Top > Ro.44水上戦闘機bis

Ro.44水上戦闘機bis の変更点


 |CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
 |>|>|>|>|~No.215|
 |&attachref(装備カード一覧/weapon215.png,nolink);|>|Ro.44水上戦闘機bis|>|水上戦闘機|
 |~|>|>|>|~装備ステータス|
 |~|~火力||~雷装||
 |~|~爆装||~対空|+3|
 |~|~対潜|+1|~索敵|+3|
 |~|~命中|+2|~回避|+2|
 |~|~[[戦闘行動半径>基地航空隊]]|3|>|BGCOLOR(#ccc):|
 |~|>|>|>|~装備可能艦種|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):駆逐艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):重巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):戦艦|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):正規空母|水上機母艦|航空戦艦|
 |~|>|>|>|~備考|
 |~|>|>|>|開発不可、改修可&br;航空巡洋艦・潜水空母・補給艦[[速吸]]・潜水母艦[[大鯨]]、及び&br;改造後のイタリア中型/大型艦・長門型・大和型にも搭載可能|
 |~|>|>|>|開発不可、改修可&br;航空巡洋艦・潜水空母・補給艦・潜水母艦[[大鯨]]、及び&br;改造後のイタリア中型/大型艦・長門型・大和型にも搭載可能&br;[[由良改二]]、[[多摩改二]]も装備可能|
 |>|>|>|>|~[[改修更新>改修工廠#item]]|
 |>|>|>|>|[[Ro.43水偵]] → [[Ro.44水上戦闘機]] → ''Ro.44水上戦闘機bis''|
 |>|>|>|>|LEFT:パスタの国で運用された信頼性と運動性に優れた複葉複座の水偵Ro.43を単座に改修した水上戦闘機です。&br;低速なため戦闘機としては限界がありますが、貴重な洋上防空戦力として期待されました。&br;本機は戦訓をフィードバックした同改修機です。|
 
 *ゲームにおいて [#about]
 -2017年03月17日アップデートで実装された水上戦闘機。[[Ro.44水上戦闘機]]からの更新で入手可能。[[Ro.44水上戦闘機]]に比べ、対空+1、命中+1、索敵+1。
 --更新で入手するためには素材の[[Ro.44水上戦闘機]]に加えて、改修資材54、開発資材132、燃料770、弾薬550、ボーキ2420、瑞雲14、[[Ro.44水上戦闘機]]1、が必要となる(★6→★7以降を確実化した場合)。
 --本機の★+6からの改修には消費装備として[[Ro.44水上戦闘機]]1が要求される。
 -2017年04月05日時点で量産可能な最上位水戦の片割れ。もう一つの量産可能最上位水戦である[[強風改]]との能力差は対空-2、対潜+1、索敵+2、命中+2、回避-1。&br;最も高い索敵と命中を持つが、対空基準で見ると[[強風改]]の一つ手前の[[二式水戦改]]に性能が近い(性能差:索敵+2、命中+1)。&br;後述のコストの問題と、[[二式水戦改]]の★maxが必要な装備([[二式水戦改(熟練)]])があることを考えると図鑑埋め目的以外での本装備の量産はお勧めできない。
 --各所で要求される[[Ro.44水上戦闘機]]は開発不可で[[Ro.43水偵]]からの更新になる。要求装備の入手に改修更新を経る必要がある水戦は本機のみであり、量産や★+6からの改修を視野に入れるとコストは高いと言える。
 --★+5まで改修しないと更新前の制空値に届かない。更新前のRo.44水戦★MAXで制空値を調整していた場合は最低でも★+5までは一気に改修できる準備をしてから更新しよう。
 **以下性能比較表([[装備最大値/水戦早見表/テーブル]]より転送) [#x3a8e6bb]
 #table_edit(装備最大値/水戦早見表/テーブル)
 
 *小ネタ [#trivia]
 -「bis」はラテン語で「第2、2回の」という意味。自動車や戦車、航空機などの機種名の後ろに付ける場合、その機種の改良型であることを表す。
 --日本語の「~改」とほぼ同じ意味合い。
 *この装備についてのコメント [#comment]
 #pcomment(./コメント,reply,15)