秋水 の変更点

|CENTER:333|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
|>|>|>|>|~No.352|
|&attachref(装備カード一覧/weapon352.png,nolink,67%);|>|秋水|>|局地戦闘機|
|~|>|>|>|~装備ステータス|
|~|~火力||~雷装||
|~|~爆装||~対空|+3|
|~|~対潜||~索敵||
|~|~対爆|+9|~迎撃||
|~|~[[戦闘行動半径>基地航空隊]]|1|>|BGCOLOR(#ccc):|
|~|>|>|>|~装備可能艦種|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):駆逐艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):重巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):戦艦|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):正規空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):水上機母艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):航空戦艦|
|~|>|>|>|~備考|
|~|>|>|>|開発不可、改修不可&br;全ての艦娘に装備不可、[[基地航空隊]]にのみ装備可能&br;2019年7月作[[作戦報酬>情報倉庫#h29a2204]]&br;2019年夏イベント [[E-3>欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」/E3]]甲作戦突破報酬|
|~|>|>|>|開発不可、改修不可&br;全ての艦娘に装備不可、[[基地航空隊]]にのみ装備可能&br;2019年7月作[[作戦報酬>情報倉庫#PastRewards]]&br;2019年夏イベント [[E-3>欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」/E3]]甲作戦突破報酬|
|>|>|>|>|LEFT:Me163の技術を導入、日本独自の技術による補完改修を施して陸海軍共同で完成を目指した高高度局地戦闘機「秋水」。&br;本機は、完成実用化に至らなかった同機が完成し、さらに各部隊で運用熟成され、&br;数々の問題を克服して実用化されたif制式高高度局戦です。&br;高高度を飛来する恐怖の重爆に、必殺の一矢を!|

*ゲームにおいて [#about]
-2019/08/28、2019年7月[[作戦報酬>情報倉庫#h29a2204]]として実装。
-2019/08/28、2019年7月[[作戦報酬>情報倉庫#PastRewards]]として実装。
原型となった[[Me163B]]、試作機の[[試製 秋水]]も同時実装されている。
-敵重爆撃機の空襲に対して補正がかかる、詳細は[[試製 秋水]]を参照。
-熟練度上げにトンデモなく戦闘回数が必要でMe163B、試製 秋水の2倍前後掛かる。
-熟練度上げ一段階あたり約8回(一マス集中)出撃が必要、最大にするには約50回少々かかる。防空で鍛えるより6-5-B(半径1のマス)で鍛える方が早い。
--というかあまりにも上昇が鈍いせいで、''%%%優勢止まりだと%%%損耗による減少をカバーしきれずにじわじわと熟練度が減っていってしまう''。
このため''防空で使用しながら鍛えるのは至難の業となる''。おとなしく出撃させよう。
---対爆値の高さのおかげで撃墜機数は多いため、熟練度が付き切っていなくても仕事はこなしてくれる。
**性能比較表([[装備最大値/局戦・陸戦早見表/テーブル]]より転送) [#eac37085]
#fold(長いので折りたたんでいます){{
#table_edit(装備最大値/局戦・陸戦早見表/テーブル)
}}

*小ネタ [#trivia]
-[[試製 秋水]]を参照。
-[[Me163B]]のページにも書かれているように、ロケット戦闘機を実戦投入したドイツですら飛行場を2か所しか準備出来ず、防空能力は極めて低い範囲に留まった。
解説文にあるように日本本土を防空するために各部隊で運用熟成するためには、十分な機体数の確保に加え専用の滑走路を多数確保しなければならず、IFとしても非常に厳しい装備となっている。&color(Silver){各部隊(全部で2部隊)とかかもしれない。};
--この問題は[[震電改]]と通じる点があり、秋水に有効な防空能力を持たせられるならそもそも本土防空にまで追い詰められる事も無いであろう。
-解説文の「高高度を飛来する恐怖の重爆」は、秋水の開発目的から考えると恐らくB-29 スーパーフォートレスを指している。 
//この装備が実装されたイベントは欧州戦線が元ネタで、B-17 フライングフォートレスが投入されている事を考えるとそちらも混ざっているかもしれない。
//--どちらも高高度を飛行して(無論高高度飛行性能はB-29が上)戦略爆撃によりドイツ、日本の継戦能力に大きな損害を与えており、受けた側からすれば正に恐怖の重爆であった。
//そもそも日本本土とでは戦線が異なる上、ランカー報酬として先行して実装されている点からもイベント自体との関連性はない

*この装備についてのコメント [#comment]
#fold(過去ログ){{
#ls2(秋水/コメント)
}}
#pcomment(./コメント1,reply,30)