汽車のえほん

Last-modified: 2021-08-14 (土) 16:22:45

説明
・『汽車のえほん(The Railway Series)』は、架空の島ソドー島の鉄道を題材にした絵本シリーズ。
・TVシリーズ『きかんしゃトーマス』の原作。
・1942年、ウィルバート・オードリーの息子クリストファーがはしかを患っている間、息子を退屈させない為に、ウィルバートが彼に話した物語が起源。
・1945年5月12日に第1巻『三だいの機関車』が出版され、初版22,500部がすぐに完売し、年末までにさらに重版する事も決まった。
・第1巻出版後、ウィルバートは、クリストファーが本来希望していたゴードンの模型の代わりとして青いタンク機関車の模型をプレゼントした。これが後の「トーマス」であり、クリストファーはトーマスについての物語を要求し、これらの物語は第2巻にして最も有名な本である『機関車トーマス』として出版された。
・当初ウィルバートは、第2巻で執筆を終えるつもりだったが、ウィルバートが想定していなかった程の人気があった為に、最終的に1972年まで26巻出版された。
・その後、息子のクリストファーが執筆を引き継ぎ、一時休止期間はあったものの、その後16冊の物語を執筆し、2011年に最終巻が出版された。
・邦題は新装版のものを記す。旧版の邦題については各巻の項を参照。


ウィルバート・オードリー
邦題原題発行(英国)発行(日本)
1三だいの機関車The Three Railway Engines1945年1973年
2機関車トーマスThomas the Tank Engine1946年
3赤い機関車ジェームスJames the Red Engine1948年
4がんばれ機関車トーマスTank Engine Thomas Again1949年
5やっかいな機関車Troublesome Engines1950年
6みどりの機関車ヘンリーHenry the Green Engine1951年
7機関車トビーのかつやくToby the Tram Engine1952年1974年
8大きな機関車ゴードンGordon the Big Engine1953年
9青い機関車エドワードEdward the Blue Engine1954年
10四だいの小さな機関車Four Little Engines1955年
11ちびっこ機関車パーシーPercy the Small Engine1956年
12八だいの機関車The Eight Famous Engines1957年
13ダックとディーゼル機関車Duck and the Diesel Engine1958年
14小さなふるい機関車The Little Old Engine1959年
15ふたごの機関車The Twin Engines1960年
16機関車トーマスのしっぱいBranch Line Engines1961年1980年
17ゆうかんな機関車Gallant Old Engine1962年
18がんばりやの機関車Stepney the "Bluebell" Engine1963年
19山にのぼる機関車Mountain Engines1964年
20100さいの機関車Very Old Engines1965年
21大きな機関車たちMain Line Engines1966年
22小さな機関車たちSmall Railway Engines1967年
23機関車のぼうけんEnterprising Engines1968年
24機関車オリバーOliver the Western Engine1969年
25きえた機関車Duke the Lost Engine1970年1981年
26わんぱく機関車Tramway Engines1972年




関連書籍
タイトル発行
The Railway Series:Surprise Packet1972年
The Island of Sodor:Its People, History and Railways1987年
Sodor:Reading Between the Lines?2005年