熟練見張員 の変更点

|CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
|>|>|>|>|~No.129|
|&attachref(装備カード一覧/weapon129.png,nolink);|>|熟練見張員|>|水上艦要員|
|~|>|>|>|~装備ステータス|
|~|~火力||~雷装||
|~|~爆装||~対空|+1|
|~|~対潜||~索敵|+2|
|~|~命中|+2|~回避|+3|
|~|~射程||>|BGCOLOR(#ccc):|
|~|>|>|>|~装備可能艦種|
|~|駆逐艦|軽巡洋艦|重巡洋艦|戦艦|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):正規空母|水上機母艦|航空戦艦|
|~|>|>|>|~備考|
|~|>|>|>|開発不可、改修不可&br;[[鳥海改二]]、[[高波改]]、[[風雲改]]の初期装備&br;[[補強増設]]に装備可能&br;航空巡洋艦、重雷装巡洋艦、練習巡洋艦、海防艦、&br;潜水母艦、[[大鷹改二]]((改造前は不可))((アプリ版は不可。不具合と思われる))、[[神鷹改]]/[[改二>神鷹改二]]((改造前は不可))、&br;[[神威改母]]((改造前は不可))、[[神州丸]]にも装備可能&br;2015年1月[[作戦報酬>情報倉庫#h29a2204]]&br;2015年秋イベントE-1、甲作戦突破報酬 など|
|~|>|>|>|開発不可、改修不可&br;[[鳥海改二]]、[[高波改]]、[[風雲改]]の初期装備&br;[[補強増設]]に装備可能&br;航空巡洋艦、重雷装巡洋艦、練習巡洋艦、海防艦、&br;潜水母艦、[[大鷹改二]]((改造前は不可))((アプリ版は不可。不具合と思われる))、[[神鷹改]]/[[改二>神鷹改二]]((改造前は不可))、&br;[[神威改母]]((改造前は不可))、[[神州丸]]にも装備可能&br;2015年1月[[作戦報酬>情報倉庫#PastRewards]]&br;2015年秋イベントE-1、甲作戦突破報酬 など|
|>|>|>|>|LEFT:水上戦闘艦に配備可能な熟練見張員です。&br;その鍛え抜かれた肉眼視力による偵察力・索敵力は状況によっては大きな威力を発揮し、&br;敵艦隊のレーダー兵装が充実するまでは、特に夜戦などで水上艦隊の攻撃力を支えました。|

*ゲームにおいて [#game]
-2015年2月実装。2015年1月[[作戦報酬>情報倉庫#h29a2204]]として配布された。
-2015年2月実装。2015年1月[[作戦報酬>情報倉庫#PastRewards]]として配布された。
-[[熟練艦載機整備員]]に続く熟練乗組員シリーズ第2弾。ステータスの上昇値は高くはないが、いくつかの効果を持つ。

&br;
|CENTER:150|c
|~入手経路|
-現在の恒常入手方法は[[鳥海改二]]、[[高波改]]、[[風雲改]]の初期装備。
但し[[鳥海改二]]は要設計図、高波は6-5ボスマスでのドロップ、風雲は3-5ボスマス、7-2第二ボスマスでのドロップとなる。
数が欲しい場合は風雲を狙うか、イベント海域でドロップした風雲・高波を育てるのがよいだろう。
--2018/11/16実装のクォータリー任務「[[泊地周辺海域の安全確保を徹底せよ!>任務#id-Bq8]]」で定期的に入手可能となった。
-初登場は2015年「1月作戦」のランカー褒賞として配信された(1~100位)。最上級(1~5位)ランカーは2個。
-2015/02/23から2015/03/13の期間限定任務『[[桃の節句:「菱餅」を沢山集めるのです!>期間限定ドロップイベント#Hishimochi]]』にて、アイテム「菱餅」を10個集めると入手できた。
--余談だが、この10個の任務の任務名、説明文、そして運営Twitterの餅説明がはっちゃけた模様。&color(Silver){何ぞや?};
--いつまで経っても本実装されない装備も多い中、期間限定とは言え先行実装からプレイヤー全体が入手可能になるまでの期間が1週間以内と非常に早い、珍しい装備。
---ちなみに1年以上本実装されていない装備といえばあの[[震電改]]や、[[53cm艦首(酸素)魚雷]]などがある。&color(silver){一年どころじゃないとか言わない};
--他にも下記の期間限定任務で入手可能だった。
---期間限定任務『[[「西村艦隊」完全編成、出撃準備!』>任務#Q2017-6]]選択報酬
---期間限定任務『[[主計科任務【高級おにぎりを作る!】>任務#Q2018-3]]』選択報酬
---期間限定任務『[[秋刀魚漁:今秋の「秋刀魚」も上々ね!>任務#Q2018-4]]』選択報酬

&br;
|CENTER:150|c
|~夜戦カットイン率上昇|
-「[[追加効果として夜戦において特殊攻撃の発動率が若干上昇します>tw.KanColleSTF:569760346954555392]]」と公式よりアナウンスがあった。
実装直後から推測はされていたが、[[照明弾]]などと同じ夜戦装備であることが判明した。
-&color(Red){%%%''装備艦の''夜戦カットインの最終発動率を約4%ほど上昇させる。%%%};
--この効果は運キャップの影響を受けない。
--適用時に特殊エフェクトが発生するが非常に地味。装備した艦が行動する直前に、バナー右上に双眼鏡の反射光と思しき光が発生する。&color(Aqua){キラッ☆};
---実装直後は発動の確認ができなかったが、2015/02/23アップデートで特殊エフェクトが実装されて視認できるようになった。
---あくまで発動率を上げるだけであり、特殊エフェクトが発生しなくてもカットイン攻撃が発動することはある。
---見張員を複数装備しても効果は重複しない?((2020/03/28:https://twitter.com/jaconiconico/status/1244086888253677568))
--探照灯・照明弾と違い味方命中アップや敵カットイン攻撃を抑制する効果はないので注意。
--探照灯・照明弾と同時に使って発動率バフを累積させることは可能。
--夜連撃の確率は上がらない。
--[[大鷹改二]]、[[神鷹改二]]が装備できるが、夜襲CIの確率が上がるかは要検証。

&br;
-[[探照灯]]と比較した時の狙われて行動不能になるリスク、[[照明弾]]と比較した時の効果不発リスクは低い。
しかし''搭載艦以外には効果がない''ため、夜戦カットイン構成との両立が必須なのが難点。
夜戦連撃構成では意味がなく、%%さらにスロット不足の関係で自動的に昼連撃との併用は不可能となる。%%2020/3/27アップデートで''補強増設に装備することが可能''になったため、メインスロットを圧迫することなく見張員を利用できるようになった。
[[補強増設]]を使えば大抵の艦でCI構成+見張員を無理なく採用できる。
--[[8cm高角砲]][[系列>8cm高角砲改+増設機銃]]、[[10cm高角砲>10cm連装高角砲(砲架)]][[系列>10cm連装高角砲改+増設機銃]]を補強増設に装備できる艦の場合、変則的だが昼主副弾着を採用することが可能。
主に下記のPT対策を併用したい場合になるか。
---具体的には主砲×2+偵察機+見張員+増設副砲(昼弾着は主副カットイン、夜戦は主主副カットイン)
と主砲+魚雷+偵察機+見張員+増設副砲(弾着は主副カットイン、夜戦は主魚カットイン)の2通り。
---単純火力は落ちてしまうが、1スロットの余裕を作りやすいので水戦や[[WG42>WG42 (Wurfgerat 42)]]を入れたりと地味に小回りが利く。
--主砲×3+2スロを扱える[[武蔵改二]]のみは増設無しでも主主主偵見の昼連撃&夜主砲CI構成が可能。
&br;
-増設を施していない艦については以下のようになる。
--メインスロットの圧迫により実用的な構成はかなり絞られる。主砲×3+見張員、または魚雷×2~3+見張員のようになるであろう。
---魚雷×3でも夜戦キャップ到達が厳しい駆逐・軽巡勢にとって魚雷1スロ分の火力減少は特に大きく、カットイン確率は上がるものの威力的に不利な面が目立つ。
---載せるならば魚雷×2でも3積み並の火力を出せる[[夕立改二]]や[[神通改二]]と言った高火力艦、或いは搭載数0で弾着不可の艦、特に4スロの[[夕張]]辺りとなるか。
---改修が進んでいれば魚雷×2でキャップ到達可能な[[鳥海改二]](([[61cm五連装(酸素)魚雷]]&color(Teal){★+9};以上を2つでキャップちょうどの201×1.5。))や、魚雷×3でキャップ到達する多くの重巡・航巡((古鷹型、青葉型、最上型以外は、五連装(酸素)魚雷&color(Teal){★+9};×3相当の+45でキャップ到達、妙高型は五連装(酸素)魚雷&color(Teal){★+1};×3相当の+39で到達。一方、四連装(酸素)魚雷×3の+30では鳥海改二以外キャップには届かないが火力としては十分である。))も一理ありとなる。もっとも弾着を捨てることになるので常用は微妙。それでも最後の1発として試してみる価値はある。
--戦艦が夜戦CIする機会は少ないので戦艦ではあまり使わない。主魚や魚雷カットインが可能な[[Bismarck drei]]・[[金剛改二丙]]なら使う事があるかもしれない。
---素の火力が低めかつ運が高めの[[伊勢型改>伊勢改]]や[[榛名改二]]ならば使う機会がある……かも?
--メインスロットが3つしかない雷巡は[[開幕雷撃>甲標的 甲型]]とのトレードオフになる。威力不足の心配こそないが、それ以上に失うものが大きいためおすすめはできない。

&br;
|CENTER:150|c
|~夜戦カットイン(魚電見)|
-駆逐艦専用の[[夜戦カットイン攻撃>夜戦#dfcb6e1f]]。魚雷、水上電探、熟練見張員をセットで装備すると発動するようになる。
-威力1.2倍の1回攻撃。
---補強増設に搭載できるようになり、幅が広がった。
--威力的には大したことない(夜間特殊攻撃の中で一番弱い)が、他の夜戦CIと毛色が違う点として、他CIとの両面待ちが可能。ただし魚魚よりも魚電見が優先になる。
%%増設無しでその恩恵を受けられるのは4スロ駆逐の[[Ташкент改]]しかいないが…。%%
--下記の夜戦回避コンボの為に魚魚電見と装備すると、本命高威力の魚魚CIより低威力の魚電見CIが先に判定され出やすくなってしまうため注意。
-見張員の発動率上昇効果もきちんと受けられる。
-主魚魚電見と装備した場合、主魚電→魚電見→魚魚の順番で判定される。((2020/3/28:https://twitter.com/CC_jabberwock/status/1243575643951919105))
-[[12.7cm連装砲D型改二]]・[[D型改三>12.7cm連装砲D型改三]]を一緒に装備しているとこのカットインの倍率も上がる(1.2×1.25)?

&br;
|CENTER:150|c
|~夜戦回避コンボ|
-2017/10/25アップデートにて、新たなシナジー効果が付与された。[[告知電文>https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/923121638442352640]]
>【夜戦】における「駆逐艦」装備特性の追加実装 1/2 少し地味ですが大切な追加実装を実施します。【駆逐艦】が「あの熟練の皆さん」と「ある電波兵装」を共に装備しての交戦時、【夜戦】における回避能力が向上します。

-駆逐艦に「熟練見張員」と「水上電探」をセットで装備することで夜戦時の回避能力が向上する&color(Gray){らしい};。
通常駆逐艦は3スロットしかないのでこのセットでは戦力になりにくいが、ここに魚雷を追加する事で、同日共に実装された上述の魚電見カットイン攻撃を併用するように設計されていると思われる。

-補強増設を使うと主主電見で夜連撃と両立できるようになる。

&br;
|CENTER:150|c
|~対PT効果|
-また、イベント海域に出現する[[''&color(Navy){PT小鬼群};''>PT小鬼群]]に対して''[[命中特効>命中と回避について#f9f2779c]]''がある。ただし''見張員単体では効果がなく、小口径主砲・副砲・機銃等とセットで装備する''必要がある((2015秋イベの初登場時はこのような補正は見られず、2017年夏イベで再登場した際に特効系に関する仕様が大幅変更された))。
--夜戦に限らず昼戦でもしっかり効果がある。
--命中率上昇は艦種で異なり、同じ装備組み合わせでも上昇量は「''駆逐>軽巡>大型艦''」の順に大きくなる((https://bs-arekore.at.webry.info/201709/article_3.html、2018/11/29閲覧))。
---見張員を使った組み合わせと命中効果推測
|||CENTER:|c
|~組み合わせ|~艦種|~命中効果|
|見張+小口径主砲|駆逐|中|
|~|軽巡|小|
|見張+機銃|駆逐|中|
|~|軽巡|小|
|~|航巡・航戦|無|
|見張+機銃+機銃|駆逐|大|
|~|軽巡|中|
|~|航巡・航戦|小|
|見張+小口径+機銃|駆逐|大|
//|~|軽巡|?|
//|~|航巡・航戦|?|
|見張+副砲|軽巡|中|
|~|航巡・航戦|微|
|見張+水上電探|駆逐|微|
//|~|軽巡|?|
//|~|航巡・航戦|?|
|見張+副砲+水上爆撃機|航巡・航戦|中|
|見張+中大口径主砲|航巡・航戦|無|
---見張員以外でも、水上爆撃機+副砲(+小口径or機銃&color(Silver){/中効果};)、駆逐なら小口径+機銃(&color(Silver){小効果};)等でも効果は得られる。

--こちらの攻撃に対し異常な回避力を持つPT小鬼群に対し高命中性を獲得することが可能。PT小鬼群が出現する海域では重要な装備となった。
---効果の高い組み合わせを選択すれば、赤疲労からでもPT狩りが可能。

&br;
|CENTER:150|c
|~ステータスアップ|
-特定艦に装備した時、ステータスが更に変化する[[''%%%装備ボーナス%%%''>装備#bonus]]がある。
--搭載一基ごとの''単体ボーナス''は、装備数を増やせば累積する。
--他装備との組み合わせで''相互シナジーボーナス''も発生し、単体ボーナスとは別に計算される。これは装備の数を増やしても累積しない。
--他装備とのボーナスを持つ場合、それもまた別に計算される。
--各ボーナス値、対象艦は表中の通り。艦種該当艦は[[艦娘名一覧(艦種別)]]で確認を。
//ボーナス変動値と区別するため、装備本来のステータスはなるべくすべて基本値に記載するようにしてください。
//編集時視認性のため表の空欄は半角スペースを入れてください。
#nobr{{
////////////////////////////////火力色////////////////雷装色////////////////対空色////////////////対潜色////////////////索敵色////////////////装甲色////////////////回避色////////////////射程色////////////////命中色   
////////////////////////////////火力色////////////////雷装色////////////////対空色////////////////対潜色////////////////索敵色////////////////装甲色////////////////回避色////////////////射程色////////////////命中色
|>|>|CENTER:|CENTER:BGCOLOR(#fdd):|CENTER:BGCOLOR(#cef):|CENTER:BGCOLOR(#cfc):|CENTER:BGCOLOR(#bff):|CENTER:BGCOLOR(#efc):|CENTER:BGCOLOR(#fec):|CENTER:BGCOLOR(#dff):|CENTER:BGCOLOR(#dde):|CENTER:BGCOLOR(White):|CENTER:|c
|~装備1|~装備2|~対象艦|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#eee):~加算値|~累積|
|~|~|~|~火力|~雷装|~対空|~対潜|~索敵|~装甲|~回避|~射程|~命中|~|
|見張員&br;(基本値)|-|-| | |+1| |+2| |+3| |+2|-|
|>|>|~単体ボーナス↓|||||||||||
|見張員|-|日本駆逐(([[Верный]]、[[丹陽]]も含む))|+1|+2| |+2|+1| |+2| | |◯|
|~|~|日本軽巡級|+1|+2| | |+3| |+2| | |~|
|~|~|日本重巡級|+1| | | |+3| |+2| | |~|
|>|>|~相互シナジーボーナス↓|||||||||||
|見張員|[[12.7cm連装砲D型改二]]&br;[[12.7cm連装砲D型改三]]|[[秋雲改二]]|+2| |+2| | | |+3| | |×|
}}
※装備ボーナスのある他装備の一覧は[[こちら>装備#bonus]]

-とにかくいろんなステータスを上げてくれる。
特に補強増設から火力雷装命中、駆逐なら対潜値を底上げしてくれるのが大きい。
-索敵値のボーナスは[[ルート分岐>ルート分岐#equipment_bonus]]上の艦娘素索敵に加算されている。((https://docs.google.com/spreadsheets/u/1/d/1KE5eBXXj5tjwcm0UwQSlbtV3UCKZT5L1LhZY1aC3MHA/edit#gid=956101318))


&br;
|CENTER:150|c
|~アイテムドロップ率上昇|
-本来は夜戦時の索敵要員としての役割を持つ本装備なのだが、見張り台としての特性か「[[特定海域で戦闘後にアイテムドロップする>期間限定ドロップイベント]]」イベントにおけるドロップ率上昇要員として抜擢されるようになってきている。&color(Silver){12時の方向に菱餅発見!};

&br;
|CENTER:150|c
|~改修素材|
-誰が予想できたか、[[探照灯]]を[[96式150cm探照灯]]へ更新するときにこの装備が1個必要になる。
[[潜水艦搭載電探&水防式望遠鏡]]&color(Teal){★+6};以降を改修するときにもこの装備が1個ずつ必要になる。
--量産の難しい代物なので、改修・更新の際には所持数と必要数をしっかり考えてからにしよう。

&br;
|CENTER:150|c
|~その他|
-電探と違い渦潮軽減はないので注意。
--また索敵スコア計算式での装備係数は0.6で電探と同じ。
-妖精さんが[[綾波]]と[[鳥海]]に似ている。 [[20.3cm(2号)連装砲]]と同じく改二実装予告だったらしく、後に[[鳥海改二]]が実装された。
-&color(Silver){ちなみに左上の装備アイコンがトイレマークに見えるからか、この装備をトイレという人もいる。};
&br;
*小ネタ [#koneta]

-戦闘は先手必勝とよく言われる。敵を先に見つけることは、戦闘を有利に展開するには必須の要素である。
海戦だけでなく、陸戦や空戦でも同じで、各国のエースパイロットらも一様に見張りの重要性を説いている。

-日本海軍の見張り員の視力は非常に良いことで知られている。
特に夜間視力が他国海軍に比してずば抜けており、例えば第一次ソロモン海戦で[[鳥海]]率いる第八艦隊が一方的に先制攻撃できたのもこの見張り員の力が大であった。
--鳥海見張り員は夜間に9000mの距離で米駆逐艦を発見したが、この当時レーダー性能がまだ低かった米軍側は第八艦隊を発見できておらず、一方的な攻撃を許す要因になった。
---アメリカ海軍が日本海軍の見張員をキャッツアイと呼んだ事からもその優秀さが窺える。
--妖精さんの一人が鳥海に似ているのはこれが理由かと思われる。他にも同様の事例は多くあり、夜間索敵の優位は夜戦に注力していた日本海軍の大きな武器であった。&color(Gray){レーダー技術の発達によりこの優位性は失われていくことになるのだが…};
---ちなみに第一次ソロモン海戦当日の鳥海の%%妖精さん%%熟練見張員の一人、掛札健次氏は戦後手記を発表しているが、
それはこのような言葉で締めくくられている。
「あの日の鳥海は戦運に恵まれていたのだ。いやそれよりも、あの日の鳥海は、見張員に私がいたのだ。
あれほど惚れて惚れて惚れぬいた鳥海なのだ。それだけでも、鳥海が私のために働いてくれるはずではないか。
 私はその後、内地に送還された。たった一度、鳥海とともに戦闘を行い、そして前代未聞の素晴らしい日を過ごしたことを、
私はながく記憶の底に残しておきたい。今は亡き鳥海のために―――。」
最高練度見張員との強烈な自負心と、心から鳥海を慕う愛艦精神、まさに人艦一如。妖精さんが鳥海の姿となるのもむべなるかな、である。
--見張員は昼間は赤い照明をつけた部屋に蘢って目を闇に慣らしたり、暗所での視力に関係のあるビタミンAを多く含むヤツメウナギの蒲焼や人参を食べたりしていた。
また、ビタミンAの錠剤を「暗視ビタミン」と称して服用したりもしていた。
---ただ、「ビタミンAを多く摂ると視力が良くなる」というのは、新型電探の存在をドイツに対して秘匿するためにイギリスが流したデマだったらしい。(([[ナチスとレーダーと人参と。「人参を食べると目がよくなる」の意外な起源:http://www.gizmodo.jp/2013/08/post_12973.html]]))
--見張員ではないが、「暗視ホルモン」と称する物を夜間戦闘機隊員に投与していたこともあった。
---昭和20年5月25日、「暗視ホルモン」を投与された黒鳥四朗少尉と倉本十三上飛曹のペアは、夜間戦闘機「月光」で一夜にしてB-29を5機撃墜、1機撃破という驚異的な戦果を挙げた。
---「暗視ホルモン」はヒロポン(メタンフェタミン)のことだとする説が広まっているが&color(gray){%%ち、違う、これはただのビタミン剤じゃ…%%};、牛や鮫の脳下垂体から抽出した「メラノフォーレンホルモン」という物質だという説もある。
ただ、上記の黒鳥・倉本ペアに投与された「暗視ホルモン」に関しては、正体がヒロポンであったことが判明している。
二人とも戦後長い間謎の体調不良に悩まされていたが、戦後数十年を経て当時の軍医が「実はヒロポンだった」と告白、体調不良がヒロポンの後遺症だったと判明したという。
-またステータスには反映されていないが対潜戦闘においても重要である。
45年7月に二代目神風型駆逐艦「[[神風]]」が単独で護衛する輸送船団を米潜水艦「ホークビル」が襲撃した際に神風見張員がホークビルの潜望鏡を距離2000mで発見し魚雷6本を回避、さらに距離800mから((神風は全長102m、ホークビルは全長95m。どれだけ異常な至近距離から放たれたものかわかるだろうか。))必中を確信し放たれた3本すらも回避しホークビルを擦れ違いざまの爆雷攻撃で大破させるという金星を打ち立てた例もある。((神風は22年就役の老朽艦、ホークビルは44年就役の新鋭艦である。))
//もちろん神風はソナーの類など装備していない。…とありましたが、「神風電探記」によればソナーを装備していたとのことです
-大型艦では兵・下士官の見張員を教育する「見張士」という役目を持つ士官も存在する。
--見張士は見張員の指導も仕事であるため、熟練の見張員以上に優れた視覚を持たなければならず、そのためには彼ら以上に厳しい訓練が必要だったようである。
---[[天津風]]最後の艦長であった森田友幸氏も戦争直前に[[鳥海]]で艦長付見張士を経験しており、自伝にそのことを記している。
---また、西村艦隊で知られる西村祥治提督も元来は生粋の水雷屋で、「見張りの神様」の異名をとった人だった。
-昼間においても、[[大淀]]の見張り員が、カビエンで50km先の米編隊を発見して緊急出港し、被害軽微で済んだ事例などもある。
対して、この時一緒に行動していた[[能代]]は被弾して中破しているが、これは敵機接近に気づくのが遅れたからだという。
-ちなみに熟練した見張員はジッと見つめて注意深く観察するクセがついているので、大変目つきが悪い。泥棒そっくりなので通称「盗人目」。
海軍内でそう言われるばかりでなく、日常の電車内や路上などで泥棒・スリの類に間違われて職務質問を受けることも多かったとか。
-イラストの見張り台は主に駆逐艦に装備されていたもので、主マストの上部に設置されている。
通称「鳩の巣」。ただでさえ揺れやすい駆逐艦のそれもマストの上のため、ここの見張員は戦闘時以外は大体船酔い気味だったそうな。
重巡や戦艦といった大型艦は、艦橋の高さが十分であり、艦橋自体が見張り台を兼ねるので、こういったマスト設置型の見張り台を使うことはなかった。
--もっとも、艦艇勤務の将兵は航海中はトイレ以外一人になれる機会が無いため、輪番で回ってくる見張り台勤務を楽しみにする者も多かったようだ。
-ことほど左様に、戦闘において重要な役割を担っていた見張員であるが、それに劣らず重視されていたのが、泊地にやってくる[[間宮>NPC娘の一覧]]をいち早く見つけることであった。
*この装備についてのコメント [#comment]
#fold(過去ログ){{
#ls(./)
}}

#pcomment(./コメント2,reply,15)