ガーラット式機関車

Last-modified: 2020-05-17 (日) 02:18:06

名前ガーラット式機関車
英名The Garratt Engine
(車体&炭水車&車輪&屋根&煙突&ランプ)+(バッファービーム)
車軸配置4-8-2+2-8-4
所属鉄道ローデシア鉄道
設計者ハーバート・ウィリアム・ガーラット
分類蒸気機関車
ガーラット機関車
オイル燃焼機関車
関節式機関車
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン第16シーズントーマスとしゃしん』(※写真のみ)
説明・2組の走り装置を別々の車体に設け、その両車の間に跨ってボイラーを搭載した主台枠が首振り構造で載る方式の蒸気機関車
YouTube限定動画に、この機関車とよく似たガーラット機関車が登場している。
・その後、長編第14作に、クワクという名で初登場する。
・当初は日本にもこの機関車が走るはずだったが、第一次世界大戦の影響で日本に上陸する事ができなかった*1
モデルクラス15蒸気機関車(ローデシア鉄道)