アンドリュー・ロイド・ウェバー の変更点

&attachref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/97/Upiorwoperze_ALWebber_%28cropped%29.jpg,nolink,250x140,130%,アンドリュー・ロイド・ウェバー);
&attachref(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/97/Upiorwoperze_ALWebber_%28cropped%29.jpg,nolink,140x140,130%,アンドリュー・ロイド・ウェバー);
|~名前|アンドリュー・ロイド・ウェバー/ロイド=ウェバー男爵|
|~英名|Andrew Lloyd Webber/Baron Lloyd-Webber|
|~性別|男|
|~生年月日|1948年3月22日(74歳)|
|~出生地|イングランド ロンドン|
|~説明|・[[イギリス]]の劇作家、作曲家。&br;・代表作に『ジーザス・クライスト・スーパースター』『エビータ』『キャッツ』『オペラ座の怪人』『サンセット大通り』などがある。&br;・1973年にミュージカル仕立てのセルアニメシリーズとしての『[[汽車のえほん]]』の[[映像化>きかんしゃトーマス (1976年)]]を出版社に持掛けた。&br;・[[ウィルバート>ウィルバート・オードリー]]らと良好な関係を構築しようと試みたが、製作費を調達するために出版社に出版権などの譲渡を要請したことから関係に溝ができ、[[映像化>きかんしゃトーマス (1976年)]]計画は見送られた。((最終的に1976年上演ミュージカル『エビータ』を成功させ舞台制作に活動範囲を絞ることとなった為))&br;・1977年に『[[汽車のえほん]]』に登場する「''Really Useful Engine''」(役に立つ機関車)というフレーズを捩った「''Really Useful Group''」という会社を設立した。&br;・1984年に擬人化した鉄道車両が登場するミュージカル『スターライトエクスプレス』を製作、上演した。|