/改修/改造|これをこうして使うのか、へぇー|
 |~|アハッ! ボクをますます強くしてくれるの?|
 |~|衝突禁止!|
 |入渠(小破以下)|修理に入るよ。…しっかし、どうして味方同士でぶつかるかな…ったくもぉ…|
 |入渠(中破以上)|あ~あ…せっかくの航空甲板が台無しだよ、もぉ…|
 |建造完了|新しい仲間が来たよ|
 |戦績表示|提督にお知らせみたいだよ|
 |轟沈(反転)|&color(#F0F8FF){うぅ…あの世で三隈に、詫び入れるかなぁ…};|
 |時報|マルマルマルマル ボク眠いよー|
 |~|マルヒトマルマル 提督は元気だねー|
 |~|マルフタマルマル ねえ、深夜勤務なんて聞いてないんだけど…|
 |~|マルサンマルマル ふあー、ん?深夜も半年前からやってるの?お疲れ様です|
 |~|マルヨンマルマル ふあー、まったく、提督は頑張るよねー|
 |~|マルゴーマルマル おっ、今、ちょっと夢見ちゃったよ|
 |~|マルロクマルマル ボクの夢、どんなかって?…ふふっ、秘密だよ|
 |~|マルナナマルマル 今から寝ちゃだめ?|
 |~|マルハチマルマル いいじゃん。執務室にふとんあるし|
 |~|マルキューマルマル うっ、おふとんしまっちゃったの?おっ、こたつでもいいやー|
 |~|ヒトマルマルマル そうこうしてたら、目がさえてきたよー|
 |~|ヒトヒトマルマル 朝ごはんも食べ忘れちゃったし…ぷんぷん!|
 |~|ヒトフタマルマル 提督、お昼、いっぱいごちそうしてもらうからね!|
 |~|ヒトサンマルマル お腹いっぱーい。デザートは別腹だよ!|
 |~|ヒトヨンマルマル ん、間宮アイスはうまいなー。提督、クリームがついてるよ。ん、いいよ|
 |~|ヒトゴーマルマル ん、デザート付きなら、深夜勤務もありかな?|
 |~|ヒトロクマルマル ボク、お腹いっぱいになったら、急に眠気が…|
 |~|ヒトナナマルマル 歩いたまま眠りそうだよー。あっ、ごめん|
 |~|ヒトハチマルマル あれ…ここは…提督の執務室!?なんで!?|
 |~|ヒトキュウマルマル 提督が背負って連れてきてくれたの?ほんっと、ごめんなさい!!|
 |~|フタマルマルマル うぁっ、ボク今日夜食カレー当番なのにっ!…ん?このにおいは?|
 |~|フタヒトマルマル 提督、くまりんこがボクの代わりに、カレーつくってくれたよ!さ、食べよ!|
 |~|フタフタマルマル 提督と食べるカレーはおいしいよねー毎日でもいいや|
 |~|フタサンマルマル 提督、そろそろ、今日の勤務は終わりにしない?ねっ!|
 |放置時|提督ー。あれっ忙しいの?ボク、少し運動したいな!|
 #endregion
 
 *ゲームにおいて [#z9fd21a6]
 -航空巡洋艦となり水上爆撃機を運用可能になったのが最大の特徴。水上機搭載で先制攻撃可能な重巡と思えば良い。
 --航空戦艦と違って火力最終値も向上するため、''近代化改修前提ならデメリットは皆無''。4スロとなり装備の幅も広がるため改装した方が良いだろう。
 //--重巡と航巡でルート分岐が異なる海域は4-3と5-2(外れルート)のみ。それ以外では重巡の代わりとして使用可能。
 &br;
 -航空巡洋艦は装備の幅が広く多芸だが、あれもこれも行おうとすると全てが中途半端になってしまうため、装備については他の艦種以上に気を配る必要がある。
 -水上爆撃機の装備時、敵艦隊に潜水艦がいると対潜攻撃を行うという特徴があり、運用次第でメリットにもデメリットにもなり得る。
 --対潜攻撃は最優先の攻撃行動であるため、潜水艦が出現する海域への出撃時は水上爆撃機の装備に充分な考慮が求められる。
 --軽空母と違い、水上爆撃機を搭載せず[[カ号観測機]]のみ搭載した場合でも昼間の対潜攻撃を行えるという、航空戦艦と同じ特徴を持つ。
 --対潜に関して同じ特徴を持つ水上機母艦は爆雷と各種ソナー装備((零式水中聴音機以外のソナーは秋津洲改のみ装備可))による威力の底上げと[[対潜シナジー>戦闘について#antisubs]]の利用が可能だが、航空巡洋艦は爆雷と[[零式ソナー>零式水中聴音機]]以外のソナーの装備が出来ず、対潜シナジーを発揮することが出来ない。
 その一方で装備スロットが1つ多く、%%最強の%%対潜装備[[カ号観測機]]((2015年3月18日のアップデートで航空巡洋艦にも装備可能な大型ソナー零式水中聴音機(対潜+11)が実装され、最強の対潜装備の座はそちらに譲った。ただし2015年7月の時点ではランカー報酬でしか入手できないうえ、航空巡洋艦が対潜攻撃をする場合は水上爆撃機かカ号観測機の装備が必須であるため、依然として必要不可欠な装備であることに変わりはない。))(対潜+9)を搭載可能なため、装備を充分に揃えられれば水上機母艦を上回る対潜力を発揮できる。
 -最上型に限らないが、航空巡洋艦は重巡カテゴリー内で唯一「ドラム缶」が装備できる艦種でもある。
 --5-4のルート固定にドラム缶が大量に必要になったため、ドラム缶を4つガン積みという選択肢も多くなった。
 --1-5でもルート固定に有用な上、対潜水上機さえ揃っていれば重巡より効率的な育成ができるようになった。
 --そもそも5程度の火力や耐久は焼け石に水な夜戦MAPなどでは、その低燃費性能から重巡の代わりとして重宝する。
 --また、イベント限定海域にしばしば登場する輸送ゲージでは、ゲージの消化にドラム缶など物資輸送のための装備とその数が重要になっている。&br;特に物資輸送に特化した[[輸送護衛部隊>連合艦隊#Transport]]においては、一部を除き空母を編成することができないため、水上爆撃機や水上戦闘機で制空争いが可能な航空巡洋艦の能力は非常に貴重である。
 &br;
 -最上は多くの場所でドロップ報告が有る上に改造レベルが10と低い為、最も多くの提督が初めに手に入れる航空巡洋艦であろう。
 --他の最上型の[[三隈]]、[[鈴谷]]、[[熊野]]のドロップは後半の特定海域のボスで報告されている。
 --三隈以外は全て通常建造でも入手可能。また、三隈も含めて最上型全てが大型艦建造における最低コストでの建造も可能になったため、入手までのハードルはそれなりに低くなった。
 ただし、通常の建造と比べて消費コストが非常に高いため、資材運用は計画的に。
 --ドロップした直後に半日演習に放り込めば改造でき、水戦や電探を載せるだけなら近代化改修未了でも十分戦力になるため、イベント中に水戦キャリアの手が足りなくなった際などは助けられることもある。
 -最上以外の3人は彼女に比べると改造レベルがかなり高いため、少々注意が必要。どちらかといえば最上が低過ぎるだけなのだが。
 --また、最上改以外は4スロット目の搭載数が控えめ(三隈改:8機、鈴谷改・熊野改:6機)なので対空砲火での全滅に注意。
 この差は実際に航巡に改装されたのが最上だけだったことによるものと考えられる。
 &br;
 -2013年8月1日のアップデートで武装が3スロットから4スロットになった。
 -2016年4月22日のアップデートで対空最大値が58→64(+6)4スロ目の搭載数が3→11(+8)へ上方修正された。
 --これにより妹達に比べ4スロット目の搭載数が頭一つ抜き出るように。4スロット目の搭載数11は、実際の最上の搭載数と同じ。
 &br;
 - 主な重巡航巡との性能比較。&color(,#FFFF99){黄色はトップ};、&color(,#FDE9D9){橙色は次点};の性能
 #table_edit(艦船最大値/重巡航巡上位早見表/テーブル,1)
 *小ネタ [#u2b62cc3]
 -生まれは呉海軍工廠だが、昭和17年から翌18年にかけて佐世保海軍工廠にて航空巡洋艦へと改装される。
 -実は航空巡洋艦になった経緯は''ミッドウェーで[[妹>三隈]]とごっつんこ''し、その後の空襲で%%ちょっと%%後ろの主砲が%%壊れ%%大破したから修理のついでだったりする。
 改装内容は四、五番砲塔を撤去した上で四番砲塔のシェルターデッキを艦尾まで延長し、これを飛行機駐機場所にするというものであった。
 生まれから航空巡洋艦だった[[利根]]型が[[20.3cm連装砲]]4基8門・搭載機数常用6最大8に対し、こちらは3基6門・搭載11機なのでより航空よりになったといえる。
 火力は6割に低下したものの[[古鷹]]・[[青葉]]型と同等。ただし後部主砲が無い分射界は狭くなった。
 -さりげなくイラストも[[15.5cm三連装砲]]から20.3cm連装砲になっている。
 ……史実でも15.5cm三連装砲から20.3cm連装砲へ改装されているので、製作者のこだわりが見られる。
 -失敗だったんじゃないかなどと言われることのある[[航>伊勢改]][[空>日向改]][[戦>扶桑改]][[艦>山城改]]と異なりあまり文句をつけられない航空巡洋艦だが、
 そもそも巡洋艦の任務には、水上機と連動した哨戒ラインの構築や弾着観測、砲雷撃戦の戦果観測が含まれているわけで。
 そのための機能増強に文句をつけるようなアホはそういない、ということである。
 //--ただし上記の話と艦これでの話は別。
 //そもそも%%ゲームでの水上機が非常に微妙な上、%%索敵の仕事は空母に奪われているので、航空戦艦ともども評価が分かれる艦であり、提督の運用センスが問われる艦であることは間違いない。
 --事故で航空戦艦になった[[日向]]と改装経緯が同じだからか、ゲーム中で日向に気にかけられている。公式4コマでも何度かネタになった。
 ただ、残念ながらこの両艦が史実で作戦行動を共にしたことはない。
 -史実では最上型全てに防空巡洋艦への改装計画があった模様。主砲の一部又は全てを取り払って[[12.7cm連装高角砲]]を増設する案が検討されていた。
 --ただし、改二が実装されて防空巡洋艦になった場合、その性格上、水上機の運用ができなくなる可能性が高い。
 -[[陸奥]]爆沈事件の際、「敵潜水艦侵入」という誤報を受け取った最上では直ちに爆雷戦用意の命令が下ったが、
 この時慌てた乗員が何を勘違いしたか、安全装置をつけたままの爆雷を2個海中へ落としてしまった。
 その場にブイを浮かべてはみたものの処理する方法がなく、仕方なく後日もう2個の爆雷を投下して誘爆処理……したことにした。
 すると大鯛が50匹ほど気絶して浮上。最上乗員たちは鯛の刺し身で一杯やる幸せにありついたという。陸奥爆沈で得をしたのは最上ぐらいのものだろう。
 -レイテ沖海戦では最上から夜間発進した水偵がレイテ湾の偵察に成功し、湾内の敵戦力について報告を行っている。
 レイテ沖海戦を通じ、レイテ湾内の状況の偵察に成功したのはこの最上搭載機だけであり、この報告が全艦隊にとっての貴重な情報になったという。
 -西村艦隊の一員として参加したスリガオ海峡夜戦では、米駆逐隊の先制雷撃から生き残り、[[山城]]、[[時雨]]とともに突撃を行った。
 --しかし[[山城]]とともに集中砲火の的となって火だるまになり、機関損傷により速力も低下。
 艦長・藤間良大佐らが「松明を背負って戦争はできん」と撤退を協議し始める中、艦橋にも数弾が命中し、藤間艦長以下居合わせた幹部が全員戦死。
 辛うじて生き残った一人の下士官がとっさに舵輪にしがみつき、どうにか反転。海峡脱出には成功した。
 ---艦長伝令として艦橋にいた長谷川桂兵長によると、機関が損傷し速力も8ノットしかでず、艦の後ろ半分が火だるまとなったことで、艦長の藤間良大佐はレイテ突入を断念する。
 ところが日頃温厚で部下にたいしても丁寧な言葉使いをする航海長・中野知行少佐が激昂。普段では考えられないような航海長の言動に周囲はびっくりしていたという。
 この態度に藤間艦長も気色ばんで怒鳴り返し、気まずい空気が流れた。まさにその時、艦橋に2弾、上部の防空指揮所に1弾、敵砲弾が命中。
 藤間艦長、中野航海長、そして艦橋に居合わせた副長、水雷長、通信長、主計長といった幹部が戦死。それらについていた各科士官や兵も戦死し、生存者は長谷川氏以下信号兵4名のみだった。
 --もはや失明したに等しい状態となった最上は、唯一艦橋に居なかった幹部である荒井儀一郎砲術長が急遽指揮を引き継ぎよろめくように退避するが、そのさなか、さらなる不幸に見舞われる。
 --もはや失明したに等しい状態となった最上は、唯一艦橋に居なかった幹部である荒井儀一郎砲術長((艦橋被弾時は主砲射撃指揮所にいた為無事だった))が急遽指揮を引き継ぎよろめくように退避するが、そのさなか、さらなる不幸に見舞われる。
 わずか8ノットの低速であったため、続いて突入してきた志摩艦隊旗艦の[[那智]]が停止中と誤認し激突したのであった。
 最上の損害は軽微だったものの、まさに泣きっ面に蜂である。
 また那智はこの衝突により艦首を大破。志摩艦隊は海峡突入を断念せざるを得なくなった。
 ---那智の為に一言書くと、この時の海上は西村艦隊雷撃の為に米駆逐艦らが展開した煙幕やスコールの雨の幕で視界が非常に悪かった。そんな中で右前方に炎上する最上を煙幕の隙間から確認はしていたが、視界不良のため停止しているように見えた。直後に電探が右前方25度方向に敵を探知(実際はレーダーに映ったヒブリン島だった)し、同航戦態勢を取るべく右に回頭しながら雷撃する。ところが最上は微速前進しており那智は気づかず、煙幕から現れた最上に那智が気付いて回避行動をとるが間に合わなかった。
 
 ---当時、最上の後部は火だるまと化しており、乗員たちは炎を避け艦橋や前部甲板に鈴なりとなっていた。
 彼らは激突後横付けするような格好になった那智に対し、口々に「頑張ってくれ!頑張ってくれ!」「仇をとってくれーっ!」と悲痛な声で叫んでいたという。
 那智艦橋の志摩長官もそれに応ずるかのように鶴岡八幡宮の破魔矢を握りしめ「全滅覚悟で駆逐隊を支援しつつ突撃する。突撃だ!突撃!」と下知した。
 しかし、敵情一切不明、那智の艦首損傷、西村艦隊も全滅状態という惨状を鑑み参謀長は退却を進言、鹿岡艦長も同意するにいたり、志摩艦隊はついに突撃を断念し反転。最上乗員たちの仇を討つことは叶わなかった。
 
 --志摩艦隊より分派された[[曙]]に付き添われつつ帰投を試みたが、夜が明けるとともに今度は敵機の追い打ちがかかった。最上は残る一・二番高角砲と機銃で必死に応戦していたが、8時30分、機械の運転が停止してしまい、漂流状態となってしまった。((スリガオ海峡内で受けた敵弾により、機械室内は主蒸気管が破れて高温高圧の蒸気が噴出充満、人間が入れる状態ではなく、缶室で燃焼と蒸気圧の操作だけをして運転している状態であった。人間で言えば心臓の動脈が破れた状態であり、早晩蒸気圧低下か機械焼きつきによる機関停止は免れなかった。))その直後の9時02分、敵空母艦載機17機が来襲、回避行動がとれない最上に爆弾二発が命中した。
 --再び火だるまとなった最上は、総員で消火につとめたが効果が無く、さらに弾火薬庫に引火の危険もあったが、度重なる攻撃により注水弁が破壊されており、注水を行うこともできなかった。もはや最上を救うすべもなく、ついに[[曙]]の手で雷撃処分されることとなった。((「曙」座上の第七駆逐司令岩上次一大佐は「最上」救出は絶望的と判断し、連合艦隊司令長官豊田副武大将および現地最高司令官である第五艦隊司令長官志摩清英中将に「最上」の処分を申請、処分命令を受領している。))
 --[[曙]]は危険を冒して最上に横付けし、乗員の救出を行ったのち、12時30分、最上に対し魚雷を一本発射した。魚雷は左舷中央部に命中、最上はゆっくりと沈み始め、最後は一番弾火薬庫が大爆発を起こし左に転覆、そのまま海中へと姿を消した。戦死者は藤間艦長以下191名。1944年10月25日、13時07分のことであった。
 --これほどの損害を受けながら犠牲者が191名と乗員の過半数が生還したのは、[[曙]]が危険を承知で横付けして、生存者や泳げない重傷者を収容したから。よくあるような海に飛び込んで救助艦まで泳ぐ方法だと疲労困憊の脱出者は途上で力尽きてしまう場合もあり(救助艦が投げる縄ばしごを掴みながら這い上がる力がなく沈んでいく者も多かった。)負傷者はそれすらできないものも多かった。大炎上し沈みゆく途上の艦に、危険を省みず横付けした[[曙]]の功績である。
 *この艦娘についてのコメント [#comment]
 #region(過去ログ)
 #ls(最上改)
 #endregion
 #pcomment(./コメント2,reply,15)