Top > Libeccio

Libeccio の変更点


 |CENTER:218|CENTER:90|CENTER:90|CENTER:90|CENTER:90|c
 |>|>|>|>|~No.243|
 |&attachref(./リベッチオ.png,提督さん、よろしくね!);|>|Libeccio(リベッチオ)|>|Maestrale級 3番艦 駆逐艦|
 |~|>|>|>|~艦船ステータス(初期値/最大値)|
 |~|~耐久|15|~火力|9 / 27|
 |~|~装甲|7 / 18|~雷装|22 / 58|
 |~|~回避|48 / 82|~対空|11 / 41|
 |~|~搭載|0|~対潜|30 / 60|
 |~|~速力|高速|~索敵|7 / 20|
 |~|~射程|短|~運|12 / 59|
 |~|>|>|>|~最大消費量|
 |~|~燃料|15|~弾薬|20|
 |~|>|>|>|~装備|
 |~|>|>|>|[[120mm連装砲]]|
 |~|>|>|>|未装備|
 |~|>|>|>|COLOR(gray):装備不可|
 |~|>|>|>|COLOR(gray):装備不可|
 |>|>|>|>|~改造チャート|
 |>|>|>|>|''Libeccio'' → [[Libeccio改]](Lv30)|
 |>|>|>|>|~図鑑説明|
 |>|>|>|>|LEFT:イタリア海軍の駆逐艦、マエストラーレ級三番艦、リベッチオです。提督さん、よろしくね!&br;え、タラント空襲? 余裕です! 船団護衛でも頑張りたかったけど…救助中はやめてほしいよ~!|
 ※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。
 
 #region(CV:鬼頭明里、イラストレーター:じじ (クリックするとセリフ一覧が開きます))
 |セリフ|CV:鬼頭明里、イラストレーター:じじ|
 |入手/ログイン|Buon giorno! (ブォンジョルノ 訳:おはよう/こんにちは) マエストラーレ級駆逐艦、リベッチオです。リベでいいよ。提督さん、よろしくね!|
 |母港/詳細閲覧|Ciao! (チャオ 訳:やあ・こんにちは) 提督さん、なーに?|
 |~|リベの名前?南西の風って意味よ。知ってた?|
 |~|ほらほら、こっちよ!鬼さんこちら!うふふ♪提督さん、おもしろーい♪|
 |母港/詳細閲覧(新年)|提督さん!新年ね、今年もリベがしっかり面倒見てあげるから大丈夫よ、ねっ!|
 |母港/詳細閲覧(春の訪れ)|少し暖かくなってきたー。ニホンのハルってやつねーうんうん。あれが、サクラかー。え、違うの? ウメ? ウメボシの、ウメ? へー。|
 |母港/詳細閲覧(2016節分)|セッツブーン? え? ホント? ホントにそんな名前の日本の儀式なの? コレを投げる? ビスマルクに? じゃぁ、えい♪ えい♪|
 |母港/詳細閲覧(2016バレンタイン)|提督さーん! うふふー♪これあげよっかぁ?ほしい?ほしくない?どっちぃー?リベのcioccolato(チョコラート 訳:チョコレート)、ほしい?じゃあー、あげるっ!はいっ!|
 |母港/詳細閲覧(2016ホワイトデー)|Ciao! 提督さん! え、なに? リベにチョコのお返しくれるの? わーい! Grazie! 日本の提督さんは親切ね―。わーい♪|
 |母港/詳細閲覧(三周年)|リベ、三周年お祝いしてあげる! 提督さん、おめでとう! うふふっ♪|
 |母港/詳細閲覧(四周年)|いやぁ~、四周年だって。びっくり! 提督、リベ、お祝いしてあげる! ちゅっ♪|
 |母港/詳細閲覧(五周年)|提督さん! 今日はおめでとうの日じゃない!? リベもお祝いしてあげる! おめでと~!|
 |母港/詳細閲覧(夏)|これが日本の夏ねー。暑いねやっぱり。でも、このラムネって好き♪ カキゴーリも好き♪ あ、リベ、氷いちごね! いちご!|
 |母港/詳細閲覧(2015秋)|あの鳴いてるの、なに? 「アキノムシ」? ああ、スズムシっていうんだー!いい音色ねー! えっ、スズムシってスイカ食べるの? ほんと?|
 |母港/詳細閲覧(2015ハロウィン)|リベのこれ、どーお? 似合ってるかな? そーお?やったー!うふふふっ♪|
 |母港/詳細閲覧(2015クリスマス)|Buon Natale !(ブォンナターレ 訳:メリークリスマス)提督さん!パネトーネいっしょに食べよー!|
 |母港/詳細閲覧(年末)|なんて皆バタバタ忙しそうなの? シーワースー? 何のイベント? え、何この布? ゾーキン? リベ、掃除イベント嫌い―!|
 |母港/詳細閲覧(三周年)|リベ、三周年お祝いしてあげる! 提督さん、おめでとう! うふふっ♪|
 |母港/詳細閲覧(四周年)|いやぁ~、四周年だって。びっくり! 提督、リベ、お祝いしてあげる! ちゅっ♪|
 |ケッコンカッコカリ(反転)|COLOR(#F0F8FF):チャオー!提督さん、どうしたの?リベにご用事?え、この箱をくれるの?箱じゃなくって、中身?わぁ~、綺麗!Grazie! (グラッチェ 訳:ありがとう)|
 |ケッコン後母港(反転)|COLOR(#F0F8FF):提督さん、Ciao!どうしたの?疲れてるの?しっかたないなー、リベが肩揉んであげるね?んしょ!んしょ!どう、気持ちいい?|
 |編成|さぁ!イタリア駆逐艦の魅力、教えてあげるね?リベッチオ、出撃です!|
 |出撃|さぁ!イタリア駆逐艦の魅力、教えてあげるね?リベッチオ、出撃です!|
 |~|チャーオー! 皆、準備はいい? リベの艦隊、抜錨です!|
 |遠征選択時|Ciao ciao! (チャオ チャオ 訳:行ってきます)((厳密にはイタリア語に行ってきますと言うのは無いのだが、出掛ける時のチャオのニュアンスは行ってきますと言えるのでこちらに))|
 |アイテム発見|Ciao ciao!|
 |開戦|敵艦、発見!リベ艦隊、攻撃態勢に移行です。準備準備ー♪|
 |夜戦開始|夜ね。いいよ、夜戦でしょ?やってみる!|
 |攻撃|南西の風…やった、縁起が良いよ!勝てるよ!|
 |~|リベを中心に単縦陣になって。本気で行くよー!|
 |連撃/弾着観測射撃/夜戦攻撃||
 |小破|わぁ、わあぁ?!お尻はやめてよ~|
 |小破/旗艦大破|なに、魚雷?救助中とかって、攻撃やめてよ~|
 |中破/大破|だからぁ、お尻はやめてって言ってるのに~!もうやだやだ!|
 |勝利MVP|やったー!!リベが一番だって?うひひ~♪提督さん、褒めてよー!うんうん!褒めてー!!|
 |帰投|bravi! (ブラービィ 訳:素晴らしい・頑張った) 艦隊、戻ってきました!|
 |補給|いただきまーす! Grazie! (グラッチェ 訳:ありがとう)|
 |改装/改修/改造|Grazie!|
 |~|提督さん、ありがとう! 不思議な装備ねー。|
 |~|Ciao ciao!|
 |入渠(小破以下)|ちょっと服が汚れちゃった。早く治そーっと|
 |入渠(中破以上)|いったたー。お尻痛いし、シャワー浴びよっと。お風呂?なにそれ?|
 |建造完了|新しい仲間みたいよ?Ciao!|
 |戦績表示|提督さん、情報見たいの?ちょっと待って。ええと、えっとー…|
 |轟沈(反転)|COLOR(#F0F8FF):リベ、ちゃんと…助けたかったなぁ…守りたかったなぁ……おやすみ…なさい…|
 |時報|[[改>Libeccio改]]にて実装|
 |放置時|ローマさんかぁ。はあ~戦艦ってやっぱおっきいなあ。リベもいっぱい食べて、大きくなろっと。え、あなた、だあれ? キヨ…シモ…さん? えっ…友達に? あ…うん。いいけど…?|
 #endregion
 
 *ゲームにおいて [#about]
 -2015年8月10日のアップデートで新規に実装。[[夏イベント:期間限定海域【反撃!第二次SN作戦】>反撃!第二次SN作戦]]のE5海域クリア報酬。
 //--通常海域でのドロップや建造では入手不可のため、通常は新規/追加入手の手段が無い。
 --2015年10月30日~2015年12月8日の間、[[期間限定ドロップイベント>期間限定ドロップイベント#No243]]として西方海域最深部([[4-5>西方海域#area5]])の道中H,I,Jマスで入手可能であった。
 //4-5-H,I,Jとボスマスではなく道中で落ちるため、普段4-5を攻略していない提督も安心。
 //4-5勲章取りを兼ねて狙ってみるのも良いだろう。
 --2016年夏イベ、[[迎撃!第二次マレー沖海戦]]のE-4でドロップ。
 --2017年1月25日のアップデートで本実装された。4-5にてドロップ。
 &br;
 -駆逐艦としては通算5人目の初期ホロ艦、改でSホロになる子では3人目。
 --しずま艦以外で初期レアリティがホロの駆逐艦は彼女が初である。
 &br;
 -海外産の艦娘はクールな性格だったり、穏やかな性格の艦娘が多いが、Libeccioはそんな海外艦娘では珍しく明るくはきはきとした性格として描かれている。
 --桃井涼太氏の[[公式4コマ>http://www.famitsu.com/comic_clear/se_kancolle/]]では105話で初登場。ハロウィンに合わせて鎮守府にやってくるつもりだったようで、下記のハロウィンの衣装を着ての登場となっている。''やっぱりタコヤキ拾ってきてた'' 
 --同じ欧州艦である[[Z1]]、[[Z3]]のほか、[[深雪]]とも馬が合うんだそうな。&color(Silver){そういえばこの子たちって……};
 &br;
 -2015年10月30日メンテ明けより秋イベ終了まで、秋の期間限定としてハロウィンmodeの母港グラフィックが公開。
 今までの限定グラフィック同様に立ち絵のみ、カードイラストはそのまま。
 他の限定グラフィック同様、限定期間終了後に図鑑に格納された。 
 --頭に鎮座していた主砲用方位盤(測距儀が付いている部分)型の帽子が白い布をかけられ、小さな幽霊のような姿に。
 &color(Silver){連装砲ちゃん的な謎のオプション枠だったのか・・・というかこれ、何の支えも無く浮いてません・・・?};
 その下には、カボチャのようなタコヤキのような何かが・・・%%どう考えても深海棲艦のタコヤキ艦載機です本当に(ry%%
 --ちなみに、ハロウィンはアイルランドおよびイギリスで行われたケルト文化のお祭りがアメリカに渡って変化・普及したものなので、キリスト教が主流のイタリアでは行われない。
 なお、イタリアのようなカトリック圏では翌日の11月1日に諸聖人の日が祝われる。&color(Silver){もしかすると彼女たちはハロウィンを日本のお祭りだと思ってるかも……};
 
 #region(限定イラスト:ハロウィン限定Ver.)
 &attachref(./243_Autumn.jpg,nolink,"リベのこれ、どーお? 似合ってるかな? そーお?やったー!うふふふっ♪");
 #endregion
 
 -2016/08/16のオンメンテナンスで夏の季節限定グラフィックの水着modeが実装された。
 今までの限定グラフィック同様に立ち絵のみ、カードイラストはそのまま。
 他の限定グラフィック同様、限定期間終了後に図鑑に格納された。
 しかし2017年は、多くの艦娘が「水着」modeになったが、Libeccioは[[明石改]]と同様、実装されなかった。
 
 #region(限定イラスト:夏季限定(2016)Ver.)
 &attachref(./243_Summer.jpg,nolink,これが日本の夏ねー。暑いねやっぱり。でも、このラムネって好き♪ カキゴーリも好き♪ あ、リベ、氷いちごね! いちご!);
 #endregion
 
 -2017年にはローソンのキャンペーンで浴衣modeが描き下ろされ、同年9月12日のアップデートで実装された。
 --そしてまたしても、妙な水風船があったり提灯が宙に浮いてたり。
 
 #region(限定イラスト:浴衣mode)
 &attachref(./243_Autumn_2017.jpg,nolink,あの鳴いてるの、なに? 「アキノムシ」? ああ、スズムシっていうんだー!いい音色ねー! えっ、スズムシってスイカ食べるの? ほんと?);
 #endregion
 
 -2017/12/11のメンテナンスで冬の季節限定グラフィックのクリスマスmodeが実装された。
 --通常絵は2016年12月25日に公開されたイラストと同一だが、中破絵は完全オリジナルである。
 
 #region(限定イラスト:Xmasmode)
 &attachref(./243_Xmas.jpg,nolink,Buon Natale !提督さん!パネトーネいっしょに食べよー!);
 #endregion
 
 *小ネタ[#trivia]
 
 **設計 [#design]
 -マエストラーレ級駆逐艦は、1930年代に入り建造されたイタリア海軍の艦隊型駆逐艦である。同時期の日本では初春型が建造されている。
 -前級のフレッチア級の設計を基礎とし、船体の拡大、艦首、艦尾の構造を変更、上部構造物の配置を変更して重量配分を適切な物にする事で、フレッチア級で問題となっていた復元性と凌波性を向上させている。
 さらに主砲を新開発の[[OTO社製の砲>120mm連装砲]]へと変更する事で戦闘力を向上させており、本級はこれ以降のイタリア海軍の駆逐艦の設計のベースとなる。
 -船体を拡大した結果、基準排水量がフレッチア級の1200トンよりも400トン以上増加し1600トン以上に大型化((資料によってはマエストラーレ級の基準排水量を1400トンとする物があるが、[[これは計画時での数字であり、実際に建造されると1600トンを超えてしまった。>http://www.navypedia.org/ships/italy/it_dd_maestrale.htm]]))したものの、船体が延長されているためフレッチア級と同じ機関(44000馬力)のまま速力を落とす事無く、逆に公試では前級の38ノットを越える最大速力41ノットを記録している。
 --もっとも、イタリア海軍は公試速力を計測する際に積載物を減らし機関に過負荷をかけて計測しているので、戦闘時と同じ積載量で計測した場合、実際の速力は大幅に落ち、マエストラーレ級の実戦での速力は最大32ノット程とされる(しかしフレッチア級は復元性と凌波性を修正した結果、最終的に実戦速力が30ノットまで落ちてしまったのに比べると、やはり優速である)。
 ---この事に関しては[[島風]]の項でも触れられているので知っている提督もいると思われる。
 -武装は先述の通り新開発のOTO製120mm砲を2基4門、533mm3連装魚雷発射管を2基搭載、建造時の対空兵器には世界中に流行し日本も採用した%%けどすぐ見限った%%[[あの機銃>毘式40mm連装機銃]]と国産の13mm機銃を採用している。
 --ちなみにネームシップのマエストラーレは1942年、二つの魚雷発射管の間に存在する機銃を撤去し、120mm単装砲を増設して火力を増加させている。
 -マエストラーレ級は全て、イタリアに吹く風の名前から艦名がつけられている。そのため、"Classe Venti"「風級」の別名も持つ。
 --マエストラーレ(Maestrale) - 北西から吹く冷たい風。「主となる(風)」の意。フランスの地中海沿岸に吹く北風「ミストラル」と同じ言葉で、ミストラルが地中海を越えてイタリアまで届いた物。
 --グレカーレ(Grecale) - 北東から吹く風。「ギリシャの強風」の意味
 --リベッチオ(Libeccio) - 地中海性の湿った南西から吹く風。「リビアの(風)」の意味
 --シロッコ(Scirocco) - アフリカから吹く暑い南風。アラビア語の「東風(sharqi)」が語源
 --%%メキシコに吹く熱風という意味のサンタナ(Santana)というのは関係ない%%
 **戦歴 [#career]
 -イタリア海軍のマエストラーレ級駆逐艦3番艦として、ジェノヴァのセストリ・レヴァンテのティレノ・エ・リウニーティ造船リヴァ・トリゴソ造船所にて1931年9月25日起工され、1934年4月5日進水、同年9月2日就役した。
 -リベッチオの初陣は1937年に勃発したスペイン内戦で、この内戦に深く干渉していたイタリア(と言うかムッソリーニ)は、地中海交通の要衝であるジブラルタル海峡付近での船舶交通の監視任務にマエストラーレ級の姉妹を含む海軍部隊を派遣している。
 --マエストラーレ級姉妹は主にモロッコを拠点に活動した。%%彼女の日焼けはここで健康的に焼いたものと思われる。%%
 -1939年4月のアルバニア侵攻に参加。アルトゥーロ・リカルディ提督の指揮の下、戦艦コンテ・ディ・カブールや戦艦ジュリオ・チェザーレに随伴し、アルバニア領ヴロラへの上陸作戦を支援、これを成功させている。
 -その後、第二次世界大戦が勃発した1939年から40年の間に近代化改装を実施。特に対空機銃を新型の国産機銃へと換装する事で、対空能力の大幅な強化を行っている([[Libeccio改]]の状態?)。
 
 -1940年6月のイタリア参戦時、リベッチオは姉妹艦マエストラーレ、グレカーレ、シロッコらの姉妹艦と共に X Squadriglia Cacciatorpediniere (イタリア語で第10駆逐隊)を編成し、ラ・スペツィアを根拠地とする伊海軍第2艦隊所属に所属していた。開戦初頭の第10駆逐隊は、主にリビアへ向かう船団の護衛や偵察任務、機雷の敷設などの任に就いた。
 --機雷敷設任務では、第10駆逐隊が1940年8月にチュニジア北東部のボン岬沖で敷設したとされる機雷により、後日イギリスの駆逐艦ホスタイルが触雷して大破、味方艦による雷撃処分へと追い込まれている。
 -同年9月、第10駆逐隊は配置転換によりタラントの第1艦隊へと転属となる。
 ここでは[[リットリオ>Littorio]]、ヴィットリオ・ヴェネトの第9戦隊の護衛に抜擢され、以後この2隻の随伴艦としての任務や演習に同行する事になる。
 --同年11月11日、タラント軍港に停泊していたリベッチオは英海軍のジャッジメント作戦による空襲を受け、船体前方左舷喫水線付近に爆弾が命中する。
 しかしこれは不発であり、損傷は軽微で済んだ。
 --1941年2月9日、英海軍は[[グロッグ作戦>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B0%E4%BD%9C%E6%88%A6]]を実施、これを無線傍受によって事前察知していた伊海軍は、迎撃の為にヴィットリオ・ヴェネトを旗艦とした戦艦3隻、重巡3隻、リベッチオら駆逐艦9隻で編成した艦隊を出撃させるものの、結局英海軍を取り逃してしまい、またしても戦果を挙げることができなかった。
 --3月27日、ギリシャ-アレクサンドリア間の英軍補給路を攻撃のために出撃するヴィットリオ・ヴェネトの護衛として共に出撃(マタパン岬岬沖海戦)。
 しかしリベッチオら第10駆逐隊は、途中で合流した別の駆逐艦部隊と護衛の任務を交代。メッシーナへと赴きそこで後詰として待機する事になり、戦闘には不参加であった。
 --4月14日、リベッチオは船団護衛中に英潜水艦から魚雷攻撃を受け、これを回避する事には成功するものの、その際に味方艦と衝突してし大破。艦尾を喪失する。
 ジェノヴァへと曳航されたリベッチオは、8月まで%%お風呂に入る事になる%%ドック入りする羽目になる。
 -修理が完了後の11月8日、リベッチオはドイツ籍の輸送船デュースブルクを中心とした、7隻の輸送船団の護衛任務に就く。
 だが護衛中の11月9日の夜、この船団を迎撃するためにマルタから出撃した英海軍K部隊の襲撃を受ける。英海軍は軽巡2隻、駆逐艦2隻と少数の艦隊であったが、イタリアにはない高性能のレーダーを積んでいたため伊海軍の不意を打つことに成功(デュースブルク船団、あるいはベータ船団の戦い)。
 英海軍はレーダー観測射撃によって正確な砲撃を行い、一方の伊海軍側は当初空襲による攻撃と誤認するなど、状況を掴めずほぼ一方的に攻撃されてしまった。
 リベッチオは姉妹艦マエストラーレらと共に煙幕を張ったり主砲で反撃を試みるも、夜間で視界が悪かったことから誤射の危険が高い魚雷を放つことができず、英海軍にほとんど損害を与えることができなかった
 --結局デュースブルク以下7隻の輸送船は全滅し、護衛艦もフルミーネが沈没、姉妹艦のマエストラーレとグレカーレも損傷(シロッコは作戦には不参加)、さらにはアフリカ戦線の枢軸軍への補給が途絶えるなど大きな影響を及ぼした。
 --リベッチオは夜明けを待って救助活動を開始。200名以上の漂流者を救出することに成功するが、午前6時48分に英海軍潜水艦アップホルダー(HMS Upholder (P37))から雷撃を受け大破、またしても艦尾を喪失し、大量の浸水が発生する。
 乗員は必死の排水作業を行い、僚艦エウロ(伊海軍トゥルビーネ級駆逐艦5番艦)が曳航を試みるも、艦尾からの浸水を止めることができず、最終的にエウロはリベッチオの曳航を断念する。
 生存者はエウロと姉のマエストラーレに移され、午前11時18分、海中にその姿を没した。
 ---なお、日米開戦”前”である。この子もまた、日米間の戦いを見ていない艦娘なのだ。
 ---「救助中はやめてほしいよ~!」や「だからぁ、お尻はやめてって言ってるのに~! もうやだやだ!」のセリフはこの史実に由来する。特に艦尾喪失は2回やらかしているので尚更であろう。
 ---この時の、艦尾を喪失しエウロに曳航されているリベッチオ、そして浸水し右舷後方から沈むリベッチオの写真が味方によって撮影されており、それは[[リベッチオのイタリア語版Wikipedia>https://it.wikipedia.org/wiki/Libeccio_(cacciatorpediniere)]]で見ることができる。
 ---リベッチオを撃沈したアップホルダーは、基準排水量わずか540トンと非常に小型でありながら、第二次大戦中の英海軍の潜水艦の中でも最も武勲を上げたとして称えられている艦である。
 アップホルダーは1942年4月6日、イタリア海軍の水雷艇ペガソの爆雷攻撃により撃沈された。(爆雷ではなく敷設された機雷による物とも言われている)
 
 -リベッチオを失ったマエストラーレ級の姉妹達はその後も戦いを続けるが、シロッコは42年3月の第二次シルテ湾海戦からの帰路、嵐に見舞われて沈没。
 マエストラーレは43年9月、ドック入りの最中にイタリアが連合軍と休戦した事により、ドイツの接収から逃れるために自沈するも浮揚され、45年のドイツ降伏に伴い再度自沈。
 次女のグレカーレのみが戦争を生き抜き、戦後も新生イタリア海軍で活動した後、1964年に除籍、解体された。
 --そのため、グレカーレのみNATO加盟国艦船を示す、国際ペナントナンバー(D552→F556)が付与されている。
 ** その後 [#after]
 -マエストラーレ級駆逐艦の艦名は、1983年以降就役したマエストラーレ級フリゲートで再び使われている。
 1~4番艦は先代と同じ順番で、さらに4隻追加されている。
 --アリゼオ(Aliseo) - 貿易風
 --エウロ(Euro) - 南東風
 --エスペロ(Espero) - 西風
 --ゼッフィロ(Zeffiro) - 西風(春のそよ風)
 ---7番艦のエウロはリベッチオの曳航を試み最期を看取った艦と同名であり、時を越え姉妹として生まれ、共に活動している。
 -現在は、マエストラーレ級フリゲート3番艦、リベッチオ(ITS Libeccio, F572)が現役である。2017年8月現在実装の海外艦で、艦名を継承した艦艇が現役なのは唯一のケースである。((艦名を継承した艦艇が存在する海外艦であれば、[[Warspite]], [[Aquila]], [[Ark Royal]]も該当するが、全て退役している))
 NATO海軍の一員として対テロ戦線で日夜頑張っています。
 --ちなみに満載排水量3040t((日本の旧軍艦艇だと島風と秋月の間ぐらい))と%%すくすくと成長%%大型になった。日米同様「駆逐艦の大型化」の恩恵を受けている。&color(gray){%%今の駆逐艦はすごいぞ。最高だ。%%};
 
 **イラストについて [#illust]
 -太ももに装備されている飛行機状の物体は防雷具(パラベーン)と呼ばれる、ケーブルで船体の左右に展開し、本体の頭部に取り付けられたカッターで機雷の繋維索を切断するための装備である。
 --これは世界中の多くの海軍でほぼ同様の装備が戦艦や空母と言った大型艦から、駆逐艦に至るまで装備されていた。
 -赤と白のストライプのネクタイは伊海軍艦艇共通の防空識別帯。
 -スカートの「LI」は伊海軍式の個艦識別表記。
 伊海軍の駆逐艦以下の小型艦艇は艦名から二文字を取り出し、艦の船首に書いて識別を行っていた。&color(#F0F8FF){LOと付けられた艦はいない模様};
 
 -その容姿から、ロリベッチオという呼称も&color(white){ロリ少女絵師・じじ先生の真骨頂である。};
 &color(gray){%%リベッチオちゃんマジリベッチオ%%};
 --中破すると、赤と白の縞パンが見えてしまう。ねんどろいどでも縞パンを確認できる。
 *この艦娘についてのコメント [#comment]
 #region(過去ログ)
 #ls(./)
 #endregion
 #pcomment(Libeccio/コメント5,reply,15)