いたずらはだめだよジェームス

Last-modified: 2021-02-18 (木) 22:06:03
※このページでは第3シーズンのエピソードについて説明しています。
ビデオについては『いたずらはだめだよジェームス(ビデオ)』のページをご覧下さい。

「見てくれ。この鉄道で一番役に立つ機関車、ジェームスを!」

日本版タイトルいたずらはだめだよジェームス
英米版タイトルNo Joke for James
脚本アンドリュー・ブレナー
ブリット・オールクロフト
デヴィッド・ミットン
放送日・1991年11月19日(米国)
・1992年4月21日(英国)
・1992年6月23日(日本)
・1993年3月1日(オーストラリア)
・1998年5月19日(ドイツ)
・2008年5月12日(ハンガリー)
この話の主役ジェームス
シーズン第3シーズン
話数第63話
第11話(シーズン内)
機関車紹介トーマスパーシーヘンリーゴードンジェームス
登場キャラクターAトーマスヘンリーゴードンジェームスパーシー
登場キャラクターB貨車達
登場キャラクターCエドワード
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ジェームスの機関士トーマスの機関士ゴードンの機関士ジェレマイア・ジョブリング
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人ジェームスの機関助手パーシーの機関士パーシーの機関助手ゴードンの機関助手
登場人物Cヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手ナップフォード操車場の作業員ナップフォード港の作業員青いオーバーオールの作業員ナップフォード駅長エルスブリッジ駅長エルスブリッジ駅の駅員
登場人物D無し
登場スポットウェルズワーズ牧師館の果樹園
ハーウィン・クロカ
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ソドー運送会社
ナップフォード港
ウェルズワーズ駅
ナップフォード駅
エルスブリッジ駅
ナップフォード・ハーバー駅
ヘンリーの森
水車(未公開シーン)
あらすじジェームスは、自分がこの鉄道で一番と自慢します。ある日、ジェームスは勝手にゴードン急行客車を牽引して走ったのが悪戯だと分かってて…。
メモ・リマスター版ではジェームスゴードンが会うシーンで天井に撮影機材が見えている。
・その後のゴードンのアップで後ろで走っている急行客車や貨車の列が謎の動きをしている。
ジェームスジェレマイア・ジョブリングあの日以来、対面する。
第2シーズンパーシーとしんごう』に続き、相手を騙すジェームス*1
トーマスを騙してゴードン急行客車を横取りするジェームス
ジェームスの謹慎処分は今回で、3度となる。
戸田恵子さんと森功至さん、3話連続の共演となる。
塩屋浩三さん2役。
・棒読みでトップハム・ハット卿に謝罪するジェームス
トーマスゴードンビルベンパーシーエドワード続いて、ジェームスを罵倒するヘンリー
ナップフォード港ジェームスが貨車を押すシーンで貨車が脱線している。
・何故か貨車達と良い関係のジェームス*2
ジェームスナップフォード港で貨車の入れ替え作業を行うシーンで、テレンスにそっくりな形のトラクターが廃車として置いてある。
・この出来事から数年後ジェームスは再び客車を掻っ払う。
・この話の[]は前回に続いて終始走行しなかった。
台詞ナレータージェームスは貨車も客車も引ける特別な機関車だ。おしゃれな赤いボディは彼の自慢だった。」
ジェームスの機関士ジェームス、お前が居ると明るくなるって、みんな言ってるぞ!」
ナレーター「或る朝、ジェームスはみんなに向かって汽笛を鳴らした。」
ジェームス「見てくれ。この鉄道で一番役に立つ機関車、ジェームスを!」
トーマス「よく言うよ!君だけじゃなくみんな役に立ってるんだよ!トップハム・ハット卿だってそう言ってるよ」
パーシー「あのね、ジェームス。」
ジェームス「何だいパーシー?」
パーシー「ちょっと自惚れ過ぎだよ!!」
ジェームス「ふん!そんな事無いよ!!」
ナレータージェームスはその後もまだ自慢していた。」
ジェームス「僕はこの鉄道の誇りさ!!」
ゴードン「はぁっ!!さっき貨車を牽いてたろう!お前はただの貨車用機関車さ!」
ジェームス客車だって牽くよぉ!」
ゴードン「俺程じゃぁないだろう!!」
ジェームストップハム・ハット卿が僕の為に計画している事が有るんだよ!」
ナレータージェームスは口から出まかせを言った。」
ゴードン「どんな計画だ?」
ジェームス「い…今に解るよ…!」
ナレータージェームスは内心仕舞ったと思ったが、もう遅かった。ピカピカの新しい客車トーマスが押して来た。」
トーマス「やあジェームス。」
ジェームス「やあ。これは僕の客車?ねえ、そうだろ?」
トーマス「いや、これはゴードン急行列車さ。には貨車を取って来るよ。」
ナレーター「でも、ジェームスはみんなに一杯食わせてやろうと思った。」
ジェームス「実はね…この客車は僕が牽くんだよ。トップハム・ハット卿に言われてね。」
トーマス「じゃあ、あの貨車は如何するの?」
ジェームス「うーん…ゴードンにやってくれ。」
トーマスの機関士「命令じゃあ仕方無いな…。」
ナレータージェームス客車を連結すると、しめしめと言う顔で飛び出して行った。トーマスが貨車を引っ張って戻って来た。暫くしてゴードンがやって来た。」
ゴードン「俺の急行は何処だ?」
ナレータートーマスゴードンジェームスの事を話した、それを聞いてゴードン機関士も酷く腹を立てた。」
ゴードンの機関士トップハム・ハット卿が怒るぞ!!」
ナレーター「一方、ジェームスはご機嫌だった。」
ジェームス「何て上手い考えなんだろう!本当に名案だったよ!」
ナレーター「ところが、トップハム・ハット卿が待っていた。」
トップハム・ハット卿「悪戯には可愛い物も有るが、これは悪戯では済まされんぞジェームス!!」
ジェームス「はーい…、すみませんでした~。」
トップハム・ハット卿「暫く機関庫で頭を冷やせ!!!」
ナレーター「みんながジェームスを冷やかした。」
ゴードン「今日は誰が急行を引っ張るんだぁ?んん?」
ヘンリー「多分じゃない?ジェームスは馬鹿な事を仕出かしたお陰で暫くお休みさっ!」
ナレータージェームスは悲しくなった。翌朝、ジェームスは仕事に戻った。」
トーマス「やあジェームス。出て来られて良かったね。」
ジェームス「騙したりして御免よ…。これは僕の貨車かい?」
トーマス「そうだよ。が戻って来て、貨車も喜んでるよ!」
ナレータージェームスは貨車をつなぎ港に向かった。彼は貨車を出したり入れたり一日中忙しく働いた。」
ジェームスの機関士「そろそろ帰ろうかジェームス。貨車も客車ももういない。俺達だけだ。」
ナレーター「その時、ある男が話しかけてきた。」
ジェレマイア・ジョブリング「すみませんが、乗せてって貰えませんか?トップハム・ハット卿との約束の時間に遅れそうなので…。」
ジェームスの機関士「ええ、良いですとも!・・・ジェームスこの方は鉄道監督官なんだ!」
ジェームス「へぇー…。」
ナレータージェームスは、全速力で滑るように走っていった。待っていたトップハム・ハット卿鉄道監督官は丁寧に挨拶した。」
ジェレマイア・ジョブリング「本当に良い機関車をお持ちですね。お陰で助かりました!」
トップハム・ハット卿「いやいや、そうですか。ジェームス、今度こそ本物の立派な機関車になったな。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ヘンリー堀川亮
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
パーシー中島千里
トップハム・ハット卿宮内幸平
トーマスの機関士/ゴードンの機関士塩屋浩三
ジェームスの機関士佐藤浩之
ジェレマイア・ジョブリング小林俊夫
シリーズ前回どろんこゴードン
シリーズ次回おくれたゆうびんしゃ
参照画像・参照はいたずらはだめだよジェームス/画像

*1 前回はパーシー、今回はトーマスゴードン
*2 トーマス曰くだがジェームスが帰って来た事を喜んでいる様で貨車達ジェームスがお互い共笑顔だった。