うみをはしりたかったダック

Last-modified: 2020-01-26 (日) 20:53:09

「うふっ、あはははははっ!あれはハロルドだよ!ほら、こっちへ来るよ!」
うみをはしりたかったダック

日本版タイトルうみをはしりたかったダック
英語版タイトルAll at Sea
脚本・ブリット・オールクロフト
・デヴィッド・ミットン
放送日・1992年5月19日(英国)
・1992年8月11日(日本)
・1993年3月10日(オーストラリア)
・1993年3月26日(米国)
・1998年5月27日(ドイツ)
・2008年5月15日(ハンガリー)
話数第70話
第18話(シーズン内)
この話の主役ダック
シーズン第3シーズン
機関車紹介パーシーハロルドバーティートーマスダック
登場キャラクターAパーシーダックバーティーハロルド
登場キャラクターB無し
(機関車紹介のみ:トーマス
登場キャラクターCトーマス
登場キャラクターD無し
登場人物Aダックの機関士
登場人物Bバーティーの運転手バーティーの車掌トーマスの機関士トーマスの機関助手ダックの機関助手パーシーの機関士パーシーの機関助手怪我をした船乗り
登場人物Cジェム・コールアールズバーグ港の作業員青いオーバーオールの作業員ロアー・サドリー操車場の作業員
登場キャラクターD無し
登場スポットアールズバーグ港
アールズバーグ操車場
ナップフォード港
ソドー貿易会社
ナップフォード・ハーバー駅
三層橋
スリー・ウェイ・ロード
ロアー・ティッドマス駅
ロアー・サドリー操車場
ダックが怪我人をバーティーに引き渡した踏切
ウェルズワーズ病院(言及のみ)
あらすじ・港で働くダックは、海に憧れる。暫くすると、怪我したヨットレースのメンバーを病院まで運ぶ事になり、そこで彼は自分が機関車である事が幸せなのかを改めて認識させる事になる。
メモ・タイトルに『ダック』と付くのは3度目になる。
ダック、初めてバーティーハロルドと会話する。
ソドー島で初めて怪我人が出る。
トーマスの後ろのランプの周りの赤いラインが長編第10作目迄描かれない。
ハロルドの照明を流れ星と見間違えるダック
ダック怪我をした船乗りから受け取った手紙には「Well done,Duck(よくやった、ダック)」と書かれている。
小林俊夫さんと佐藤浩之さん、9共演なる
バーティー第5シーズンの『ハットきょうふじんのたんじょうび』まで台詞無し。
・この話のトーマスは『パーシーのマフラー』に続いて終始走っていない。
・この回で学べるのは「及ばぬの滝登り」と言う事*1
台詞ナレーターパーシーダックは港で働くのが好きだ。良く晴れた夏の夜等は最高に素晴らしい。客船は沢山のお客を乗せ、貨物船が機械等の荷物を積んで出て行く。ダックパーシーは、船が上げ下ろしする荷物を積んで、波止場を忙しく行ったり来たりしている。ある朝、2人は水平線に沢山の船が浮かんでいるのを見た。船の帆がはたはたと風にはためいている。」
ダック「海の向こうの遠い国迄走ってみたいなぁ…。」
パーシー「機関車が海を走れる訳無いだろ。僕等は浮けないんだぜ。」
ナレーター「でも、ダックは海を走る事を夢見ていた。その時、ヘリコプターのハロルドが空から舞い降りて来て話に割り込んだ。」
ハロルド「何をぼーっとしてるのかな?」
ダック「船を見ている所だよ。」
ハロルド「あれはヨットレースをやってるのさ。凄く面白いぜ。僕は事故が起こった時にすぐ飛んで行ける様に見回ってるんだ。」
ダック「水平線まで飛んで行くのかい?」
ハロルド「その向こうさ!」
パーシー「水平線のもっと向こうが有るの?」
ダック「海の向こうの場所にも行くのかい?」
ハロルド「勿論さ!僕は何時でも何処でも船の上にだって降りられるからね。じゃっ、またね!」
ダックハロルドはいいなぁ…。」
ナレーターダックは、その日一日中ヨットレースの事をしゃべり続けた。パーシーはうんざりした。」
パーシー「僕は空や海より車輪で地上を走った方がいいと思うよ?線路が有れば何処だって行けるじゃないか!」
ナレーター「その時、機関士が叫んだ。」
ダックの機関士「事故が起きたみたいだ!様子を見て来るよ!」
ナレーター機関士は悪い知らせを持って帰った。」
ダックの機関士「ヨットレースのメンバーが怪我をした!!病院迄連れてかなきゃ!今、ハロルドが怪我人を運んで来るから迎えに行こう!」
ハロルド「やあ!また会ったね、ダック!」
ナレーターハロルドが注意深く波止場に着陸すると、怪我人がそっと守られながら出て来た。」
ハロルド「本当は、僕がこの人を病院まで運んであげたいんだけど、また、どんな事故があるか分からないしね。ずっと海を見回ってなきゃいけないんだよ。だから宜しくね!」
ナレーターダックは、病院がある隣の駅へと向かった。蒸気の調子も良く、ダックは線路の上を滑る様に走った。バスのバーティーがやって来た。怪我人はお礼を言って、バスのバーティーに乗り移った。」
バーティー「後は僕が引き受けたよ!が線路を走って来る姿は格好良かったぜ!流石、大西部鉄道の機関車だね!」
ダックパーシーの言う通りだ!やっぱり機関車は、線路を走ってる時が一番幸せなんだ!」
ナレーター「その夜、パーシーダックは、波止場に遅く迄残っていた。温かな夜で、海も穏やかだった。」
ダック「あっ!流れ星だ!」
《流れ星の効果音》
パーシー「うふっ、あはははははっ!あれはハロルドだよ!ほら、こっちへ来るよ!」
ナレーター「その時、ダックの上に何かがひらひらと落ちて来た。機関士が、それを掴んだ。」
ダックの機関士「ヨットの旗だ!ハロルドからのプレゼントだよ!」(最後の台詞)
ダックハロルドって、良い奴だね。車輪は無いけど、機関車の役目をちゃんと分かってくれてるよ!」
ナレーターダックは、今でも時々、水平線の向こうについて考える。でも、皆とも楽しくやっている。素敵な旅は、夢で見るのが一番かも知れないと、気がついているんだと思うよ…。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
パーシー中島千里
ダック塩屋浩三
バーティー緑川光
ハロルド佐藤浩之
ダックの機関士小林俊夫
シリーズ前回あかはなのジェームス
シリーズ次回ビルとベンのけんか
参照画像・参照はうみをはしりたかったダック/画像