Top > さよならトビー?


さよならトビー?

Last-modified: 2019-11-07 (木) 21:35:16

「スクラップに!?」
さよならトビー?

日本版タイトルさよならトビー?
英語版タイトルThe Truth About Toby
脚本デイビー・ムーア
放送日・2015年9月22日(英国)
・2015年10月13日(米国)
・2015年11月1日(日本)
・2015年12月22日(オーストラリア)
・2016年1月24日(カナダ)
・2016年4月22日(ロシア)
・2016年7月21日(ハンガリー/チェコ/スロバキア)
・2016年12月27日(ノルウェー)
・2017年4月16日(ニュージーランド)
・2017年7月12日(韓国)
話数442
この話の主役トビーレッジ
シーズン第19シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシートビーエミリースタンリーコナーケイトリンソルティーパクストンスタフォードアニークララベルヘンリエッタレッジ
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCサムソン*1メイビスクランキー
(英国版のみ:コナー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物Bエミリーの機関士
登場人物Cマッコールさんトップハム・ハット卿の付き人ブレンダム港の責任者ブレンダム港の作業員先生トップハム・ハット卿のお母さんの友人トーマスの機関士トーマスの機関士ヘンリーの機関士ゴードンの機関士ナップフォード駅長ナップフォード駅の作業員ナップフォード操車場の作業員ウェルズワーズ駅長ウェルズワーズ駅の作業員スクラップ置き場の作業員連結係員眼鏡をかけた黒人男性
登場人物D無し
登場スポットアノファ採石場
マッコールさんの農場
ナップフォード駅
ウェルズワーズ屑鉄置き場
ブレンダム港
ウェルズワーズ駅
ソドー整備工場(言及のみ)
あらすじ屑鉄置き場に向かったトビーヘンリエッタの忠告を聞かなかった為にそこで石炭切れになり動けなくなる。
・石炭切れをレッジと一緒に伝えようとするトビーだが、上手くいかず、皆はトビーがスクラップになると勘違いしてしまう。
メモトビー主役回。
・別れの言葉がタイトルに入るのは、第5シーズンの『バイバイ ジョージ!』以来となる。
トビーの石炭がなくなって動けなくなるのは第12シーズンの『Toby's Special Surprise』以来となる。
・この話からトビー(英国版)の声優がロブ・ラックストローさんに変更される。
デヴィッド・メンキンさんが英国版キャストに参加する最初の話で、スタンリーの声を英国・米国版共有で担当するのは、現在の所はこの話のみ。
・日本版ではコナーに喋る機会が与えられている。
・冒頭のタイトルコールでサムソンの車輪部分だけ登場している。
・この回からスタンリーにランプとブレーキパイプが追加される*2
トップハム・ハット卿のセダンと同型の色違いのセダンが廃車として登場する。
・ブレンダムの港に来たエドワードブレーキ車が一度だけ消えている。
・短編シリーズでレギュラー機関車全員が喋るのは今回で5なる。
トビーがスクラップにされる噂が他の機関車達に広がる所は第9シーズンの『あたらしいきかんしゃネビル』を彷彿させる。
エミリーの機関士トビーの罐に石炭を焼べた。
エミリー、初めてヘンリエッタを牽引する*3
・いつもなら嘲笑うゴードンだが、今回はトビーがスクラップになると聞いて驚いている。
三宅健太さん、河本邦弘さんは今回は2役、吉岡さくらさんは今回は3役。
レッジ第21シーズンこわれたスピーカー』迄出番無し。
ウェルズワーズの牧師は登場しないが、彼の自動車が、廃車になって再登場した。
・旧友であるマードックには噂は届かなかった*4
・この回で学べるのは「大山鳴動して鼠一匹」と「嘘八百」言う事。
台詞ナレータートビーはずっと前からソドー島に居るベテランの路面機関車だ。頼りになる客車のヘンリエッタファークァーの石切場作業員達を乗せてる。最新の機関車とは比べようが無いが、トビーはまだまだ役に立つ仲間だった。」
ヘンリエッタソドー整備工場に立ち寄った方が良いんじゃない?」
トビーソドー整備工場に?、何の為にだ?」
ヘンリエッタ「ボディーの板を直して貰うの。又ガタガタ言ってるわ。」
トビーソドー整備工場に行く時間なんて無いよヘンリエッタ。仕事が沢山有るんだから!一緒に行けなくて悪いんだけど、トップハム・ハット卿からスクラップ置き場へ行く様に言われてるんだ。出来るだけ早く戻って来るからね!」
ヘンリエッタ「ボディーの板の事忘れないでよ!、部品がボロボロ落ちたら嫌でしょう?、それから石炭を沢山積んでから出かけるのよ!」
トビー「もう!、そんな事一々言われなくても分かってるよヘンリエッタ。石炭だって必要な時にちゃんと積み込むから!!」
ナレーターヘンリエッタはいつも彼是言う、トビーはそれが嫌だった、だがスクラップ置き場に着いた時、トビーの石炭が無くなってしまった。」
レッジ「今日は随分ゆっくり走っているじゃないかトビー。」
トビー「そうなんだ・・・、仕方無いんだよ。石炭が無くなっちゃてさ、君は石炭は持ってないよねレッジ?」
レッジ「悪いねトビー。僕はディーゼルエンジンで動いてる。」
エドワード「やあレッジ!おや、こんにちはトビー!」
トビー「しまった!エドワードを呼び止めて、石炭を少し分けて貰えば良かったな。」
レッジ「気にするなよトビー。すぐにまた別の機関車がやって来るって。」
トビー「おっ、トーマスが来たぞ。トーマスー!トーマスーー!トーマスーーー!」
クララベル「ねえアニー、あれを見た?トビースクラップ置き場にいる。ああ、凄く悲しそうだったわ。」
トビー「ねえレッジ、スクラップが沢山有り過ぎてトーマスには僕が見えなかったんだ」
レッジ「幾つか退かした方が良いかもなぁ」
トビーエドワードエドワードーーー!」
エドワード「今の音はトビーベルかな。あれから随分経ったから、もうスクラップ置き場に居る筈は無いよね...」
トビーレッジレッジ!、聞いてよぉーー!!」
レッジ「何?、如何したんだトビー。」
トビー「君は大きな音を立て過ぎだよ!僕は誰かを呼び止めたいんだ。だから手伝ってくれない?」
レッジ「任せてくれ!、じゃ次に機関車が来たら、目立つ色のスクラップを吊り上げてブンブン振るよ!」
トビー「おぉ、成程、良いねぇ、赤い旗みたいに振るのか。」
トビーレッジ、誰か来たみたい、直ぐに合図をして。」
レッジ「おぉ、解った。よーし、よっ、おー。おおっと、拙い!」
ヘンリー「うわっ」
レッジ「振り過ぎちゃった・・・」
トビー「あぁ・・・」
エドワード「ねえねえソルティー。今日は何だかスクラップ置き場を通る度にトビーを見かけるんだけど」
トーマス「確かクララベルトビースクラップ置き場で見たって。そうだったよね?」
クララベル「ええ、凄く悲しそうにしてたわ。それに仕事もしてなかったみたい。」
アニートビーったら可哀想。」
クララベル「本当よねー。可哀想」
ソルティー「ああ、成程、そう言う事か。トビーはきっと、スクラップにされちまうんだ。」
トーマス「ちょっとやめてよソルティー!そんなはず無いよ。トビーは凄く役に立つ機関車なんだから」
トビーレッジ!別の機関車が来たみたいだよ」
トビーレッジ?止めてよ!ねえ待って!何をしてるんだい!?」
レッジ「君を持ち上げてる。ほら、こうすればさ、助けを呼ぶ君が見えるだろ?」
トビー「やだよレッジ!やめて!僕を降ろしてよー!」
トーマス「うわっ!!ああっどうしよう。ソルティーの言う通りだった!やっぱりトビーはスクラップにされちゃうんだ!!」
アニー「可哀想なトビー!」
クララベル「ああ、もう見ていられないわ!!」
トビー「やだよレッジ、やめて!降ろしてってばー!ああああああ...」
ナレーター「そのニュースはあっと言う間に広まった。」
トーマストビーがスクラップにされちゃうんだ!」
ゴードン「えっ!?トビーの奴、スクラップにされちまうらしいぞ!」
ケイトリン「えっ!?トビーってばスクラップにされちゃうのよ!」
コナー「えっ!?」
スタンリー「スクラップに!?」
エドワード「スクラップに!?」
ソルティー「スクラップに!?」
パーシー「スクラップに!?」
ジェームス「スクラップに!?」
レッジ「御免よトビー、君を持ち上げるの失敗だったかも知れないなぁ。」
トビー「そうだねレッジ、大失敗だ、全くもう!!、一体どう言う心算だったんだい?」
ヘンリー「物凄く悲しいよ・・・。トビーはとても良い仲間だったのにねスタフォード・・・。」
スタフォード「そうだね。本当に、残念だな・・・。」
パクストンエミリー姉さん聞きました?トビーさんがスクラップにされちゃうんです。」
エミリー「本当?」
パクストン「本当です、皆そう言ってますよ!」
ヘンリエッタ「いいえ違う。そんなの嘘よ。トビーはとっても元気なんだから、スクラップにされるなんて有り得ないわ!」
トビー「皆おかしいよ。今日は一体如何しちゃったんだろう?如何して誰も助けてくれないのかな?」(汽笛)
レッジ「あっ!ねえ一寸待ってトビー。今度こそ誰か停まってくれる。」
レッジ「あはっ、こんにちはエミリー!」
エミリー「どうもレッジトビーがスクラップにされるって皆が言ってるけど、貴方知ってた?」
レッジ「スクラップに?!」
トビー「そんなの嘘に決まってる!!石炭が無くなっただけなのに!」
ヘンリエッタ「だから言ったでしょう?くだらない噂だと思ったわ。」
トビー「あぁ、ヘンリエッタ
ヘンリエッタ「あらトビー。貴方の事待ってたのよ、石炭を沢山積む様にって言ったじゃない。」
トビー「あぁ、ヘンリエッタ。確かにそう言ってた。君が正しかったよ。ゴメンね。」
エミリー「ウフフフフ、それじゃあ私の石炭を分けてあげるわね。」
ナレーター「その一日が終わる頃、トップハム・ハット卿ナップフォードの操車場に機関車達を集めた」
トーマストビー!、来られたんだね。」
トビー「嗚呼、勿論だよトーマス、石炭が無くなってただけ」
トップハム・ハット卿「静かにしてくれ皆。この場でハッキリ、キッパリと伝えておく事が有る。路面機関車のトビーは絶対にスクラップにしない。」
・機関車達「やったー!!」
トップハム・ハット卿トビーは今でも働き者だし、とても役に立つ機関車だ。そして、スクラップにされると言う噂を広めた全員が数々の混乱と遅れをソドー鉄道に生じさせてしまったんだぞ!」
トビー「そんなくだらない噂、どうして広まっちゃたんだろうね?」
トーマス「だよね、ウフフ、誰が言い出したのか、さっぱり分らないよ。本当くだらいね。」
トビー「しまった。板の事、忘れてた、ウフフ。」
ヘンリエッタ「もう、トビーったら。」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
エドワード/ヘンリー/ゴードン/ジェームス/ソルティー/スタフォード/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
パーシーナイジェル・ピルキントン*5
トビーロブ・ラックストロー
エミリー/アニークララベルテレサ・ギャラガー
スタンリーデヴィッド・メンキン*6
ケイトリンレベッカ・オマラ
パクストンスティーブ・キンマン
ヘンリエッタマギー・オルレンショー
レッジティム・ウィットノール
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
エドワード/トビーウィリアム・ホープ
ヘンリー/ゴードンケリー・シェイル
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリージュール・デ・ヨング
スタンリーデヴィッド・メンキン
ケイトリンレベッカ・オマラ
ソルティー/スタフォード/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
パクストンスティーブ・キンマン
アニークララベルテレサ・ギャラガー
ヘンリエッタマギー・オルレンショー
レッジティム・ウィットノール
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
ゴードン/レッジ*7三宅健太
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
トビー坪井智浩
エミリー山崎依里奈
スタンリー土田大
ケイトリン*8/アニークララベル吉岡さくら
コナー*9/パクストン河本邦弘
ソルティー石野竜三
スタフォード川島得愛
ヘンリエッタ根本圭子
トップハム・ハット卿田中完
シリーズ前回なぞのきかんしゃジェフリー
シリーズ次回わすれものをとどけよう





*1 車輪のみカメオ出演
*2 但し、長編第11作ではCGミスなのか、一度ランプとブレーキパイプが付いていない状態に戻る。
*3 ヘンリエッタトビー以外の機関車に牽引されるのは第3シーズンほめられなかったジェームス』のパーシー以来となる。
*4 マードックCGシリーズに登場していない為、仕方が無いのかも知れない。
*5 ノンクレジット
*6 ノンクレジット
*7 ノンクレジット
*8 ノンクレジット
*9 ノンクレジット