ヒロのだいかつやく

Last-modified: 2019-02-05 (火) 21:39:05

日本版タイトルヒロのだいかつやく
英語版タイトルHiro Helps Out
脚本シャロン・ミラー
放送日・2010年2月19日(英国)
・2010年2月24日(オーストラリア)
・2010年4月23日(ハンガリー)
・2010年5月7日(ドイツ)
・2010年6月23日(日本)
・2010年10月2日(米国:劇場公開版)
・2010年11月7日(米国:TV版)
・2012年2月25日(ノルウェー)
話数320
この話の主役ヒロ
登場キャラクターAトーマスエドワードパーシーヒロ
登場キャラクターBなし
登場キャラクターCロージーヘンリーゴードンジェームスエミリーアニークララベル
登場キャラクターDスカーロイ鉄道の機関車
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人先生ナップフォード駅長ナップフォード駅の作業員ナップフォード駅のポーターナップフォード駅の作業員
登場人物Cジンジャー髪の男の子灰色のベストを着た女性?茶色いハンチング帽の男性?トーマスの機関士パーシーの機関士ヒロの機関士
登場人物Dマッコールさんトロッターさん
(英国版のみ:ミスター・パーシバル
登場スポットナップフォード駅
石炭ホッパー
ナップフォード鉄橋
沼地の線路橋
丘の草原?
トロッターさんの養豚場
カーク・ローナン分岐点
M.C.バン
タウン・ホール(言及のみ(日本語版では「コンサート会場」))
ブレンダム港(言及のみ)
スカーロイ鉄道(言及のみ)
あらすじ・ある日、トップハム・ハット卿帽子も被らずに慌てた様子でナップフォード駅に来た。今日は大忙しだと言う。今日一日の仕事の細かい指示を、まだ言われていないヒロ達。だが、ヒロトップハム・ハット卿の手を煩わせたくないと思い、代理で皆に細かい仕事の指示を与えるが…。
メモ・英国版ではこの話が第13シーズンの最終話となっている。
・タイトルに『~だいかつやく』と付くのは回で3度目となる。
ヒロ、初めてトップハム・ハット卿から説教を受ける*1
ヒロが勝手に指示を出した影響で混乱してしまった。
ミスター・パーシバルトロッターさんマッコールさんは今回は言及のみ。
パーシーサー・ハンデル続いて責任者?になるヒロ
台詞ナレーター「『鉄道の英雄』どころか、これでは『鉄道の迷惑』でしか無いようだ。」
ヒロ「よく分かりました。『鉄道の英雄』なんかじゃない。役に立つ機関車になりたい。時間をください。私が解決します。」
英国CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマスベン・スモール
エドワード/パーシー/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ヒロ伊川東吾
米国CVナレーターマイケル・ブランドン
トーマス/パーシーマーティン・シャーマン
エドワードウィリアム・ホープ
ヒロ伊川東吾
トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
日本CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
パーシー神代知衣
ヒロ玄田哲章
トップハム・ハット卿納谷六朗
シリーズ前回ミツバチぶんぶん
シリーズ次回(英語)トーマスとキリンシリーズ次回(日本)たのしいみずあそび

*1 後にヒロ再び説教を受ける。