Top > フォッグマン


フォッグマン

Last-modified: 2019-07-16 (火) 20:34:31

「気をつけて!」
フォッグマン

日本版タイトルフォッグマン
英語版タイトルThe Fogman
脚本(原案)デヴィッド・ミットン
(脚本)ジョナサン・トルーマン
放送日・2002年9月23日(英国)
・2002年10月28日(オーストラリア)
・2003年1月18日(日本)
・2003年1月20日(カナダ)
・2004年2月17日(韓国)
・2009年9月3日(ハンガリー)
話数137
この話の主役シリルトーマス
登場キャラクターAトーマスパーシートビーゴードンジェームス
登場キャラクターBアニークララベルヘンリエッタ
登場キャラクターCヘンリーテレンスクランキー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿トーマスの機関士トーマスの機関助手パーシーの機関士トビーの機関士シリル
登場人物Bファーマー・フィニー
登場人物Cトップハム・ハット卿の付き人パーシーの機関助手作業員
登場人物D無し
登場スポットブレンダム港
灯台
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ミスティー・バレー線
霧の谷
シリルの小屋
あらすじ・フォッグマンを勤めるシリルの役割は、起爆装置で機関車に霧を知らせる事。ところが、機械の導入によりリストラの危機に陥ってしまう。
メモ・フォッグホーンの音がデリックと後のソルティーの警笛に近い。
田中亮一さんのシリルの声、進藤尚美さんのトーマスの機関助手の声はこの話で最初で最後となる*1川津泰彦さんは2役担当。
・この話のヘンリー第5シーズン3だいのトラック』、ゴードン第5シーズンゆき』、ジェームス第5シーズンうしろむきのトード』に続いて終始笑わなかった。
・落石により押し潰され目茶苦茶に壊れたフォッグホーン。
・当初はシリルをクビにしようとしたが、機械による自然災害を機にシリルに仕事を継続させるトップハム・ハット卿
・この出来事から数年後トップハム・ハット卿は再び購入した新商品ソドー島を混乱の渦に引き込む。
・この話のヘンリーゴードンは『ジャックフロスト』、ジェームスは『ねむれないクランキー』、テレンス第5シーズンいわのボルダー』以来終始走行しなかった。
台詞ナレーターソドー島は冬だった。今年初めての霧が海から流れ込んで来る。トーマスアニークララベルは静かな霧の谷が大好きだ。しかし岩が線路に落ちて来るので、用心しなくてはならない。フォッグマンのシリルの仕事はとても重要だった。濃い霧が発生した時、線路に信号雷管を仕掛けて機関車に知らせるのだ。」(起爆音)
トーマス「うわぁぁっ!!」
ナレーター信号雷管に乗るとトーマスはビクッとする。」
トーマス「車軸が諤々するよ!!」
トーマスの機関士シリルが仕掛けておいてくれたんだよ。前方に霧が発生している。スピードを落とそう!」
トーマス「有り難うシリル!」
シリル「気を付けて!」(初台詞)
ナレーター「その晩、トップハム・ハット卿珍しい物を持って来て、機関車達に披露をした。とても大きくて不思議な形をしている。」
パーシー「それ、何ですか?」
トップハム・ハット卿「新しい発明品、『鉄道用フォッグホーン』と言う物だ。霧の発生を皆に知らせる。こうだ。」(フォッグホーン音)
パーシー「うーん、何てけたたましいんだ!!」
ジェームス「音が大き過ぎるよ!」
ゴードン「まるでタグボートみたいな音だ!!」
ナレータートーマスは心配になった。」
トーマス「それじゃあ、シリルの仕事はどうなるんですか?」
トップハム・ハット卿シリルも年だ。これからはゆっくり休んで貰おう。それに、このフォッグホーンの方がずっと頼りになるぞ。」
トーマス「可愛そうなシリル…。クビになっちゃうんだ…」
ナレーター「翌日パーシーが、霧の谷をご機嫌で走っていると…。」(フォッグフーン音)
パーシー「煩いなぁ!あのフォッグホーンが大きな音を出すから、ドームがガタガタするよ!車軸がガクガクする方がよっぽど良いや!」
パーシーの機関士「兎に角スピードを落とそう。前方が霧だ。」
ナレーターフォッグホーンが大きな音を立てていたので、斜面が振動しているパーシーが見えなくなった瞬間、岩が次から次へと落下して来た。あっと言う間に線路が塞がれてしまった。フォッグホーンも潰されてる。そう遠くない所をトーマスが時間通りに走って来た。」
トーマス「うわぁ!!どうしよう!!前が全く見えないよ!!」
ナレータートーマスが考える間も無く…!」
トーマス「うわぁっ!!?一体如何なってるんだ!!?如何してフォッグホーンが鳴らなかったの!!?」
トーマスの機関士「さぁ、わからないよ...!でも、怪我人が出なくて良かった・・・!」
トーマスの機関助手「大変だ、もうすぐトビーがやって来るぞ・・・!!」(進藤尚美さんのトーマスの機関助手の最初で最後の台詞。)
トーマス「霧を知らせる警報を出さないと、トビーが突っ込んで来るぞ・・・!!」
シリル「私に任せてくれー!!」
ナレーター「霧の中から声が響いた。」
トーマスシリルだ!間に合ってくれると良いんだけど…」
ナレータートビーヘンリエッタが走って来る。」
トビー「次の駅で給水出来るぞ・・・!」
ナレーター「その瞬間・・・!!」(起爆音。)
トビー「うわぁ!!起爆装置だぁ・・・!!」
トビーの機関士「前方に霧が発生してるんだ!スピードを落とそう!!」
ナレーター「車軸を諤々させて、次のカーブを曲がると、トビーはほっとした。あの起爆装置が無ければトーマスに激突していただろう。すぐに辺りは片付けられトーマスは線路に戻った。」
トーマス「もし、シリルが居なかったら、トビーは僕よりもっと酷い事故になっていたかも知れません。」
トップハム・ハット卿シリルの代わりをフォッグホーンにしないで、フォッグホーンの代わりをシリルにして貰う。その方がずっと頼りになるからな!」
シリル「有り難うございます・・・!トップハム・ハット卿・・・!」(田中亮一さんの演じるシリルの最後の台詞)
トビーシリル、有り難う!!」
トーマス新しい発明品も凄くいいけど…。」
パーシー「車軸が諤々しないとつんまないや!!」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターアレック・ボールドウィン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
パーシー中島千里
トビー/パーシーの機関士川津泰彦
トップハム・ハット卿青野武
トーマスの機関士小林俊夫
トーマスの機関助手進藤尚美
トビーの機関士佐藤佑暉
シリル田中亮一
シリーズ前回(英語)ヴィンテージトラックのエリザベスシリーズ前回(日本)トビーとこひつじ
シリーズ次回(英語)やりすぎたジャックシリーズ次回(日本)ジェットエンジンのトーマス
参照画像・参照はフォッグマン/画像





*1 現時点で、女性声優が乗務員の声を担当するのは、このエピソードのみ。