日本の電車 の変更点


&attachref(./日本の電車.jpg,nolink,250x140,130%,Thomas' YouTube World Tourの日本の電車);
|~名前|日本の電車|
|~英名|The Japanese Engines|
|~性別|男|
|~色|&color(#FFF3B8){薄いクリーム色};(車体)+&color(#D70035){真紅};(ライン&連結カバー)+&color(Silver){銀色};(ライン&ライト&紋章)+&color(Gray){灰色};(排障器)+&color(#F6B483){灰朱色};(ライト)|
|~車軸配置|Bo-Bo|
|~所属鉄道|[[日本国有鉄道]]|
|~分類|・[[電車]]&br;・[[他国の鉄道車両]]|
|~YouTube限定動画初登場エピソード|[[Thomas' YouTube World Tour]]『[[Thomas Travels to Japan]]』|
|~説明|・[[日本]]の鉄道を走る、ボンネット付きの特急[[電車]]。&br;・2台の関係は兄弟もしくは他人同士なのかは不明。&br;・[[オーストラリアのガーラット機関車]]と同様、正式な名前が付けられていない。&br;・[[ピップ]]と[[エマ]]や[[マイティマック]]の様に背中合わせでは無く、それぞれ個別の車両である。&br;・作中とは違い、実車の線路幅は狭軌である。&br;・連結器カバーが被せられている。&br;・[[CGアニメ]]に登場した[[0系新幹線>ケンジ]]と比べ、忠実に再現されている(([[ケンジ]]の場合は窓に帯状のラインが描かれていない。))。|
|~説明|・[[日本]]の鉄道を走る、ボンネット付きの特急[[電車]]。&br;・2台の関係は兄弟もしくは他人同士なのかは不明。&br;・[[オーストラリアのガーラット機関車]]と同様、正式な名前が付けられていない。&br;・[[ピップとエマ]]や[[マイティマック]]の様に背中合わせでは無く、それぞれ個別の車両である。&br;・作中とは違い、実車の線路幅は狭軌である。&br;・連結器カバーが被せられている。&br;・[[CGアニメ]]に登場した[[0系新幹線>ケンジ]]と比べ、忠実に再現されている(([[ケンジ]]の場合は窓に帯状のラインが描かれていない。))。|
|~性格|・笑顔を絶やさないが、あまり友好的ではなく無愛想。&br;・警戒心が強い。&br;・[[トーマス]]と出会って友達になる前は''&color(Red){英語};''が解らなかったらしい((実際、[[トーマス]]が''&color(Red){英語};''で挨拶した時は無言で去って行ったが、[[トーマス]]が''&color(#E2E2E2){日本語};''で挨拶した時に笑顔で答えている。))。|
|~その他の経歴|・通常はパンタグラフから電気を通じて走るのだが、作中では何故か架線がないのに走れている。&br;・[[トーマス]]は、そのスピードに驚いた。&br;・[[トーマス]]は吊り目と初めて出会った時に挨拶したが、相手が速すぎて素通りされた。&br;・2回目に吊り目に出会った時は、何故か素通りされた。&br;・3回目に出会った時は、垂れ目と一緒に止まっていたが、何故か[[トーマス]]を無視して、[[トーマス]]が先に出発すると追いついて&color(#00B5FF){''「こんにちは」''};・&color(#F6B483){''「こんにちは」''};と挨拶した。|
|~モデル|[[481系電車]]([[日本国有鉄道]])|
|~その他CV|・[[マーク・モラガン]]([[Thomas' YouTube World Tour]])|
|~参照画像|&attachref(./日本の電車2.jpg,nolink,210x120,130%,困ってる日本の電車);&attachref(./489系(臨時).jpg,nolink,190x120,130%,日本の電車のモデル機);|