Top > ビルかな?ベンかな?


ビルかな?ベンかな?

Last-modified: 2020-01-11 (土) 22:43:15

「君達そっくりじゃないか!僕を騙したんだね!僕より速い訳じゃなかったんだ!」
ビルかな?ベンかな?

日本版タイトルビルかな?ベンかな?
英語版タイトルBill or Ben?
脚本アンドリュー・ブレナー
放送日・2013年10月4日(英国)
・2013年11月1日(オーストラリア)
・2014年1月12日(日本)
・2014年3月18日(米国)
・2014年4月6日(ハンガリー)
・2014年11月26日(ドイツ)
・2014年12月1日(スペイン)
・2017年1月18日(韓国)
日本話数第414話
第26話(シーズン内)
第17シーズン最終話
英国話数第403話
第15話(シーズン内)
シーズン第17シーズン
この話の主役ビルベンコナー*1
登場キャラクターAトーマスヘンリービルベンコナービクターケビン
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCロージーウィンストン貨車
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物Bウルフステッド・キャッスル駅長ソドー整備工場の作業員ビルの機関士ビルの機関助手ベンの機関士
登場人物C先生野鳥観察者トップハム・ハット卿のお母さんの友人
登場人物D無し
登場スポットウルフステッド城
ソドー整備工場
ヘンリーのトンネル
ヴィカーズタウン橋
カーク・ローナン分岐点
ナップフォード操車場
あらすじビルベンは最速の流線型の機関車コナーに遭遇する。彼をスピード自慢の自惚れ屋だと思い込んだ双子は彼を騙そうと悪戯を仕掛ける。ところがその事がバレてしまい、腹を立てたトップハム・ハット卿は…。
メモビルベン第7シーズンの『ビルとベンとファーガス』以来、久々の主役回と同時にいたずら好きな性格を見せる。
ビルベン、初めてコナーと対面&会話する。
・『ヒロといたずらかしゃたち』に続いて、コナーが登場してケイトリンが登場しない回でもある。
トーマスが登場するのは冒頭のみ。
バルジージェームスレニアス続き、違う色に塗り替えられるビルベン
ビルベン、初めてビクターケビンと対面する。
ボコゴードンソルティークランキーファーガスハーヴィーポーターパーシー続いて、ビルベンから煽てられるコナー
コナー、初めてトップハム・ハット卿から説教を受ける。
コナーはこの話から数年後、今度はトーマスと衝突しそうになる。また、ヘンリーは今度はジェームストビーと衝突しそうになる*2
・この話のヘンリーは『せんろをさがすトーマス』に続いて終始笑わなかった。
前回で終始ランプを装着していなかったヘンリー、この回から装着された状態に戻る。
台詞ナレータービルベンは双子のタンク機関車だ。彼等はとてもよく似ている。何処から見てもそっくりだ。」
ビル「ウフフフッ!おはようベン。イヒヒヒヒッ!」
ベン「ウフフフフッ!おはようビル。」
ナレーター「彼らのボディには名前のプレートが付いている。どっちがビルで、どっちがベンか分かるようにだ。自分達がそっくりなの利用してビルベンは皆に良く悪戯をしていた。ある日ビルベンは一緒になって線路を走っていた。すると、一台の機関車が分岐点を猛スピードで駆け抜けて行った。ビルベンは凄く驚いた。」
ベン「今のは誰ビル?」
ビル「さあ分からないよベン?」
ビルトーマス、さっき走って行った凄く速いのは誰だい?」
トーマス「あれはコナーだよ。流線型のボディでスピードは出せる。メインランドからお客さんを乗せてるんだ。」
ベン「彼奴はきっと物凄く生意気だね。」
ビル「あんな風に走って皆を驚かせてるってさぁ。」
トーマスコナーは生意気なんかじゃないって、とても優しい性格なんだよ。」
ナレーター「でもビルベンは話を聞いていなかった。ビルベンヘンリーのトンネルを通っていると。」
コナー「やあこんにちは!」
ナレーターコナーが今度は逆の方向に走り過ぎて行った。」
ベン「またさっきの彼奴じゃないかビル。」
ビル「そうだと思うよベン、よーし、あの生意気なスピード自慢をちょっと懲らしめてやろうベン。」
ベン「それは良い考えだねビル、ウフフフッ…!」
ナレーター「こうしてビルベンコナーに悪戯を仕掛ける事にした。暫くするとコナーメインランドから橋を渡って来た。ビルコナーを待っていた。」
ビル「やあ!、とっても速い君!」
コナー「こんにちは!、コナーだ!」
ビル「僕はビルだよ!。僕と競争して見ないかい?、一緒にウルフステッド城までさぁ!」
コナー「それは如何かなビル、僕が速すぎて勝負にならないよ、でもピストンを1つしか使わないなら。」
ビル「ピストンを1つだけ!?、それじゃ駄目だ!。本気で走ってくれないと僕のスピードに驚く筈だよ!。物凄くねぇ!」
コナー「分かったよビル、君がそこまで言うなら」
ビル「スタート!!」
ナレーター「彼等は同時に走り出したがビルはすぐコナーに引き離されてしまった。」
コナー「何を考えてるんだろう?流線型のボディでとっても早いこの僕に、スピードで勝てる訳無いのに。」
ナレーターウルフステッド城に着いたコナーは思わず吃驚した。」
コナー「えっ!?」
ベン「如何してそんなに遅かったの先に着いていると思ったんだけど、フフフッ…!」
ナレーターコナーはそこに居るのが同時に走りだしたビルだと思っていた。だがそれはビルではなくベンなのだ。」
コナー「あの…どうやってここまで来たんだい、僕を追い抜かしてないだろ。」
ベン「アハハハ!、きっと僕があまりに速く走っていたから抜かされたのに気が付かなかったんだ。気にする事無いさぁ、又競争しても良いよ。橋まで戻ろう、如何だい?」
コナー「良いとも!」
ナレーター「彼等はまた競争する為、位置に着いた。」
ベン「スタート!、イヒヒヒヒッ…!」
ナレーター「今度こそコナーは絶対勝つつもりでいた。ところが小さな機関車に勝事に考えていて、赤信号をウッカリ見落としてしまった。気付いた時にはもう遅かった。問題が起きた。」
コナーヘンリー、危ない!」
ヘンリー「うわぁ!」
ヘンリーコナー!もっと気をつけて走ってよ!ぶつかりそうだったじゃないか!」
コナー「ふぅ~。」
ナレーターコナーがホッとしたのも束の間、丁度そこへトップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿「君が働いているメインランドでもきっとそう思うが、このソドー鉄道では安全が何よりも大切だ。何処の誰で有ろうと赤信号を無視する事は許されないぞ。」
コナー「本当にすのません、今後は気を付けます。でも…(汽笛)オッ!」
ナレーター「そこへビルがやって来た。」
ビル「あれっ?おやおや?一体何が有ったんですか?」
ナレーターベンもやって来た。」
ベン「あれっ?おやおや?コナーが故障でもしたんですか~?」
コナー「あっ、君達そっくりじゃないか!僕を騙したんだね!僕より速い訳じゃなかったんだ!」
トップハム・ハット卿「またビルベンか!やっぱり君達が何か仕出かしていたんだなぁ!もうこれ以上君達の困った悪ふざけを見逃す訳にはいかないぞ!」
ビルベン「あぁ~」
ナレータートップハム・ハット卿の指示でビルのボディを違う色に塗り直される事になった。これで漸く皆がビルベンを見分ける事が出来る。」
ビクター「やぁ、ビル!お前さんを待ってたぞ!ペンキを塗り直しに来たんだろう?」
ビルビルじゃない。ベンだよ!違う色になるのはベンだ。呼んでくるよ。」
ビクター「こら、待ちなさい!私を騙そうとしてるだろ?トップハム・ハット卿の言っていた通りだ!」
ビル「あ~あ。」
ナレーター「こうしてビルのボディは、違う色になった。」
ベン「アハハハハハッ…!、おー!、似合ってるじゃないか!」
ナレータービルは不満だった。ベンとも見分けが着く様になり、ちっとも面白くない。でもその時ベンは良い事を思いついた。」
ビル「アッ!、アー!」
ナレーター「次の日、ベンビクターが居ないソドー整備工場へやって来た。」
ベン「やあケビン、僕はビルだ。ペンキを塗り直しに来たんだ。トップハム・ハット卿に言われてね。」
ケビンビル!?、でもビルなら、昨日塗り直した筈ですよ。」
ベン「何だって!、そんな筈無いじゃないか、もし昨日塗り直していたらとっくに違う色になってると思うけどなぁ。」
ケビン「あ~!、じゃここで待っててください。もうすぐボスが戻りますから。」
ベン「だったらいいよ!。君のせいでペンキを塗ってもらえないってトップハム・ハット卿に言っちゃおうかな!」
ケビン「駄目!言わないで!んー…、ペンキを塗り直したらいいですねぇベン。」
ベンベンじゃなくてビルだ。」
ケビン「ですね…ビル
ビル「そのボディ良いねぇベン!良く似合っているよ!」
ベン「君もよく似合っている!」
ビルベン「アハハハハッ…!」
ビクター「一体これはどうなってるんだ!ケビン!」
ナレータービクターが戻って来たときはもう手遅れだった。ビルベンはすっかり同じ色になっていたのだ。」
ビルベン「アハハハッ!」
ベン「吃驚した!」
ビル「じゃあねぇ」
ビクター「はぁ~!」
ケビン「すんませんボス…。」
ナレータービルベンが一緒に走っているとコナーが居るのが見えた。」
ベン「ホーラ、見てよビルコナーだよ。違う色になった僕らとまた競争してくれるかな?」
ビル「ねぇーベン、最初に塗り直してもらったのは僕だったよね。ソドー整備工場まで競争するか聞いてみるよ。やあコナー、僕が誰か分かる?また競争しない?」
コナー「ふ~ん、確か青い色になったのはビルだけの筈、良いよ。」
ビルソドー整備工場まで走ろうか。」
コナー「まあ先に向こうで待ってるから!」
ビル「僕の方が早いかも知れないよ?ふふふふっ。」
英国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスベン・スモール
ヘンリー/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ビルベンジョナサン・ブロードベント
コナージョナサン・フォーブス
ビクターデヴィッド・ベデラ
ケビンマット・ウィルキンソン
米国版CVナレーターマーク・モラガン
トーマスマーティン・シャーマン
ヘンリー/ケビン/トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
ビルベンジョナサン・ブロードベント
コナージョナサン・フォーブス
ビクターデヴィッド・ベデラ
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
ヘンリー金丸淳一
ビルベン下屋則子
コナー河本邦弘
ビクター坂口候一
ケビン河杉貴志
トップハム・ハット卿納谷六朗
シリーズ前回パーシーのおまもり
シリーズ次回
(英語)
ソドーとうをまもるしょうぼうしゃシリーズ次回
(日本)
たよりになるエドワード第18シーズン





*1 厳密には、準主役。
*2 詳細は第18シーズントビーとしんごう』と第21シーズンはやいぞ!あかいきかんしゃ!』を参照。