Bofors15.2cm連装砲 Model1930 の変更点


|CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
|>|>|>|>|~No.303|
|&attachref(装備カード一覧/weapon303.png,nolink,67%);|>|Bofors15.2cm連装砲 Model1930|>|中口径主砲|
|~|>|>|>|~装備ステータス|
|~|~火力|+5|~雷装||
|~|~爆装||~対空|+4|
|~|~対潜||~索敵||
|~|~命中|+3|~回避|+1|
|~|~射程|中|>|BGCOLOR(#ccc):|
|~|>|>|>|~装備可能艦種|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):駆逐艦|軽巡洋艦|重巡洋艦|戦艦|
|~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):正規空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):水上機母艦|航空戦艦|
|~|>|>|>|~備考|
|~|>|>|>|開発不可、改修不可&br;[[Gotland]]/[[改>Gotland改]]の初期装備&br;[[Commandant Teste]]/[[改>Commandant Teste改]]、[[神威改母]]も装備可能&br;高速戦艦と[[Гангут]]は装備不可&br;2018年7月作戦ランキング報酬&br;2018年初秋イベE4甲報酬|
//|>|>|>|>|~[[改修更新>改修工廠#item]]|
//|>|>|>|>|~|
|>|>|>|>|LEFT:北欧スウェーデンの名門火器メーカーが開発した軽巡用中口径連装主砲兵装です。&br;日本の5,500t級軽巡とほぼ同じ排水量を持つ、スウェーデン海軍の軽巡級に採用されました。&br;限定的ではありますが、対空戦闘にも対応可能です。|
*ゲームにおいて [#about]
-2018年8月30日実装。初登場時、上位から下位まで全ランカーに&color(Teal){★+2};の改修状態で配布された。
--[[2018年初秋イベE4甲>抜錨!連合艦隊、西へ!/拡張作戦]]報酬では&color(Teal){★+5};で配布。
[[Gotland]]の初期装備でもある。
-[[15.2cm連装砲]]と比較して、火力命中は同値、対空+1、回避+1。素性能では微妙にこちらが上だがあちらは改修可。
**装備ボーナスについて [#if685c94]
-特定艦に装備した時、パラメータが更に上昇する[[''%%%装備ボーナス%%%''>装備#bonus]]がある。
--対象艦は球磨型軽巡洋艦/雷巡、長良型軽巡洋艦、川内型軽巡洋艦、阿賀野型軽巡洋艦とGotland。艦種該当艦は[[艦娘名一覧(艦種別)]]で確認を。
--搭載一基ごとの''単体ボーナス''は、装備数を増やせば累積する。
//--他装備との組み合わせで''相互シナジーボーナス''も発生し、単体ボーナスとは別に加算される。これは装備の数を増やしても累積しない。
--他装備とのボーナスを持つ場合、それもまた別に加算される。
--各ボーナス値は下表の通り。
|CENTER:180|CENTER:|CENTER:BGCOLOR(#fdd):|CENTER:BGCOLOR(#cfc):|CENTER:BGCOLOR(#dff):|CENTER:|c
|~装備1|~対象艦|>|>|BGCOLOR(#eee):~加算値|~累積可|
|~|~|~火力|~対空|~回避|~|
|Bofors15.2cm連装砲 Model1930&br;(基本値)|-|5|4|1|-|
|>|~単体ボーナス↓|||||
|Bofors15.2cm連装砲 Model1930|球磨型、長良型、川内型、阿賀野型|+1|+1||○|
|~|[[Gotland]]|+1|+2|+1|○|
※装備ボーナスのある他装備の一覧は[[こちら>装備#bonus]]

-ボーナス分込みだと[[15.2cm連装砲改]]★0と同じ火力に回避ボーナスがついたものになる。
**中口径主砲の性能比較表([[装備最大値/中口径主砲上位早見表/テーブル]]より転送) [#b78f0468]
#table_edit(装備最大値/中口径主砲上位早見表/テーブル)
*小ネタ [#trivia]
-元ネタはスウェーデン海軍の「[[15.2 cm/55 (6") Model 1930>http://www.navweaps.com/Weapons/WNSweden_6-55_m1930.php]]」(1930年型55口径15.2cm砲)。開発は同国のボフォース社。
-45度で24,400m、30度で16,500m射程距離で、発射速度は毎分5発。この砲を装備した艦はスウェーデン海軍の航空巡洋艦[[Gotland]]のみ。
砲の後ろをふさぐ閉鎖機がOgival Screwという名称で、膨らんだ円錐状の形をしている。これはボフォースが最初に発明したためBofors Ogival Screwとも呼ばれる。
-ゴトランドはこの砲を連装砲2基の四門に加え、2門を艦橋の上甲板にケースメイト式に埋め込まれている。
--二基の砲塔は左右に240度の射界と-5度から60度の仰俯角、ケースメイト式の単装砲はそれぞれ5度から150度の射界と30度までの仰角だった。
---こちらのほうが日本製の[[15.2cm連装砲]]より対空値が若干高いのは仰角の差だろう(あちらは仰角55度)。
&br;
-[[機銃>Bofors 40mm四連装機関砲]]が有名なボフォース社であるが、駆逐艦、軽巡、海防戦艦向けの艦砲も手掛けており、本砲はその1つ。
--ボフォース社製の艦砲を採用していた国として有名なのがオランダ海軍であり、駆逐艦、[[軽巡洋艦>De Ruyter]]にボフォース社製の12cm砲、[[15cm砲>Bofors 15cm連装速射砲 Mk.9 Model 1938]]が搭載されていた。
--スウェーデン海軍がゴトランドの次に整備したトレ・クロノール級軽巡に搭載した53口径15.2cm両用砲も、
元はオランダのデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級((ネームシップである「デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」が建造中に戦没した軽巡「デ・ロイテル」の名を襲名したため、デ・ロイテル級と呼ばれることも多い))軽巡用に発注されていたものを同国の降伏に伴い転用したものである。
元はオランダのデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級((ネームシップである「デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」が建造中に戦没した軽巡「[[デ・ロイテル>De Ruyter]]」の名を襲名したため、デ・ロイテル級と呼ばれることも多い))軽巡用に発注されていたものを同国の降伏に伴い転用したものである。
*この装備についてのコメント [#comment]
//#region(過去ログ)
//#ls(./)
//#endregion
#pcomment(./コメント,reply,15)