ソドー整備工場

Last-modified: 2020-02-11 (火) 01:03:34

TV版第第23シーズンのソドー整備工場

名前ソドー整備工場
英名Sodor Steamworks
鉄道ノース・ウェスタン鉄道
スカーロイ鉄道
本線
TV版初登場シーズン長編第4作『きかんしゃトーマス 伝説の英雄
説明クロバンズ・ゲートにある大規模な整備工場。
・整備工場長と管理人代理のビクター、その助手のクレーン車ケビンが働いており、ここへ来る機関車を出迎えてくれる*1
・主に部品の修理や、全般検査などを行っているが、第14シーズンまではディーゼル機関車もここに来て整備などを行っていた*2。また、バスバーティーレッカー車ブッチ客車アニークララベルこの施設をふらっと訪れるエピソードも存在する。
・因みに、ノース・ウェスタン鉄道に所属された機関車は必ずここで整備点検を受ける事になっている。
・フリーゲージの線路である事から、最近ではスカーロイ鉄道の機関車達もここを利用している*3
・因みに、この工場がまだ未登場だった時は、トーマススカーロイを別な修理工場まで運んでいた。
・部品や設備が多く整っているので新しく部品を造ったりもする*4*5
温風機?が設備されており、トップハム・ハット卿のお母さんへ贈る大事なプレゼントを濡らしてしまったパーシーはここで乾かして貰った事がある。
スペンサーはこの鉄道の「最重要危険人物」レベルの扱いをされており、ビクターケビンからもイヤな顔をされるなど、かなり警戒されている。
TV版での経歴第13シーズンビクターが留守の間、トーマス管理人代理を勤めたが、話を聞かなかった為、工場内は目茶目茶になった事があった。
第15シーズンではブッチバーティーなどの自動車整備も請け負った。
第17シーズンではティッドマス機関庫転車台が凍って困っていたエドワードヘンリーがここで宿泊させてもらった事がある。
第20シーズンでは、速さを重視して走っていたコナーロッドを破損した時、ここで修理して貰った。
第21シーズンではエドワードジェームスのドジのせいで、ティッドマス機関庫が半壊した時に、ここで寝泊まりした事がある*6
第22シーズンダックは煙突を修理してもらった事があり、「この工場に行けば、どんな事でもやってくれる。」と大絶賛していた。レベッカはベルのような放水銃とトビーのような鐘を装備してもらおうとしたが、妄想通りの姿になれなかった。また、このシーズンでは工場内は映ったものの、入り口付近が映らなかった。
長編作品での経歴長編第6作では、ヴィカーズタウンディーゼル整備工場を改装する事を訴えようとしたディーゼル10達、ディーゼル機関車軍団がここに立てこもり、やりたい放題に荒らされた*7
・長編第7作ではビクター自身がここで黄色からへ塗り替えてもらった*8
長編第10作トーマスはここで塗装を鴨の羽色の塗装からエドワード達と同じの塗装に塗り替えてもらった*9。そして、脱線転覆事故でボロボロになったジェームスはここで修理を受け、ボディをからに塗り替えてもらった*10
・長編第12作ではゴードンジェームスエミリーフィリップレースとコンテストに出場する為の準備を整えた。
所属機関車ビクター
所属クレーンケビン
設備・施設ソドー整備工場のトラバーサー
ソドー整備工場の転車台
ソドー整備工場の操車場
ビクターの機関庫
前ルートクロバンズ・ゲート駅
次ルートヘンリーのトンネル/バラフー駅ノランビー線
参照画像TV版第第13シーズンのソドー整備工場ソドー整備工場の中1ソドー整備工場の中2ソドー整備工場の裏側

*1 時々、ビクターが不在でケビンだけ居る時もあれば、どちらも不在の時があり、その時は、整備工場長が代わりに居る。
*2 長編第6作ヴィカーズタウンディーゼル整備工場が登場した後はディーゼル機関車の整備はやっていない。その後、長編第11作ディーゼルがここで修理され、長編第12作ではフィリップレースとコンテストに出場する為の準備を整える。
*3 然し、スカーロイ鉄道の機関車達は現時点で訪問のみで、修理される場面がない。
*4 時々、スクラップ置き場などから屑鉄を取り寄せ、それで新しく部品を作る事も多々ある。
*5 ヒロの部品も日本の製作所からいくつか取り寄せ、いつ壊れても良いようにここに保管してある。
*6 然し、音がうるさ過ぎた為か、別な場所を探してこの工場を離れた。
*7 その時は何故か、ビクターがいなかった。
*8 キューバ生まれのビクターが最初に覚えた英語がだった為らしい
*9 尚、この時点ではビクターケビンは在籍していなかった。
*10 原作ではクルー修理工場で修理を受け、ボディをに塗り替えてもらった事になっている。