練習ページ/16 の変更点


 #contents
 
 *概要 [#blueprint]
 -2014/07/28から戦艦に「主砲」系装備を搭載した場合、命中補正が付く仕様が実装された。
 --艦型にフィットした「主砲」系装備を搭載した場合、交戦時の命中率が昼戦・夜戦共に若干向上
 --艦型に対して大型で過重量の「主砲」系装備を多数積載した際は、命中率が低下する
 --艦型による「主砲」系装備の命中率補正は、プラスもマイナスもあまり大きな変化ではない
 -詳細は、公式ツイッターの[[1>https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/493648336142876674]][[2>https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/493653997522137088]]を参照
 
 *史実における各艦型の装備主砲 [#t078434f]
 
 ※準備中※
 
 #region(参考:実際の各艦の主砲数一覧)
 金剛型…35.6cm連装砲4基8門
 扶桑型…35.6cm連装砲6基12門→3基6門(航戦※試案のみ)→41cm連装2基三連装2基10門(改二※試案のみ)
 伊勢型…35.6cm連装砲6基12門→4基8門(航戦)
 長門型…41cm連装砲4基8門
 大和型…46cm三連装砲3基9門
 Bismarck…38cm連装砲4基8門
 #endregion
 
 *ゲームにおける適性状況毎の影響 [#o314d453]
 ''命中率は艦型及び艦娘のレベルによって違ってくるため、明確に「○○%上昇」もしくは「○○%減少」と断言することはできない。''
 ''また、検証が高レベル帯の艦娘によって行われている現状と検証情報自体の少なさから、レベル帯によって上昇幅・減少幅に変化があるのかも判明していない。''
 現状では大まかに''「この様な現象が発生している」''程度に捉えておこう。
 -適性砲:艦型にフィットしており、装備することで命中率が僅かに向上する。複数装備で効果が増幅されるのかについては不明。
 -非適性:艦型にフィットした装備ではないため、命中率の向上はないが、命中率低下のデメリットも確認されていない。フィット補正導入前と同じ感覚で扱えるとも言える。
 -過重砲:艦型に対して過重であり、装備することで命中率低下のデメリットがある。多数装備でさらに命中率は低下する。
 -大過重:艦型に対して大きく過重であり、装備することで命中率低下のデメリットがある。多数装備で命中率が大幅に低下する。
 
 *実際の検証状況(ソース不明時代の雛形。情報が古いものもある) [#kensho]
 |主砲|[[金>金剛]][[剛>比叡]][[姉>榛名]][[妹>霧島]]|[[扶桑]][[型>山城]]|[[伊勢]][[型>日向]]|[[Bismarck]]|[[長門]][[型>陸奥]]|[[大和]][[型>武蔵]]|h
 |[[35.6cm連装砲]]|◎|〇(無印)|◎(改)||||
 |[[35.6cm連装砲(ダズル迷彩)]]|||||||
 |[[試製35.6cm三連装砲]]|◎||||||
 |[[38cm連装砲]]|△||||||
 |[[38cm連装砲改]]||||◎(drei)|||
 |[[41cm連装砲]]|△|〇|〇|△|◎|〇|
 |[[試製41cm三連装砲]]|||||◎||
 |[[試製46cm連装砲]]|||||△||
 |[[46cm三連装砲]]|×|×|×|×|△|〇|
 |[[試製51cm連装砲]]|>|>|>|CENTER:装備不可能|||
 
 ◎:適性砲・フィット装備であること(命中率の上昇)が確認された
 〇:非適性・命中率の上昇は確認できていないが、命中低下のデメリットも確認されていない
 △:過重砲・命中低下のデメリットがある
 //▲:過重砲・命中低下のデメリットがあり、影響がやや大きい
 ×:大過重・命中低下のデメリットがあり、影響が大きい
 **検証状況から推測される各口径主砲の重量関係 [#l9675f54]
 -35.6cm≦?38cm?381mm<41cm<46cm
 純粋に大口径である程、高重量となっている事が分かる。35.6cmと38cm、381mmについては未だ判別できず。
 各試製砲は、砲門数の違いから元となる砲よりも高重量(試製35.6cm三連装砲・試製41cm三連装砲)及び軽量(試製46cm連装砲)である可能性がある。特に試製46cm連装砲は図鑑文章から示唆されている。
 **検証状況から類推される適性主砲 [#guess]
 -需要が高いと思われる最終改造段階のみを表記。伊勢型の35.6cm砲の検証結果や、51cm砲のように長門型''改''のみ装備可能という実例もあり、改造前後でフィット砲が異なる可能性は否定されていない。
 -検証ソースはあるが外部板の情報転載可否議論のため現在明記できない状況にある。各自バックアップなどから探すこと
 
 |~主砲|~金剛型改二|~Bis drei|~V.V.級改|~扶桑型改二|~伊勢型改|~長門型改|~大和型改|h
 |BGCOLOR(#eee):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |[[35.6cm連装砲]]|◎|?|?|&color(gray){◎?};|◎|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[35.6cm連装砲(ダズル迷彩)]]|&color(gray){◎?};|?|?|&color(gray){◎?};|&color(gray){◎?};|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[試製35.6cm三連装砲]]|◎|?|?|&color(gray){◎?};|&color(gray){◎?};|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[38cm連装砲]]|?|&color(gray){◎?};|?|?|?|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[38cm連装砲改]]|◎|◎|?|?|?|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[381mm/50 三連装砲]]|?|?|&color(gray){◎?};|?|?|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[381mm/50 三連装砲改]]|?|?|&color(gray){◎?};|?|?|&color(gray){〇?};|&color(gray){〇?};|
 |[[41cm連装砲]]|△|△|?|〇|〇|◎|〇|
 |[[試製41cm三連装砲]]|&color(gray){△?};|&color(gray){△?};|?|〇|&color(gray){〇?};|◎|&color(gray){〇?};|
 |[[試製46cm連装砲]]|?|?|?|?|?|△|?|
 |[[46cm三連装砲]]|×|×|&color(gray){×?};|×|×|△|〇|
 |[[試製51cm連装砲]]|>|>|>|>|-|?|?|
 
 ◎?:適性砲・フィット装備と同口径であるため、フィット装備である可能性がある
 〇?:非適性・フィット装備ではないが、デメリットもない可能性がある、もしくは適性砲よりも軽量な砲であるため、フィット装備ではないが、デメリットもない可能性がある
 △?:過重砲・命中低下のデメリットがある可能性がある
 ×?:大過重・命中低下のデメリットがあり、影響が大きい可能性がある
 ?:情報不足のため、推測不能
 -:搭載不能
 
 **検証状況から類推される適性主砲…改(作業中) [#guess2]
 #region
 |主砲|35.6|35.6ダ|35.6三|38|38改|381三|381三改|41|41三|試46|46三|51|
 |金剛型改二|◎|◎?|◎|||||△|△?||×|-|
 |Bis drei||||◎?|◎|||△|△?||×|-|
 |V.V.級改||||||◎?|◎?||||×?|-|
 |伊勢型改|◎|◎?|◎?|||||〇|〇?||×|-|
 |扶桑型改二|◎?|◎?|◎?|||||〇|〇||×|-|
 |長門型改|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|◎|◎|△|△||
 |大和型改|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇?|〇|〇?|〇||
 
 ◎?:適性砲・フィット装備と同口径であるため、フィット装備である可能性がある
 〇?:非適性・フィット装備ではないが、デメリットもない可能性がある、もしくは適性砲よりも軽量な砲であるため、フィット装備ではないが、デメリットもない可能性がある
 △?:過重砲・命中低下のデメリットがある可能性がある
 ×?:大過重・命中低下のデメリットがあり、影響が大きい可能性がある
 「空欄」:情報不足のため、推測不能
 -:搭載不能
 
 #endregion
 **「艦型に対して大型で過重量の「主砲」系装備を多数積載」のボーダーラインについて [#y8041744]
 ''※この項は体感により個人差の出やすい事柄を扱っているため、あくまで目安として鵜呑みにしないよう注意。''
 ''  実際の運用には各提督の艦娘レベル・艦隊運用ドクトリンを考慮し、適時装備換装するように。''
 -実用的な搭載範囲
 大過重(金剛型における46cm三連装砲)であっても、2基搭載程度であれば大きな命中低下は起こらないと云われている。
 特に命中率を底上げする弾着観測射撃が可能な構成であれば、命中低下は誤差の範疇であるという。
 また命中キャップが存在する可能性が高いため((96~99%程度ではと言われている))高レベルの艦娘が低回避の敵を相手にする場合は、2基程度の命中減少はキャップオーバー分と相殺されている可能性もある。
 ただし、回避の高い後半海域の敵艦船や、弾着観測射撃の行えない夜戦、及び仕様上命中率が低下しているとされる連合艦隊戦では、命中低下のデメリットが体感できるレベルで現れる可能性がある。
 -非実用的な搭載量
 過重及び大過重な砲を3基以上搭載すると、急激に命中が低下するとの検証結果がある。
 弾着観測射撃でも命中率の低下は補えないと考えられ、弾着観測射撃の行えない支援艦隊では実用的とは言えなくなる。
 金剛型に46cm三連装砲を3基搭載と4基搭載の場合では、命中率の変化は特に確認されていない。
 --元々、フィット補正の導入は、この46cm三連装砲を満載した低燃費な戦艦による支援艦隊を規制するために行われたのではないかと考えられている。
 **ネット上の提督達の声 [#aa716b9a]
 グーグル等で「主砲 フィット」や「主砲 ペナルティ」といったワードで検索して集めた提督たちの声をここに羅列ですが書いておきます。しっかり検証されたものから、俗に言う「体感()」といったものも含まれ、中には矛盾する証言もあるとは思われますが、今後の検証の助けになれば。
 
 #region(体感や仮定といった未確定の情報も多いため折りたたみ)
 -46cm砲は1基からペナルティがある。
 -金剛型に46cm砲は2基搭載までなら実用上はほぼ問題ない。
 -長門に46cm砲を2基搭載したら、命中がかなり落ちた。
 -弾着観測射撃ができる構成であれば、ペナルティはほぼ発生しない。
 -46cm砲1基+フィット砲を積めばペナルティを相殺できる。
 -扶桑型&伊勢型はノーマル(戦艦)と改(航空戦艦)でフィット砲が違うのではないか?
 -連合艦隊戦では、フィット砲とそうでない砲を積んだ場合で、命中率に著しい差がある。
 -38cm砲と35.6cm砲は、実は内部カテゴリが同じなのではないか?
 
 ~
 検証により確認済みのもの
 -46cm砲は2基でもペナルティがある。
 -46cm砲は3基以降から著しいペナルティがある。
 -大和型に46cm砲はフィット補正(命中↑)がないのではないか?
 -金剛型に46cm砲1基+41cm砲3基積むと大きなペナルティがある。
 -航空戦艦には41cm砲はフィットしていないが、ペナルティもない。
 ~
 検証により否定されたもの
 #endregion
 
 *補正仮説1 [#kasetsu1]
 -艦型ごとに「主砲」系装備に増減補正判定があるという捉え方
 --フィットしている「主砲」系装備であれば何個搭載してもデメリットはない
 #region(仮説1例)
 仮に、フィットした主砲の場合1つにつき命中+1補正、過重主砲の場合1つにつき命中-1補正があった場合
 |戦艦名|スロット1|スロット2|スロット3|スロット4|合計命中補正|h
 |[[長門]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[25mm三連装機銃]]|[[25mm三連装機銃]]|+2|
 |~|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|+4|
 |~|[[46cm三連装砲]]|[[46cm三連装砲]]|[[25mm三連装機銃]]|[[25mm三連装機銃]]|-2|
 #endregion
 
 *補正仮説2 [#kasetsu2]
 -艦型ごとに「主砲」系装備の最大積載量が決まっているという捉え方
 --最大積載量を超えなければデメリットはない
 #region(仮説2例)
 仮に、長門型の最大積載量が120として、41cm連装砲が重さ40、46cm三連装砲が重さ60
 超過分は重さ10につき命中-1補正
 それとは別に、フィットした主砲の場合1つにつき命中+1補正
 |戦艦名|スロット1|スロット2|スロット3|スロット4|合計命中補正|積載合計|h
 |[[長門]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[25mm三連装機銃]]|[[25mm三連装機銃]]|+2|80|
 |~|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|[[41cm連装砲]]|+-0|160(40超過)|
 |~|[[46cm三連装砲]]|[[46cm三連装砲]]|[[25mm三連装機銃]]|[[25mm三連装機銃]]|+-0|120|
 #endregion
 
 *戦艦フィット砲検証表カッコカリ [#fittedcannon]
 情報整理用のテーブル。
 #region(テーブルを表示)
 略称一覧
 46…46cm三連装砲 41…41cm連装砲 38…38cm連装砲 35.6…35.6cm連装砲
 35ダ…35.6cm連装砲(ダズル迷彩) 試35…試製35.6cm三連装砲 試41…試製41cm三連装砲
 38改…38cm連装砲改 試46…試製46cm連装砲
 |>|>|>|~装備|>|>|~金剛型|>|>|>|~Bismarck|>|>|~扶桑型|>|~伊勢型|>|~長門型|>|~大和型|h
 |>|>|>|~|~未|~改|~改二|~未|~改|~zwei|~drei|~未|~改|~改二|~未|~改|~未|~改|~未|~改|h
 |>|>|>|BGCOLOR(#fcc):|30|30|30|30|30|10|30|30|30|30|30|30|30|30|30|30|c
 |46|46|46|46|||||||||||||||||
 |46|46|46|41|||||||||||||||||
 |46|46|46|35.6|||||||||||||||||
 |46|46|41|41|||||||||||||||||
 |46|46|41|35.6|||||||||||||||||
 |46|46|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |46|41|41|41|||||||||||||||||
 |46|41|41|35.6|||||||||||||||||
 |46|41|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |46|35.6|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |41|41|41|41|||||||||||||||||
 |41|41|41|35.6|||||||||||||||||
 |41|41|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |41|35.6|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |35.6|35.6|35.6|35.6|||||||||||||||||
 |>|>|BGCOLOR(#fcc):|BGCOLOR(#ddd):|||||||||||||||||c
 |46|46|46|-|||||||||||||||||
 |46|46|41|-|||||||||||||||||
 |46|46|35.6|-|||||||||||||||||
 |46|41|41|-|||||||||||||||||
 |46|41|35.6|-|||||||||||||||||
 |46|35.6|35.6|-|||||||||||||||||
 |41|41|41|-|||||||||||||||||
 |41|41|35.6|-|||||||||||||||||
 |41|35.6|35.6|-|||||||||||||||||
 |35.6|35.6|35.6|-|||||||||||||||||
 |>|BGCOLOR(#fcc):|>|BGCOLOR(#ddd):|||||||||||||||||c
 |46|46|-|-|||||||||||||||||
 |46|41|-|-|||||||||||||||||
 |46|35.6|-|-|||||||||||||||||
 |41|41|-|-|||||||||||||||||
 |41|35.6|-|-|||||||||||||||||
 |35.6|35.6|-|-|||||||||||||||||
 #endregion
 
 *戦艦フィット砲各自納得用塗り絵表カッコカリ [#Pracebo]
 検証出来ない、待てない、でも目星ぐらい付けたい!そんな提督向け。
 各自エクセルなどにコピペしたりプリントアウトして、
 後は各自で調査・決断を行い、色を着けたり、砲や艦娘の区分を分け直すなどして、
 戦艦砲フィット表を完成させ、迷いを断ち切って欲しい。
 
 ||35.6|35.6ダ|35.6三|38|38改|381三|381三改|41|41三|試46|46三|51|
 |金剛型|||||BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|||||||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |金剛型改二|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆||BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆||||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△||||BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |ビスマルク||||BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△||||BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |V.V級||||||||||||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型||||||||||||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型改||||||||||||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型改二||||||||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |伊勢型|BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|||||||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|||BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |伊勢型改|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|||||||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|||BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |長門型||||||||||||BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |長門型改||||||||BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△||
 |大和型||||||||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎||
 
 |BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|適正|
 |BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|(適正であると予想される)|
 |BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|正常|
 |BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|(正常であると予想される)|
 |BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|(負荷がある恐れ)|
 |BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|負荷|
 |BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|(負荷~大負荷予想)|
 |BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|大負荷|
 |BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|装備不可|
 |「空欄」|不明|
 
 ヒント:砲は口径順に連装→三連装と並べるときっと見易く、
 艦娘もそれに合わせて適性砲の小さい順に並べると、
 砲適性の境界線が見えて来る…かも。
 
 ・使用例
 #region
 
 ||35.6|35.6ダ|35.6三|38|38改|381三|381三改|41|41三|試46|46三|51|
 |金剛型|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|||BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |金剛型改二|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |ビスマルク|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |V.V級||||||BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|||BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型改|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |扶桑型改二|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |伊勢型|BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |伊勢型改|BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |長門型|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎||BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|
 |長門型改|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆||BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|
 |大和型|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|||BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|
 
 |BGCOLOR(#800080):SIZE(15):☆|適正|
 |BGCOLOR(#0000ff):SIZE(15):☆◎|(適正であると予想される)|
 |BGCOLOR(#00ffff):SIZE(15):◎|正常|
 |BGCOLOR(#adff2f):SIZE(15):○|(正常であると予想される)|
 |BGCOLOR(#ffff00):SIZE(15):○△|(負荷がある恐れ)|
 |BGCOLOR(#ffa500):SIZE(15):△|負荷|
 |BGCOLOR(#ff0000):SIZE(15):△×|(負荷~大負荷予想)|
 |BGCOLOR(#c0c0c0):SIZE(15):×|大負荷|
 |BGCOLOR(#696969):SIZE(15):-|装備不可|
 |「空欄」|不明|
 ()の不確定要素は推定部分で、確定要素に対して延長線上にあるか内包されているかで判定。
 確定要素部分はこのページで「検証された」とする部分から引用。
 
 #endregion
 *情報提供用コメント欄 [#infoco]
 現在推奨されている検証条件は単艦Lv99&color(Red){赤疲労};1-1-1。
 現在推奨されている検証条件は単艦Lv99&color(Red){赤疲労};1-1-1。 
 普段は意識しないが、1-1-1では敵駆逐艦が3種類出てくるため、記録漏れのないように注意すること。
 
 記載推奨フォーマット:艦名Lv(改修状態、まるゆ有無) 装備 疲労状態 場所 敵艦名:命中数/試行回数
 記載例:金剛改二Lv99(改修MAX、まるゆなし) 35.6*2+空*2 赤疲労 1-1-1 駆逐イ:50/100 駆逐ロ:50/100 駆逐ハ:50/100
 
 &color(white){100回程度集計してから記載するようにしてください};
 #region(過去ログ)
 #ls2(戦艦主砲補正/検証用コメント)
 #endregion
 #pcomment(戦艦主砲補正/検証用コメント1,reply,30)
 *戦艦主砲補正についてのコメント [#comment]
 #region(過去ログ)
 #ls2(戦艦主砲補正/コメント)
 #endregion
 #pcomment(戦艦主砲補正/コメント1,reply,30)