Thomas and his Friends

Last-modified: 2022-09-09 (金) 03:36:46

Thomas and his Friends

タイトルThomas and his Friends
作者クリストファー・オードリー
挿絵クライヴ・スポング
発行2011年7月6日
登場キャラクターAトーマスヘンリーゴードンジェームスパーシートビーダグラスピップとエマ
登場キャラクターBドナルドアニークララベル
登場キャラクターCエドワードダックデイジーボコ
登場キャラクターDバーティー(言及のみ)、ピール・ゴッドレッド線の電気機関車(言及のみ)
登場人物A太っちょの局長消防隊王子
登場人物Bなし
登場人物Cなし
登場人物Dエリザベス女王(言及のみ)、ほっそり牧師(言及のみ)
収録話Thomas and the Swan
ある日、トーマスが川沿いの駅を出ようとすると、前方の橋の上に何か白いものが見える。新聞だと思ったトーマスは、その束の中から頭と長い首が出てくるのを見る。それを見て、トーマスたちは、それが翼の折れた白鳥であることに気づく。白鳥はトーマスの機関室に乗せられ、最寄りの駅に運ばれ、獣医の手術室へと運ばれる。数日後、彼らは白鳥を解放する。トーマスは、太っちょの局長や他の機関車から、その救助を祝福される。
Buffer Bashing
ジェームスと仕事をしていたドナルドだが、ある朝ドナルドは凍っていた線路で滑ってしまい、古い緩衝器に突っ込んで壊してしまう。その3日後、ドナルドの代わりに手伝いにきたダグラスが新しく付け替えたペンキが塗りたての緩衝器に突っ込み、壊すだけでなく、フロント部分が歪んだ上に車体に赤いペンキが付着してしまう。そしてそのダグラスに緩衝器を壊され、緩衝器の修理作業をしてきた作業長は彼をドナルドだと勘違いし、「3日もかかったんだぞ!」と激怒しながらペンキの刷毛を振り回し、ダグラスの鼻に赤いペンキを付けて八つ当たりされている所をダグラスジェームスに救助されるのだった。
Gordon's Fire Service
本線で列車を引いていたゴードンが停車中、橋の下から赤い光が見えてくる。トラクターが積んでいた干し草の俵に火がつき、その火が草むらの土手にまで広がり始めたのだ。ゴードンの乗務員が消火活動を行うが、効果はない。そこでゴードンは、運転台の中にあるホースが使うという素晴らしいアイデアを思いつく。機関士と機関助手はすぐに作業に取り掛かり、すぐに火は消えた。すぐに消防車が到着したが、すでに火が消えていることを知った消防隊は、ゴードンの機転を称える。ゴードンはその勇気を称えられ、女王の消防勲章を授与された。
Centenary
機関車たちはほっそり牧師の生誕100周年を祝うための準備をしている。ジェームス本土にあるほっそり牧師の胸像を取りに行くことになった。胸像を無事に回収し、ヘンリーのトンネルを通って帰路についたところでトンネルが崩落し、ソドー島本土が遮断されてしまった。ヘンリードナルドダグラスはトンネルを修理するために派遣され、その間すべての列車はクロバンズ・ゲート駅で停車し、バーティーとその仲間たちが本土まで乗客を運ぶことになる。ファークァー機関庫では、パーシートビーに「ほっそり牧師の像が壊れている」と言うが、トーマスが胸像とは何かを説明する。やがて本土で足止めされていたピップとエマは、修理されたトンネルを通る最初の列車として認められる。ティッドマス駅に到着したピップとエマの乗った客車から王子が登場。王子は、ほっそり牧師の胸像を披露し、「太っちょの局長の鉄道のようなものは、他のどこにもないだろう」と誇らしげに宣言する。
説明・原作第42巻であり、『The Railway Series』最終巻。
・最終巻である為、他の本とは異なり、最終話は「THE END」という言葉で締めくくられている。
・この本はウィルバート・オードリーに捧げられており、序文には『In memory of the Rev. W. Awdry(1911 - 1997), without whom none of Thomas' adventures would have been told*1と綴られている。
前巻Thomas and Victoria

*1 Rev. W.オードリー(1911 - 1997)を偲んで。彼なくして、トーマスの冒険は語られなかっただろう。