Top > 別の鉄道の機関車


別の鉄道の機関車

Last-modified: 2019-04-10 (水) 20:55:42

原作第12巻の別の鉄道の機関車

名前別の鉄道の機関車
英名The Foreign Engine/Big City Engine
性別
黄緑色(車体&炭水車&屋根)+(ライン&バッファービーム)+(煙突&除煙板)+銀色(車輪&バッファー)
車軸配置4-6-0
所属鉄道ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道イギリス国鉄
分類蒸気機関車
テンダー機関車
原作初登場巻第12巻『八だいの機関車』第2話「ゴードン、ロンドンへ/ゆうめいになったゴードン」
TV版初登場シーズン第3シーズンGordon Goes Foreign』(※キャンセル作品)
原作初台詞「キングズ・クロスだって?ロンドンの駅はユーストンだよ。そんな事、誰だって知ってるよ。」
説明イギリス国鉄の大型テンダー機関車
ゴードンダックロンドンの駅について意見が食い違い*1、口論になった*2
・TV版ではヘンリーの模型に新しい顔と除煙板を着けてこの機関車にする予定だったが、結局この話の製作自体が見送られた*3
性格・もったいぶっていて、少し自惚れ屋。
・頑固で融通が利かない。
モデルパトリオットクラス蒸気機関車ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道
玩具木製レールシリーズ
テイクンプレイ
参照画像別の鉄道の機関車のモデル機





*1 元の所属鉄道がLNERGWRLMSでそれぞれが違う中央駅だった為。
*2 彼自身はユーストン駅ロンドンの駅だと主張した。
*3 シナリオが子供達にはわかりにくい為。