ダメージ上限サイレント変更事件

Last-modified: 2020-09-15 (火) 16:13:09

2020年6月3日のアプデで「種族の『人型』を対人のみの効果とする」仕様変更が行われた。
前日の告知でこの案内がされたが、対人に影響があることを懸念された。


そして迎えた当日、メインタワーの種族「人」モンスターの種族が「魔族」へ変更されているなど人型モンスターがいなくなっていたことが確認された
心配しすぎかと思ったユーザーもいたが、夜になると


「やっぱり対人ダメおかしくなってね?」


このような声が聞こえだした
魂晶の種族特攻によるダメージ分が反映されていないのではという意見が出たのだ
様々なユーザーが検証した結果、「プレイヤーダメージ魂晶」と重複しなくなっている可能性が示唆された
これを受けて、武器のリンネはどうか?相手の防具リンネはどうなるのか?
様々な憶測がツイッター上に溢れた
発生ダメージのランダム性から正確な検証も困難を極め、問い合わせが多かった模様
それを受けて6月5日、運営よりアナウンスがあった
曰く、
「従来、プレイヤー(モンスター)ダメージ増加と種族ダメージ増加が重複するのは不具合だった」
「種族と対プレイヤー(モンスター)のダメージアップ効果は合算して80%が上限へと修正」


「今までの仕様を不具合と申すか……」
誰もがそう感じただろう
そういえば、イベントでの極端な特攻効果(きのこイベント等)が該当すると推測された
「ダメージ上限が80%を超える不具合」
がなかなか修正されずにアナウンスされていた
おそらく、本来の仕様のまま修正できず、今回のアプデにて仕様変更という力技を用いたのではないかと推測されている


結局、防具の種族はどうなるかなど詳細は不明のまま現在に至っている
今回のアプデでもそうだが、アプデの詳細が公表されないのは残念である
また、アプデの変更点を確認(というか検証)ないしは対応するため魔石が必要な「魂晶取り外し器」をユーザー側が負担するのは何とかして欲しいものである


アヴァベル事件簿TOPへ戻る