イルーゼ戦国時代突入事件

Last-modified: 2021-04-17 (土) 16:38:59

アヴァベルオンラインの名物といえば、毎週日曜に開催される攻塔戦
様々な同盟が入り乱れ、塔の所有権を目指すコンテンツだ
塔を所有すると、ドロップ率がメインタワーより高い環境で狩りができる、毎日1回だけ宝箱からアイテムを入手できるといった恩恵を受けることができる
塔は5つあり、どの塔を所有してもメリットは同じであった


しかし、そのうちの1つであるイルーゼは攻塔戦時にステータス補整が掛かる点で他の4塔とは異なる魅力がある
その特色から参加者の実力差が小さくなるため番狂わせも期待できる仕様となっている
故に中小同盟からの人気が高い塔なのだ
とはいえ、全ての育成要素に補整が掛かるわけではないので、強豪ほど優位な点は他の4塔と変わりはない
だが、中小同盟でも盛り上がれる仕様であることから4塔は大手・強豪、イルーゼは中小といった住み分けが自然とされていた


2021年2月、そのような状況を覆しかねない仕様変更がなされた
①「各塔専用のアチーブメント実装」
②「塔ごとに所有メリットの大きさを変更」
おおまかに、上記2点が仕様変更内容である


これだけ見ると、メリットの大きい塔を狙うor競争倍率が低そうな塔を狙う、といった駆け引きが始まるという見方ができる
だが、蓋を開けると駆け引き要素が追加というのは些細なことであった


まず、①のアチブについてだが、これは塔のガーディアン討伐アチブが塔ごとに達成できるというものだ
つまり、複数の塔を所有している場合は複数のアチブ達成が可能となることを意味している
アチブ達成で獲得できるアイテムは多額のゲーム内通貨、大量の各種経験値、クレセントリング、メビウス武具箱、進化の鉱石である
②と関連するが、塔ごとに獲得できる数量は異なる
しかしながら、どれも魅力的であるため複数の塔所有のメリットは大きい


次に、②の「塔ごとのメリットの大きさ」とは何かということを言及したい
1つ目は前述したアチブの内容(入手アイテム等のランクや数量)が挙げられる
2つ目は塔で入手できる「秘宝」というステータス上昇効果のあるアイテムのステータス上昇値が塔ごとに異なる点が挙げられる
これだけであれば、競争激化の引き金としては若干弱い
重要な点は、各塔で獲得した「秘宝」を合成してステータス上昇効果を更に高めたアイテムを入手できる点である
つまり、複数の塔所有を前提とした合成レシピが実装されたのだ


この仕様変更により、中小同盟の主戦場であったイルーゼに強豪プレイヤーが参戦する光景が見られるようになった
従来からイルーゼに通っていた層からすると、草野球の大会を楽しんでいたらプロ野球チームが参加し始めたような感覚に陥ったようなものだ
もちろん、公式の対人イベントであるからヘビーユーザーもライトユーザーも同じ戦場に立つことはおかしいことではない
だが、ライト層でも敷居が低いコンテンツとして実装されたものが、運営によってそうでなくなった点でインパクトが強い出来事となってしまった


アヴァベル事件簿TOPへ戻る