ペンキ屋

Last-modified: 2019-02-04 (月) 20:31:35

名前ペンキ屋/作業員
英名The Painter
性別
第8巻(コート&ワイシャツ)+(ネクタイ)+赤茶色(ベスト)+薄青(ズボン)
第4シーズン茶色(帽子)+薄青紫(シャツ)+(オーバーオール)
第5シーズン(シャツ)+(オーバーオール)
第8シーズン濃灰色(シャツ)+(帽子&オーバーオール)
第19シーズンクリーム色(スーツ&帽子)+(シャツ)+(ネクタイ)+薄灰色(オーバーオール)
マガジン1:(帽子&オーバーオール)+(シャツ)+(スカーフ)
マガジン2:(オーバーオール)+(シャツ)+(スカーフ)
原作初登場巻第8巻『大きな機関車ゴードン』第4話「ペンキとおめし列車」
原作初台詞「お前の汚い煙のせいで、塗りたてのペンキが台無しだ。おまけに、一缶まるまるこぼしちまったよ。また、新しいのを取りに行かなきゃならんじゃないか。」
TV版初登場シーズン第4シーズンじょおうへいかがやってくる
当初の予定では第2シーズンThe Missing Coach
TV初台詞「オゥッ!」
※正式には「あれまぁ!こりゃ飛んだ失敗作だ!はははははっ!!」小林俊夫さん初台詞
「トップハム・ハット卿はもうすぐ居なくなるんだよな。」※CGアニメ並びに、三宅健太さん初台詞
説明ソドー島ペンキ屋
・機関車を塗り直したり塗装の剥げた建造物等を塗る。
ナップフォード駅のガラスドーム屋根を塗り替えていた時にヘンリーが蒸気を出した為、転落した。
・そして、ヘンリーのドームに白いペンキが掛かったのを見て、「飛んだ失敗作」と罵った。
・『じょおうへいかがやってくる』の英国版でのみ転落する際、叫んでいる*1
第19シーズンではペンキの入った缶を線路に落としてしまい、コナーの通過でゴードンが被害を受けた*2
・また、局長室の改装を担当していた。
性格・注意散漫。
・短気で面倒くさがり。
・機関車を酷い目に合わせたり、嘲笑ったりする傾向がある。
・ちょっとした、音でも気にする繊細な性格*3
・マガジンストーリーでは女性に優しいフェミニストな面があり、トップハム・ハット卿からキャロラインの薄汚れたボディを綺麗にしてあげて欲しいとお願いされた時に潔く応じている。
他キャラクターとの関係ゴードンに鬼の形相で睨まれた事がある。
ヘンリー「失敗作」と言って罵倒した事がある。
・マガジンストーリーでキャロラインは彼らのお世話になった事がある。
パーシーを睨んで、嫌な顔を見せた事がある。
人間関係トップハム・ハット卿からの依頼で、薄汚れていたキャロラインのボディや局長室を綺麗にした。
ソドー島の市長と会話はないが、面識はある。
英米版CVロブ・ラックストロー第19シーズン
日本版CV小林俊夫第4シーズン
三宅健太第19シーズン
参照画像参照はペンキ屋/画像?

*1 日本語版では「オゥッ!」と言っていた。
*2 因みに、ペンキ屋は何も被害を受けなかった。
*3 実際、パーシー「トップハム・ハット卿が出て行く」の話を聞いて、思わず小声で叫んだだけで、の方を不機嫌そうな表情で睨んでいた。