あのこむぎこをおいかけろ!

Last-modified: 2020-06-10 (水) 17:57:05

トーマス、止まれよ!止まるんだ!貨車から小麦粉がこぼれてるよ!」
あのこむぎこをおいかけろ!

日本版タイトルあのこむぎこをおいかけろ!
英語版タイトルFollow that Flour
脚本シャロン・ミラー
放送日・2006年9月3日(米国)
・2006年9月4日(英国)
・2007年5月14日(ドイツ)
・2008年3月5日(オーストラリア)
・2008年9月24日(日本)
・2010年1月23日(ハンガリー)
日本話数第239話
第5話(シーズン内)
英国話数第235話
第1話(シーズン内)
この話の主役トーマスジェームス
シーズン第10シーズン
登場キャラクターAトーマスジェームス
登場キャラクターBスカーロイレニアスサー・ハンデルピーター・サムラスティーダンカン
登場キャラクターCトレバーバルジー
登場キャラクターD無し
登場キャラクターEリントン・アンド・バーンステイプル鉄道の有蓋貨車(顔のみ)
登場人物Aディーブ
登場人物Bトップハム・ハット卿ドライウェット波止場の作業員メダルをもらった優勝者
登場人物Cスティーブン・ハットブリジット・ハット売店のおばさん学校の子供達
登場人物Dミスター・パーシバル(言及のみ)
登場スポットドライウェット波止場
ドライウェット駅
古い木製の橋
ソドー製粉所
ティッドマス機関庫(言及のみ)
あらすじ・小麦粉を運ぶ仕事を頼まれたジェームスが羨ましかったトーマスは、悪戯を考えます。ジェームスの運ぶはずの小麦粉の貨車を隠そうとするのですが…。
メモ・本来なら小麦粉は袋に入っているのが普通だが貨車に直に入れられている。
・冒頭で高山鉄道の機関車達について触れられるが本編には一切絡まない。
第1シーズントーマスのしっぱい』以来久々にトーマスを『君』付けで呼ぶジェームス
・英国版ではサー・ハンデルが正式に再登場する前にカメオ出演している。
リントン・アンド・バーンステイプル鉄道の有蓋貨車の顔*1改造後バルジーが再登場する。
・登場するキャラクターは多いのに台詞のあるキャラクターが少ない回でもある。
・この回で学べるのは「木を見て森を見ず」という事。
台詞ナレーター高山鉄道の機関車達は毎日とても忙しかった。彼等は山の中ですれ違う時は、互いに汽笛を鳴らし挨拶を交わした。乗換駅では煙を上げて走り、港では貨車を押したり牽いたりしていた。或る朝早くトーマスが港にやって来た。彼はそこが大好きだった。とても賑やかだし、沢山の友達に会えるからだ。だがトーマスが貨車の入れ換えを始めると、いたずら貨車達が悪ふざけをした。貨車が順番通りに整理する為、トーマスは一所懸命働いた。その時ジェームスがやって来た。」
ジェームス「小麦粉を運ぶように頼まれたんだ。子供達が収穫祭の夕食に食べる、パンやケーキを作る為だってさ。」
トーマストップハム・ハット卿は僕にその仕事を任せてくれたらよかったのに…貨車の入れ換えよりずっと楽しいだろうな。」
ナレータージェームスは自分の事が自慢で仕方がなかった。」
ジェームス「先ずは水を入れて来なきゃならないなぁ…トーマス君、小麦粉の入った僕の貨車を用意してくれよ。」
ナレータートーマスはもう貨車の入れ換えをするのが嫌になってしまった。此れでは自分の仕事が中々終わらない。」
トーマス「何だよ!偉そうにしてさ!」
ナレータートーマスは倉庫の前で小麦粉の入った貨車を見つけた。彼はジェームスの貨車を出来るだけ早く移動させたかったので、しっかりと確認もしないで作業してしまった。彼が思いっ切り貨車を押すと横の扉が開いてしまったのだ。でもトーマスは見ていなかった。彼は違う事を考えていた。」
トーマスジェームスの貨車を隠しちゃおう、そうすれば、あの威張りん坊は僕を探すしかなくなるぞ!」
ナレータートーマスはこの隠れん坊作戦が最高の思い付きだと思った。給水塔から戻って来たジェームスは遠くに走って行くトーマスに気付いた。そして彼はトーマスの牽く貨車から小麦粉がこぼれだしていることにも気付いた。」
ジェームストーマス、止まれよ!止まるんだ!貨車から小麦粉がこぼれてるよ!」
ナレーター「だがトーマスは既に遠くに行ってしまい聞こえていなかった。彼は隠れる場所を探す為、倉庫の中に入って行った。貨車からはどんどん小麦粉がこぼれている。ジェームストーマスの後を追った。トーマスは彼に気付いた。」
トーマス「如何して僕の居場所が分かったのかな?」
ジェームス「オイ!トーマス!小麦粉が!」
ナレータージェームスは叫んだが、トーマスには聞こえていない。」
トーマス「今度こそ見つからないぞ!」
ナレータートーマスは楽しくて仕方がなかった。トーマスは別の隠れ場所を見つけた。」
トーマス「ここならジェームスに見つからないぞ。」
ナレーター「彼は嬉しそうに言った。でもまたまたジェームスの汽笛が聞こえて来る。」
トーマス「もう、どうしてだろう!?あーまた見つかっちゃったよ…。」
ナレーター「そしてトーマスは走り出した。今度は貨車の後ろに隠れる事にした。」
トーマス「ここなら絶対に見つからないぞ!」
ナレーター「彼は陽気に言った。その時ジェームスがカーブを曲がってやって来るのが見えた。」
ジェームストーマス!」
ナレーター「彼はとても怒っていた。」
ジェームス「港のあちこちに、小麦粉をこぼし回っているぞ!」
トーマス「あぁー!!大変だー!!!!きっと強く押し過ぎて扉が開いちゃったんだ!!」
ナレータートーマスはもう陽気な気分ではなかった。」
トーマス「もし、僕が小麦粉を全部こぼしたら子供達の収穫祭でパンやケーキを出せなくなっちゃう…。」
ナレーター「彼が悲しげに言った。」
トーマス「ごめんよジェームス…、小麦粉の入った新しい貨車を持ってくる。そうすれば君も遅れないでしょう…。」
ナレータートーマスは猛スピードで走り出した。彼は出来る限り一所懸命走った。とにかく急いで製粉工場へ行かなければならない、だがそう上手くはいかなかった。トーマスが工場に到着すると、工場はもう閉まっていた。彼は辺りを見回したが見えるのは空っぽの貨車ばかりだった。トーマスはとても悲しかった。すると其処へ工場のディーブ]がやって来た。彼はトーマスが悲しんでいる事にすぐ気付いた。」
ディーブ「夕食を食べに家に帰る所なんだけど、一番後ろに一台だけ小麦粉の乗った貨車が残ってるぞ。」(初台詞)
ナレータートーマスもその貨車を見つけた。でもその前には他の貨車が沢山並んでいる。誰かの協力が必要だ。トーマスは大急ぎで港へ戻った。ジェームスに手伝って貰うしか無いのだ。ジェームスはずっと待っていた。彼はまだ、かんかんに怒っている。」
ジェームス「全くもう!」
ナレータートーマスが横に来て停まった。」
トーマス「小麦粉の事を教えてくれたのに僕が馬鹿だったよ御免…でも君の助けが必要なんだ。」
ナレータージェームストーマスが反省してることが分かった。それに助けを必要としている事も。2人は一緒に製粉工場へと出発した。ジェームストーマスは一所懸命働いた。移動させなければいけない貨車は沢山有った。だが、2人は仲良く一緒に仕事をした。そして小麦粉の貨車が繋がれるとジェームスは勢い良く走り出した。トーマスはこの自分の友達を誇らしく思った。その日の夜トップハム・ハット卿の横には沢山の素敵なケーキやパンが並んだ。子供達は皆興奮していた。其処へ機関庫に帰る途中のトーマスが通りかかった。」
トーマス「よくやったねジェームス!」
ナレーター「そういって汽笛を鳴らす、するとジェームスも汽笛を鳴らして答えた。ジェームスが又、自分の友達になってくれた事が嬉しくなったトーマスは笑顔のまま機関庫へと帰っていった。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:マイケル・ブランドン
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
ジェームス江原正士
ディーブ金光宣明
シリーズ前回
(英語)
トーマスとこむぎのちから第9シーズンシリーズ前回
(日本)
スムーズにはしる
シリーズ次回
(英語)
スムーズにはしるシリーズ次回
(日本)
トーマスとジェットき

*1 若干、目を開けている。第5シーズンジェームスがあぶない』に登場した物と同様。