トーマスとはなびたいかい

Last-modified: 2020-09-29 (火) 14:27:24

「僕が役に立たないって言った癖に!」
トーマスとはなびたいかい

日本版タイトルトーマスとはなびたいかい
英語版タイトルThomas and the Firework Display
脚本アビ・グラント
ポール・ラーソン
放送日・2004年9月5日(英国)
・2004年10月10日(米国)
・2006年2月27日(韓国)
・2006年4月27日(ドイツ)
・2006年9月25日(ハンガリー)
・2006年10月27日(日本)
・2006年11月12日(オーストラリア)
日本話数第199話
第17話(シーズン内)
英国話数第193話
第11話(シーズン内)
この話の主役トーマス
(準主役:ジェームス
シーズン第8シーズン
登場キャラクターAトーマスジェームス
登場キャラクターBゴードン貨車達
登場キャラクターC(使い回し映像のみ : アニークララベル)
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ジェームスの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人子供達スティーブン・ハットブリジット・ハットナンシー
登場人物C作業員
(使い回し映像のみ:ジェム・コールトロッターさん
登場人物D無し
登場スポットティッドマス機関庫
ナップフォード駅
水車
あらすじ・今日は花火大会が開催される日、ジェームスは陽気に花火を運びますが、途中で故障してしまう。そこでトーマスの救援によりなんとか花火を届ける。
メモジェームスを壊れたボイラー君と揶揄るトーマス*1。また、ジェームスが悪意のあるあだ名で呼ばれるのは4*2
以前のお祭りではジェームス石炭置場の仕事を、トーマスがお祭りの準備をしたが、今回はジェームスが花火大会の準備を、トーマス石炭置場の仕事をしている。
ジェームスの想像の枠は赤色
ゴードン貨車達は今回は台詞無し。
トップハム・ハット卿が映るシーンは『エミリーのあたらしいろせん』の使い回し。
ゴードンは台詞なし。
エドワードヘンリーパーシートビーエミリーが一切で出番が無い回である。
・この話のゴードン前々回に続いて、終始走行しなかった。
・この回で学べるのは「有終の美を飾る」と言う事*3
台詞ナレーターソドー島の機関車達は収穫祭を楽しみにしている。その中で一番楽しみにしているのがトップハム・ハット卿が開催する花火大会だ。トップハム・ハット卿トーマスジェームスに会いにやってきた。」
トップハム・ハット卿ジェームス、御前は貯蔵庫から花火を運んでくれ。」
ナレータージェームスは大喜びだ。然しトーマスはちっとも面白くない。」
トーマス「僕が花火を運びたかったのに。」
ジェームス「僕が選ばれたのは、僕がロケット花火のように真っ赤で豪華だからさ!」
ナレータージェームスが得意気に田園地帯を横切って行く。」
ジェームス「赤くて最高!赤くて最高!」
ナレータージェームスは嬉しそうにハミングする。ジェームスにとっても素晴らしい日だ。石炭工場に着いたトーマスは面白くない。」
トーマスジェームスの奴め!」
ナレータートーマスは構内の貨車に八つ当たりした。ジェームスが花火の貯蔵庫に到着した。ワクワクしている。貨車の準備は出来ていた。貨車の中には花火が安全に積み込まれている。ジェームスは大事な貨車を貯蔵庫を出発した。トーマスは怒りながら最後の貨車を入れ替えた。仕事を終えたので貨車達は喜んだ。ジェームスが楽しそうに走っている。彼は花火の事を考えていた。」
ジェームス「夜空にバーッて開く花火!飛び散る火花!すてきだろうなぁー!」
ナレーター「処が!その時!」
(バーン)
ナレーター「突然ジェームスがストップした。」
ジェームスの機関士「故障だ、助けを呼ばなきゃ。」
ナレータートーマスナップフォードへ戻ってくるとゴードン乗客を降ろしていた。島中からから大人や子供が花火を見物しにやってきたのだ。子供達を見るとトーマスも元気になる。しかしトップハム・ハット卿の顔が曇っていた。」
トップハム・ハット卿ジェームスが故障をした。トーマス御前が行ってジェームスを連れて来てくれ。差も無いと花火大会は中止になってしまう。」
トーマス「えぇ!そんなぁ…!中止になったら、子供達がガッカリしますよ…!」
ナレータートーマスジェームスの救援に向かった。トーマスはでいえん地帯を横切っていく。ライトを付けていても慎重に運転しなければならない。軈てトーマスは線路上で故障しているジェームスを発見した。」
トーマス「やあ!壊れたボイラー君。とても役に立つ思えない姿だな!」
ナレータージェームスは動揺した。だがトーマスジェームスの後ろに付くと前が見えなくなってしまった。」
トーマス「僕の代わりに前方を見てくれよ!」
ナレーター「でも、ジェームスは怒っている。」
ジェームス「僕の事、役に立たないって言った癖に!」
トーマス「でもナップフォード駅に花火が届かないと大会が中止になってしまうぞ!」
ナレータージェームス子供達を悲しませたくなかった。其処でトーマスの為に前方を見ながら一緒に走った。見通しの効く真っ直ぐの線路に着くとジェームスが叫んだ。」
ジェームス「スピードを上げて!」
ナレータートーマスはその通りにした。直ぐに2台は仲直りをして快調に飛ばして行く。トップハム・ハット卿が時計を睨んだ。」
トップハム・ハット卿「遅過ぎるなぁ!もうすぐ子供達の寝る時間だ。」
ナレーターゴードンも心配になって来た。」
トップハム・ハット卿「仕方が無い。花火の打ち上げを中止しよう。」
ナレーター子供達はガッカリしてぞろぞろとゴードン客車に戻って行く。トーマス達はやっと信号の所にやってきた。処が信号が赤になり彼等は停車しなければならなかった。」
ジェームス「何故信号が赤になったんだろう?」
トーマス「多分旅客列車がやって来るんじゃない。」
ジェームス「其れじゃあきっとゴードン子供達を送り返すんだ。」
ナレータートーマスジェームスは酷く焦った。」()
トーマス/ジェームス「僕達は此処だよ~!!」
ナレーター「だけど、誰にも聞こえない…。子供達が全員乗り込んだ。ゴードンは何時でも出発出来る。その時トーマスが名案を思い付いた。」
トーマス機関士さん!ロケット花火を打ち上げて!」
ナレーター機関士は注意深くロケット花火に点火した。勢い良く上がって星空で白列した!」
トップハム・ハット卿「あの花火はスパークリングドラゴンだ!トーマスジェームスに違いない。ゴードン待て!予定通りに花火を打ち上げるぞ!」
ナレーター「交差点の信号が青になった。直ぐにトーマスジェームスが走り出す。軈てジェームストーマスが駅に到着した。子供達は大喜びだ。」
ジェームス「よくやったなトーマス。」
トーマスジェームスも良くやったよ。」
トップハム・ハット卿「2台共よくやったな。」
ナレーター「その夜、トーマスジェームスは一緒に花火を見物した。」
ジェームス「僕らは2台共役に立つ機関車だね。」
トーマス「でも、協力し合っている時が一番役に立つと思うよ。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:マイケル・ブランドン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ジェームス森功至
トップハム・ハット卿青野武
ジェームスの機関士龍田直樹
シリーズ前回
(英語)
エミリーのあたらしいろせんシリーズ前回
(日本)
ハロウィン
シリーズ次回
(英語)
ゴードン、せんせいになるシリーズ次回
(日本)
にわとりがっこうへいく
参照画像・参照はトーマスとはなびたいかい/画像