Top > せんろをさがすトーマス


せんろをさがすトーマス

Last-modified: 2019-11-04 (月) 22:49:31

『其れはね。何時も走っている道とは、違う道を走った事だよ。』
せんろをさがすトーマス

日本版タイトルせんろをさがすトーマス
英語版タイトルThomas' Shortcut
脚本アンドリュー・ブレナー
放送日・2013年10月19日(オーストラリア)
・2013年11月10日(日本)
・2014年3月24日(ハンガリー)
・2014年11月7日(米国)
・2014年11月21日(英国)
・2015年4月27日(ドイツ)
・2016年9月7日(韓国)
話数399
この話の主役トーマス
シーズン第17シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードパーシーバーティーアニークララベル
登場キャラクターBハーヴィー
登場キャラクターCヘンリーゴードンジェームスエミリーパクストンスタフォード
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物Bトーマスの機関士トーマスの車掌ハーヴィーの機関士トップハム・ハット卿の付き人トップハム・ハット卿のお母さんの友人ドライオー駅長緑色の服の女性初老の男性白髪の男性野鳥観察者作業員灰色のベストを着た女性
登場人物Cバーティーの運転手マッコールさん先生子供達
登場人物D無し
登場スポットナップフォード駅
ドライオー駅
ドライオー貨物停車場
踏切
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
あらすじ・近道を使って先に駅に辿り着いているバーティートーマスも同じように近道を使うが…。
メモ・英国版ではこの話が第17シーズンの最終話となっている。
・久しぶりに競走をするトーマスバーティー
・線路を間違えて、道路に落ちそうになるトーマス
バーティーの走るルートが変わって近道を走っていていると言う設定は、トーマスランドの『トーマスパーシーのわくわくライド(リメイク後)』にて、ドライオー駅のバス停に停まるバーティーから言及されている*1
サー・ハンデルパーシーマードック続いて、羊に線路を塞がれるトーマス
・この話のゴードン第12シーズンエミリーはゆうとうせい』以来、ヘンリーは『ケビンとクランキー』、ジェームスは『おさわがせなケイトリン』、エミリー第16シーズンおしゃべりゆきだるま』に続いて終始笑わなかった。
ハーヴィー第12シーズンエミリーはゆうとうせい』以来の登場*2
エドワードヘンリーゴードンジェームスエミリーは『おさわがせなケイトリン』、パーシーは『ソドーとうをまもるしょうぼうしゃ』に続いて、パクストン第15シーズンとくしゅしょうぼうしゃフリン』以来、終始走っていない。
台詞ナレーター「その日のソドー島は明るく晴れ渡っていた。トーマスアニークララベルを牽いて走っている。」
トーマス「あっ!」
ナレーター「其処へ、バーティーが道路を走って来た。」
バーティー「やあ、のんびり屋さん。」
トーマス「えっ?はぁ…。」
アニー「気にしないでトーマス!」
クララベル「また、からかってるだけよ。」
トーマス「でもは遅くないよ。早く走れるじゃないか!」
アニー/クララベル「からかわれたのは貴方だってば!フフフフッ!」
トーマス「ほら見て!2分早く着いたよ。」
バーティー「僕が、からかってなければきっと遅れてたね。」
トーマス「えっ?そんな事ないよ!何時だってお客さんを乗せて時間通りに駅についているもん!」
バーティー「ハハハッ!でも走るスピードが遅くなってる。最近、踏切には何時も僕が先に着いているぞ。」
トーマス「遅くなんかなってないよ!証明するね。もう一度競争だ!」
ナレータートーマスバーティーは競争するのが大好きだった。バーティーが競争に勝つ時はトーマスが羊達の移動が終わるのを待っている時だ。そして、トーマスが勝つ時は、バーティーが道路工事で停車している時だった。」
アニー「スピードを落としてよ!バルブが吹き飛んじゃう!」
クララベル「車軸がグラグラしちゃうわ!」
トーマス「僕が勝つんだ!絶対に勝つぞ!」
ナレーター「でも、この頃競争していると、トーマスがどんなに頑張って走っても…」
トーマス「あ~もう!」
ナレーター「勝つのは、何時もバーティーだった。」
バーティー「やっぱり君は、段々遅くなっているよトーマス。」
ナレータートーマスには全く分からなかった。如何してバーティーはいつも先に着くのだろう?」
トーマス「今までで、一番速く走ったのに!」
ナレーター「暫くして、又バーティーに会ったが、トーマスは何時もと違って、あまり嬉しくなかった。」
バーティー「フフフフッ機嫌を直してトーマス、僕の秘密を教えてあげるよ。」
トーマス「秘密って何?」
バーティー「走るルートが変わったんだ!今は近道を走っている。だから速く踏切に着くんだよ。」
ナレータートーマスはとても驚いた。バーティーが近道を走ってるなんて知らなかったのだ。その夜トーマスは物凄く怒っていた。」
トーマス「こんなの狡いよ!競争は好きだけど、ルートが変わったなんて酷い!」
パーシー「ルートが変わったってどう言う事?」
エドワード「其れはね。何時も走っている道とは、違う道を走ったって事だよ。」
パーシー「其れが如何して駄目なの?」
トーマスバーティーは近道を通ってる。だから、何時も勝つんだ。」
パーシー「あっ!」
ナレーター「その時パーシーは素晴らしいアイデアを思いついた。」
パーシー「こっちも早く着く線路を走ればいいんじゃない?バーティーみたいにルートを換えればいいんだよ!」
ナレータートーマスは其れをとてもいいアイデアだと思った。アニークララベルは其れに反対した。」
アニー貴方の支線には早く着く線路なんてないのよ。」
クララベル「もし違う線路を走ったら駅を通らないわ。其れにお客さんを遅れちゃうわよ!」
ナレーター「でも、トーマスは張り切っていた。」
トーマスバーティーにできるんだったら僕にもできるさ!」
ナレータートーマスドライオー駅に到着すると丁度バーティーも付いたところだった。」
トーマス「あっ。」
ナレーター「降りる人達も居れば乗って来る人達もいる。乗り降りが終わると直ぐにトーマスは走り出した。」
トーマス「じゃあねバーティー。」
バーティー「また後でねトーマス。」
ナレータートーマスは競争に負けたくなかった。」
トーマスバーティーに出来るんだったら、僕にも出来るさ!」
ナレータートーマスは分岐点にやって来た。ポイントは切り替わっている。」
トーマス「この線路なら早く着くね!」
ナレーター「でも、結局トーマスは側線に走り抜けて、また元の線路に戻って来ただけだった。」
トーマス「何だ~。」
ナレーター「その時、トーマスは支線から離れて行く、別の線路を見つけた。」
トーマス「この線路なら早く着くよ!」
アニー/クララベル「間違ってーる♪間違ってーる♪」
ナレーター「着いた先は古い貨物置き場だった。」
トーマス「あぁしまった!こっちも早く着く線路じゃなかった!」
アニー/クララベル「だから言ったじゃない!間違ってるってね!」
ナレーター乗客は皆不満そうだった。でも、トーマスは諦めたくなかった。そしてトーマスは古い線路を見つけた。森へと続いている。」
トーマス「きっと早く着く線路だよ!」
クララベル「そんな線路は無いのよトーマス!」
ナレーターバーティーは踏切でトーマスを待っていた。」
バーティー「こんなに遅れるなんて、如何してたんだろう?」
ナレーター「段々乗客がざわざわし始めたので、バーティーは漸く走り出した。トーマスは草を生い茂った線路を進んでいった。アニークララベルはすっかり呆れていた。」
アニートーマス!大丈夫なの?」
クララベル「一体、何処へ向かってるの?」
トーマス「大丈夫!この線路は何処かに繋がっているよ!もうすぐ森を抜けられるさ!わっ!うわぁ~!」
ナレータートーマスは、藪の中の腐った車止めにぶつかり、脱線してしまった。」
トーマス「如何しよう!線路に戻れない!動けないよ~…!」
ナレーター乗客は皆かんかんになっていた。此れでは到着が大幅遅れてしまう。トーマスは自分が情けなくなった。」
トーマス「あっ!」
ナレーター「其処へ友達のバーティーがやって来た。」
バーティー「やあトーマス!こんな所で何しているんだい?」
トーマス「はぁ…早く着く線路を見つけようとしたら、うっかり線路から落ちちゃって、お客さん達が遅れちゃうよ。」
バーティー「ハハハハ、やれやれ。僕が代わりに君の御客さんを運んであげようか?」
ナレーター「バスのバーティーに乗り換えることが出来て乗客は皆喜んだ。然し、トーマスはまだションボリしていた。ハーヴィーが、アニークララベルを運びに来た頃には、夕暮れ時になっていた。トーマスハーヴィーに線路へ戻して貰った。トップハム・ハット卿はかんかんに怒っていた。」
トップハム・ハット卿「時間に遅れたらお客さんは大迷惑なんだ!!君の所為で混乱と遅れが生じたぞ!」
トーマス「本当にすみませんでした…。早く着く線路を走りたかったんです。でも此れからちゃんと自分の支線を走ります。」
ナレーター「それから数日後、トーマスは何時もの仕事に戻った。そしてアニークララベルは迎えにナップフォード駅へやって来た。」
アニー/クララベルトーマス!お帰りなさい!会いたかったわ!」
トーマス「有り難うアニークララベル!僕も逢いたかったよ!」
アニー/クララベル「フフフフフフッ…!!」
ナレータートーマスは、自分の支線をしっかり走ろうと心に決めた。もう、早く着く線路を探すのはこりごりだ。」
トーマス「あっ!」
バーティー「又後で会おう。のんびり屋さん!」
トーマス「フフフ!」
ナレーター「でもやっぱり、トーマスバーティーは競争が好きだった。そして時々・・・、トーマスが競争に勝つ事が有るのだった!」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスベン・スモール
エドワード/パーシー/バーティー/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
アニークララベルテレサ・ギャラガー
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマス/パーシーマーティン・シャーマン
エドワードウィリアム・ホープ
アニークララベルテレサ・ギャラガー
バーティーキース・ウィッカム
トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
パーシー神代知衣
アニークララベル吉岡さくら
バーティー酒巻光宏
トップハム・ハット卿納谷六朗
シリーズ前回
(英国)
ヒロといたずらかしゃたちシリーズ前回
(日本)
ソルティーはうみがすき
シリーズ次回
(英国)
たよりになるエドワード第18シーズンシリーズ次回
(日本)
サカナなんてこわくない





*1 因みに、ジェームスパーシーに「トーマスにはまだ内緒だよ」と言っている事から、時系列としてはこの話の前と考えられる。
*2 それと同時にランプが装着される。因みに今回は台詞なし。