Top > パーシーのいったとおり


パーシーのいったとおり

Last-modified: 2019-09-16 (月) 16:33:48

フン!おんぼろでグラグラ、まるでトビーその物だ、そんなもんニュースなんかじゃない、お前の馬鹿話に付き合ってる暇は無いね。
パーシーのいったとおり

日本版タイトルパーシーのいったとおり
英語版タイトルPercy Gets it Right
脚本ポール・ラーソン
放送日・2003年10月7日(英国)
・2003年10月23日(米国)
・2004年2月10日(カナダ)
・2004年3月18日(韓国)
・2004年8月28日(日本)
・2004年9月19日(英国:新音楽版)
・2004年10月13日(オーストラリア)
・2004年10月24日(米国)
・2009年9月14日(ハンガリー)
話数180
この話の主役パーシー
機関車紹介トーマスゴードンジェームスパーシー
登場キャラクターAトーマスゴードンジェームスパーシー
登場キャラクターBトビー
登場キャラクターCエドワードヘンリーダックドナルドヘンリエッタ
登場キャラクターDなし
使い回しのみのキャラクターアニークララベル
登場人物Aトップハム・ハット卿パーシーの機関士
登場人物Bパーシーの車掌
登場人物Cトップハム・ハット卿の付き人メイスウェイト駅の作業員茶色い帽子と灰色のトレンチコートの男性パーシーの機関助手シリル
使い回しのみの人物トロッターさんジェム・コール
登場スポットトビーの支線
塔型風車
水車
メイスウェイト駅
ナップフォード操車場
ティッドマス機関庫
あらすじ・地盤が緩んでいる事に気が付いたパーシーは他の機関車やトップハム・ハット卿に話すが、誰も聞いてくれない。或る日、トーマスが夜になっても帰って来ない。心配になったパーシートーマスを探しに行く。
メモ・冒頭では第5シーズンの『トーマスとうわさばなし』、トーマスの機関士がブレーキをかけるシーンでは第4シーズンの楽曲『きょうそうしようよ』の使い回し映像が流れる。
トビー路線をオンボロでグラグラ呼ばわりするゴードン
・この話のトップハム・ハット卿は、パーシーの言う事を聞いてあげない程いい加減な性格で描かれている*1*2
・そればかりか親友のトーマスまでパーシーを無視する*3
パーシーに冷たい態度を取るどころかトーマスの心配すらしないゴードンジェームス*4
ゴードンジェームス後にエミリーにも冷たい態度を取る。
以前、雪に埋もれて全身雪塗れで身動きが執れない際に、罵倒されて救助して貰えずに放置されたが、それでもトーマスを土手から引っ張り出してあげたパーシー
・未公開シーンでは、土砂崩れに突っ込む直前のトーマスが驚いた顔をして走っているシーンと、メイスウェイト駅で土砂崩れを報告しようとしているパーシーが笑顔になっているシーンが存在する。
・この話のヘンリージェームスは『ゴードンとスペンサー』に続いて終始走行しなかった。
台詞ナレーター「収穫期になると、農場の辺りには新鮮なフルーツや野菜の香りが一杯に立ち込める。そして機関車達は嬉しそうに積荷を市場に運ぶ。そんなある日、トビーの路線に霧が立ち込めていた。パーシーが新鮮なトマトを運んで来た。突然パーシーは大きな衝撃を感じた。」
パーシー「もう吃驚したな!何だ今のは!?」
ナレーター車掌が警告の旗を立て機関士が線路を調べた。」
パーシーの機関士「地面がぼろぼろに崩れてる。」
パーシー「大変!すぐトップハム・ハット卿に知らせなくちゃ!」
ナレーターパーシーは大急ぎで戻った。」
パーシー「大事なニュースがあるんだ!トビーの路線の線路がグラグラしてる!」
ゴードン「フン!おんぼろでグラグラ、まるでトビーその物だ、そんなもんニュースなんかじゃない、お前の馬鹿話に付き合ってる暇は無いね。」
パーシー「もう!ゴードンったら、いつも僕の話を聞いてくれないんだから!」
ナレーター「次にパーシートップハム・ハット卿に話した。」
パーシー「あのー!、トップハム・ハット卿
トップハム・ハット卿「後にしてくれパーシー、あぁトーマス、お前は入賞した雄牛を受け取ってくれ、農場はトビーの路線沿いに有る。」
パーシー「でもあそこの線路はグラグラしてますよ。」
トップハム・ハット卿「十分、安全に走れるさ。」
トーマス「じゃあね!パーシー
パーシー「誰も僕の話なんか聞いてくれないんだから!」
ナレータートーマスは、雨の中を用心しながら走って行った。そして農場の雄牛を乗せると直ぐに戻り始めた。ところが雨で線路がもっとグラグラになっていた。突然ガラガラと言う、大音響が響いた。トーマスの機関士が慌ててブレーキを掛けたがもう遅かった!」
トーマス「参ったなぁ!土砂に嵌っちゃった!」
ナレータートーマスは立往生だ。その晩、何時になってもトーマスは戻らなかった。パーシーは気が気ではない。」
パーシートーマスに何か有ったんだ…!!」
ナレーター「然し、ゴードンジェームスは相手にしない。」
ゴードン「心配性のチビめ。」
ジェームス「小煩い奴だ。」
パーシー「お願いです機関士さん、トーマスを探しに行きましょう!!」
パーシーの機関士「よし!すぐに行こう!」
ナレーターパーシーは不安だった。だが、ヘッとライトの光がしっかりと前を照らす。線路がギシギシとなり、グラグラと揺れたが、パーシーは勇気を持って突き進んだ。」
トーマスパーシー!、来てくれたんだ」
ナレータートーマスは友達の顔を見られてとっても嬉しかった。」
パーシー「直ぐに引っ張り出してあげるからね。」
ナレーターパーシーはシュッシュッと煙を吐きながらグイグイ引っ張った。シュッシュッ!グイグイ!シュッシュッ!グイグイ!そしてついにトーマスは土砂から抜け出した。」
トーマス「有り難うパーシー!」
パーシー「役に立てて嬉しいよ!」
ナレーター「夜明け迄に線路は綺麗に片付き、パーシートーマスは家路に着いた。」
パーシートーマスが戻って来たよ!」
ナレーターパーシーが汽笛を鳴らした。」
トーマスパーシーが助けてくれたんだ!」
ナレーター「すると、雄牛も頷いた。」
トップハム・ハット卿「悪かったなパーシー。これからはもっと、お前の話に耳を傾ける事にしよう。」
ナレーターパーシーはとっても嬉しかった。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
パーシー中島千里
トップハム・ハット卿青野武
パーシーの機関士置鮎龍太郎
シリーズ前回(英語)あたらしいなかまエミリーシリーズ前回(日本)ソルティーとあらし
シリーズ次回(英語)ビルとベンとファーガスシリーズ次回(日本)オリバーとゆきだるま
参照画像・参照はパーシーのいったとおり/画像





*1 しかし、トーマスの報告により、ラストでパーシーに謝った。
*2 トーマスに対しても同じ様な態度を取る。
*3 その為、バチが当たった。
*4 ゴードンは「バルジーとニワトリ」、ジェームス第6シーズンの『パーシーとゆうれいこうざん』に続いて終始笑わなかった。