シックスティーン

Last-modified: 2020-05-15 (金) 21:33:13

原作第38巻のシックスティーン

名前シックスティーン
英名Sixteen
性別
車体番号16
赤茶色(車体&屋根)+黄色(ライン&字体)+黄色の警戒色(バッファービーム)+利休色(車輪&ランボード)
車軸配置0-6-0ST
所属鉄道スタッフォードシャーの鉄工所
分類蒸気機関車
タンク機関車
原作初登場巻第38巻『Wilbert the Forest Engine』第2話「Cab Over Wheels」
原作初台詞
説明ウィルバートの想い出話に登場した、と同型のタンク機関車
・車体番号が『16』の為、「シックスティーン」と呼ばれていた。
製鉄所で働いていたが、警告を示す看板を無視して土手から滑り落ちた。
・その後、修理されずに放置されていたが、いつの間にか保存クラブに救われて、現在はイギリス本土のどこかで働いているらしい。
・現時点では原作のみの登場で、TV版に登場しない*1*2
性格テレンスウィンストンエースの運転手と同様、好奇心旺盛で危機感が足りない。
モデルハンスレット・戦時標準型タンク機関車
玩具アーテル
参照画像土手から滑り落ちたシックスティーンTrainz版のシックスティーンシックスティーンのモデル機
ウィルバート

*1 ウィルバートとは違い、マガジンストーリーにも登場していない。
*2 余談だが、彼の居た製鉄所長編第13作に登場した製鉄所は全くの別物である。