12.7cm単装砲 の変更点

|CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
|>|>|>|>|~No.078|
|&attachref(装備カード一覧/weapon078.png,nolink);|>|12.7cm単装砲|>|小口径主砲|
|~|>|>|>|~装備ステータス|
|~|~火力|+2|~雷装||
|~|~爆装||~対空||
|~|~対潜||~索敵||
|~|~命中|+1|~回避||
|~|~射程|短|>|BGCOLOR(#ccc):|
|~|>|>|>|~装備可能艦種|
|~|駆逐艦|軽巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):重巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):戦艦|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):正規空母|水上機母艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):航空戦艦|
|~|>|>|>|~備考|
|~|>|>|>|開発解禁日:2020年11月13日、改修可&br;[[Z1]]、[[Z3]]、及びそれらの改とzweiの初期装備|
|~|>|>|>|開発解禁日:2020年11月13日、[[改修可>改修表#id078]]&br;[[Z1]]、[[Z3]]、及びそれらの改とzweiの初期装備|
|>|>|>|>|LEFT:Z1型駆逐艦に搭載された、かの国の駆逐艦主砲です。&br;単装砲ではありますが、対艦・対地射撃では優れた火砲です。&br;本兵装は残念ながら対空戦闘には不向きです。|

*ゲームにおいて [#game]
-2014年3月14日のアップデートにて実装された。
ドイツ製駆逐艦の[[Z1]]・[[Z3]]と、それらの改型が初期装備として持ってくる。
--2020年11月13日のアップデートで開発・改修可能となり、更に後述の装備ボーナスが追加された。
---改修後半は同装備1個を要求する。
~
-性能は[[12.7cm連装砲]]や[[10cm連装高角砲]]の対空性能が''命中+1''に変わっただけ。
--駆逐艦は副砲を積めないので、命中を電探以外で確保できるのは大きい。
敵空母が居ない海域や夜戦海域なら、支援兵装としてそれなりに使えるだろう。
--ただし[[12.7cm連装高角砲(後期型)]]の方が、対空・回避・対潜も強化できて優秀。
--現在はさらに優秀な上位互換装備[[10cm高角砲+高射装置]]や[[120mm/50 連装砲>120mm/50 連装砲]]があるためこの装備を使うケースはほぼ無いであろう。
~
-[[12.7cm「連」装砲>12.7cm連装砲]]と間違えて廃棄しやすいので注意。
--但し現在では特にこれといった実用的な用途は無い。
--倉庫に置くなら、[[10cm連装高角砲]]か[[12cm単装高角砲]]を一緒に置くと[[12.7cm連装砲]]との間に入って判別し易くなる。
--2014年10月10日のアップデートで装備ロック機能が実装されたので、忘れずにロックしよう。
~
-2014年3月28日のメンテナンスにてグラフィックが変更された(小ネタ参照)。
#fold(2014年3月28日メンテナンス以前の画像){{
2014年3月28日メンテナンス以前の画像
&attachref(./weapon078.JPG,nolink,2014年3月28日メンテナンス以前の画像);
}}
~
**装備ボーナスについて [#bonus]
-特定艦に装備した時、パラメータが更に変化する[[''%%%装備ボーナス%%%''>装備#bonus]]がある。
--搭載一基ごとの''単体ボーナス''は、装備数を増やせば累積する。
なお本装備の&color(Teal){改修値};に応じてボーナスが変動する。
//---改修値変動の法則性はまだ不明。詳しい調査待ち。表中の改修段は%%%&color(Red){''暫定のもの''};%%%です。
--他装備との組み合わせで''相互シナジーボーナス''も発生し、単体ボーナスとは別に計算される。これは装備の数を増やしても累積しない。
//--他装備とのボーナスを持つ場合、それもまた別に計算される。
--対象艦と各ボーナス値は下表の通り。艦種該当艦は[[艦娘名一覧(艦種別)]]で確認を。
艦名記載は、その値が適用される一番下の改造段階が基準。 
//&color(Teal){//ボーナス変動値と区別するため、装備本来のステータスはなるべくすべて基本値に記載するようにしてください。};
//&color(Teal){//編集時視認性のため表の空欄は半角スペースを入れてください。};
#nobr{{
////////////////////////////////火力色////////////////雷装色////////////////対空色////////////////対潜色////////////////索敵色////////////////装甲色////////////////回避色////////////////射程色////////////////命中色   
////////////////////////////////火力色////////////////雷装色////////////////対空色////////////////対潜色////////////////索敵色////////////////装甲色////////////////回避色////////////////射程色////////////////命中色
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:BGCOLOR(#fdd):|CENTER:BGCOLOR(#cef):|CENTER:BGCOLOR(#cfc):|CENTER:BGCOLOR(#bff):|CENTER:BGCOLOR(#efc):|CENTER:BGCOLOR(#fec):|CENTER:BGCOLOR(#dff):|CENTER:BGCOLOR(#dde):|CENTER:BGCOLOR(White):|CENTER:|c
|~装備1|~装備2|~対象艦|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#eee):~加算値|~累積|
|~|~|~|~火力|~雷装|~対空|~対潜|~索敵|~装甲|~回避|~射程|~命中|~|
|12.7cm単装砲&br;(基本値)|-|-|2| | | | | | |短|1|-|
|>|>|~単体ボーナス↓|||||||||||
//|装備名|-|[[艦娘型>艦娘名一覧(艦種別)#]]| | | | | | | | | |?|
|12.7cm単装砲&color(Teal){★0~6};|-|[[Z1]]&br;[[Z3]]|+1| | | | | |+1| | |◯|
|&color(Teal){★7~9};|-|~|+2| | | | | |+1|~| |~|
|&color(Teal){★max};|-|~|+2| | | | |+1|+1|~| |~|
|>|>|~相互シナジーボーナス↓|||||||||||
//|装備名|-|[[艦娘型>艦娘名一覧(艦種別)#]]| | | | | | | | | |?|
|12.7cm単装砲|水上電探((索敵+5以上の電探))|[[Z1]]&br;[[Z3]]|+2|+2| | | | |+2| | |×|
//|数値入力例|[[艦娘]]|+3| | |-1|+3|+3| |長| |◯×|
}}
※装備ボーナスのある他装備の一覧は[[こちら>装備#bonus]]

-備考、ボーナス考慮した利用法等
**小口径主砲の性能比較表([[装備最大値/小口径主砲上位早見表/テーブル]]より転送) [#gd413d62]
#fold(性能比較表。長いので閉じています。){{
#table_edit(装備最大値/小口径主砲上位早見表/テーブル)
}}

*小ネタ [#neta]
-元ネタはドイツ海軍の「12.7cm SK C/34」である((http://www.navweaps.com/Weapons/WNGER_5-45_skc34.php、2020/11/15確認))。"SK"((Schnelladekanone))とは速射砲、"C/34"とは1934年製という意味。
-ドイツ以外でも同じ砲が使用されており、ノルウェー沿岸警備隊では2003年まで本砲が現役だったと記述がある((WikiPedia.en [[12.7 cm SK C/34 naval gun>http://en.wikipedia.org/wiki/12.7_cm_SK_C/34_naval_gun]] "Some of these guns remained in service until 2003 in the coastal defense units of Norway."))。
-%%ドイツ版[[兵装実験艦>夕張]]%%砲術練習艦「ブレムゼ」に採用され、その後Z1からZ17型までの駆逐艦にも採用された。
--12.7cm=5inchとあるが、実際は12.8cm(45口径)だったとされている。%%口径を誤魔化していたのは[[長門砲>41cm連装砲]]や[[大和砲>46cm三連装砲]]だけではない。%%
~
-重量28.0kgの砲弾(榴弾)を毎分15~18発の速度で発射可能。俯仰角は-10°~30°で、射程は仰角30°で17,400 m(初速830mps)((http://www.navweaps.com/Weapons/WNGER_5-45_skc34.php、2020/11/15確認))。
--最大仰角30度と両用砲としての能力を持たず、主に対地、対艦用として用いられた。
--後部開放式の砲架なので悪天候時や北極圏では発射速度が低下した。
---極海や冬の海では氷で使い物にならなくなる事が多かったため電熱器が開発された。が、電力消費量と重量がヤバすぎてすぐに廃止された。
--駆逐艦に搭載されたのは全て単装砲だが、本砲には最大仰角を40度に強化した連装砲版も計画されていた。
---連装砲版はUボートXI型に搭載するために計画されたが、同型が開戦に伴い建造中止になったため実用化されなかった。
~
-Z23型(1936A型)からは軽巡並みの口径を持つ「15cm TbtsK C/36」に移行している。"TbtsK"とは"Torpedobootskanone"(英語にするとtorpedo boat's gun)の略で、魚雷艇用砲の意。
--間に合い次第、連装砲版が載せられたが凌波性や復原性が悪化したらしく、Z35型(1936B型)では12.7cm単装砲に戻している((英語版WikipediaのZ35型の議論ノートを見る限り、参考にしたサイトにタイプミスや誤記があったらしく、主砲が15cmか12.7cmかで混乱が見られる。))。
~
-なお本砲はギリシャにも輸出され、同国海軍のヴァシレフス・ゲオルギオス級駆逐艦に単装砲塔で4基搭載された。
--同級は2隻建造されたが、ドイツのギリシャ侵攻に伴い1隻はドイツ海軍に鹵獲され、もう1隻はギリシャを脱出して連合国側に所属するという複雑な経緯を辿っている。
---ちなみに連合国側に所属した方(ヴァシリッサ・オルガ)はイギリス海軍の指揮下に入って活動することになったが、規格が異なる弾薬の確保に苦労したそうな。

~
-よく見ると妖精さんの帽子に鷲のマークがある。イヌワシはドイツの国章にもなっていて、各ドイツ軍の制帽にもついている。%%あと大正製薬%%
~
-メンテナンスで差し替えられる以前のイラストは、実は米海軍の[[フレッチャー級>Fletcher]][[駆逐艦>Johnston]]に搭載された「[[38口径 Mk.12 5inch単装砲 Mk.30 mod.0>5inch単装砲 Mk.30]]」である。
--Mk.12砲(通称5"/38)は1934年の制式採用から長きにわたって生産され続け、海上自衛隊初の国産護衛艦「はるかぜ型」にも搭載された。&color(Silver){使い回しっていうな。};((はるかぜ型が建造された時には既に54口径のMk.39およびMk.42単装''速射''砲が開発されており、Mk.30単装''緩射''砲は旧世代のシステムになっていた。))
--こちらは対艦・対空どちらもこなす正真正銘の両用砲で、駆逐艦の主砲の他に、[[戦艦・巡洋艦・空母の高角砲>5inch連装砲 Mk.28 mod.2]]としても使用された、「米版[[12.7cm高角砲>12.7cm連装高角砲]]」とでもいうべきメジャーな砲である。
--フレッチャー級は戦後の西ドイツに「119型駆逐艦」として貸与されたのだが、その艦名が「Z1~Z6」であり、ナチス時代の[[Z1]]と混同したものと思われる。
--なおこの時供与された駆逐艦には「''ダイソン''(DD-572)」という名の駆逐艦もいたりする。
~
-ちなみに日本海軍にも[[12.7cm砲>12.7cm連装砲]]の単装砲塔は存在した。
「A型」が[[初春]]型、「A型改」が[[白露]]、「B型」が以降の白露型に搭載されたが、大戦後期(1944年)には撤去され、[[機銃>25mm三連装機銃]]に挿げ替えられている。
*この装備についてのコメント [#comment]
#pcomment(./コメント,reply,15)