ゴードンとせんろのしゅうり の変更点

[[&color(Black){''「此処は通れませんです!次の駅までは通れますけど、そこにはドナルドが止まっているのです。」''};>ダグラス]]
&attachref(http://vignette1.wikia.nocookie.net/ttte/images/4/48/GordonandtheEngineer40.png/revision/latest/scale-to-width-down/800?cb=20150924173532.png,nolink,250x140,130%,ゴードンとせんろのしゅうり);
|~日本版タイトル|>|>|[[ゴードン]]とせんろのしゅうり|
|~英語版タイトル|>|>|Gordon and The Engineer|
|~脚本|>|>|[[ポール・ラーソン]]|
|~放送日|>|>|・2007年9月5日(英国)&br;・2007年9月23日(米国)&br;・2008年3月31日(ドイツ)&br;・2009年4月15日(日本)&br;・2010年5月1日(ハンガリー)&br;・2011年9月10日(オーストラリア) |
|~話数|>|>|264|
|~この話の主役|>|>|[[ゴードン]]|
|~登場キャラクターA|>|>|[[トーマス]]、[[ゴードン]]、[[ジェームス]]、[[ドナルド]]、[[ダグラス]]|
|~登場キャラクターB|>|>|[[バーティー]]、[[ヘンリー]]|
|~登場キャラクターC|>|>|[[アーサー]]、[[エミリー]]、[[アニー]]と[[クララベル]]、[[パーシー]]、[[トビー]]、[[ロッキー]]&br;(英国版のみ:[[ヘンリー]]、[[ジェームス]])|
|~登場人物A|>|>|[[トップハム・ハット卿>バートラム・トップハム・ハット卿]]、[[技師]]、[[建設作業員]]、[[マロン駅長]]、[[灰色コートの信号手]]|
|~登場人物B|>|>|[[ゴードンの機関士]]、[[ゴードンの機関助手]]|
|~登場人物C|>|>|[[バーティーの運転手]]、[[トップハム・ハット卿の付き人]]|
|~登場人物D|>|>|[[大事な乗客]]|
|~登場スポット|>|>|・[[ノランビー漁村]]&br;・[[ブレンダム港]]&br;・[[ティッドマス機関庫]]&br;・[[ティッドマス機関庫の転車台]]&br;・[[アビー駅]]&br;・[[ウェルズワーズ駅]]&br;・[[マロン駅]]&br;・[[信号所]]|
|~あらすじ|>|>|・ある朝、[[トップハム・ハット卿>バートラム・トップハム・ハット卿]]が、信号所のポイントが故障したので、修理に専門の[[技師]]を呼ぶと言い、[[ゴードン]]に、その技師を故障ポイントまで出来るだけ速く運んで欲しいという仕事を頼んだ。急行の線路を走るのが大好きな[[ゴードン]]は、自慢げだった。しかし、自分が乗せた男性が、修理をする[[技師]]ではない事に気づかず、出発してしまった...。|
|~メモ|>|>|・冒頭のシーンは『[[みなとのかくれんぼ]]』と『[[エミリーとゴミあつめ]]』の使い回し映像。&br;・[[ドナルド]]と[[ダグラス]]は[[第7シーズン]]の『[[ロッホじょうのかいぶつ]]』以来、[[アーサー]]は[[第8シーズン]]の『[[さかな]]』以来、久々の登場((但し、[[アーサー]]は台詞無しで冒頭のみ登場。))。&br;・[[津久井教生]]さんがボイスキャストに参加。&br;・この回から[[津久井教生]]さんが[[ドナルド]]と[[ダグラス]]の声を担当する。また、[[津久井教生]]さんは今回[[3>ドナルド]][[役>ダグラス]][[を>建設作業員]]演じている。&br;・[[ヘンリー]]と[[ジェームス]]((英国版のみ。))と[[バーティー]]は台詞無し。&br;・この話の[[ジェームス]]は[[第8シーズン]]の『[[トーマスとエミリーとゆきかき]]』、[[バーティー]]は[[同シーズン>第8シーズン]]の『[[ゴードン、せんせいになる]]』以来、終始笑わなかった。&br;・[[乗客]]が[[1人>技師]]しかいないのに、[[急行列車>急行客車(緑)]]を3両も牽引する[[ゴードン]]。&br;・[[エミリー]][[と>ゴードンとおなじ]][[トーマス]][[に>トーマスときれいなけしき]]続き、[[バーティー]]を見捨てる[[ゴードン]]。&br;・[[マロン駅長]]にタメ口な[[ゴードン]]。|
|~台詞|>|>|・[[ナレーター]]「[[ソドー島]]にはあちこちに線路が敷かれている。ブレンダムの港にも、田園地帯にも線路が続いて居る。そして線路には沢山の信号がある。信号は機関車達が安全に仕事をする為に、とても大切な物だった。機関車達にはそれぞれお気に入りの仕事がある。[[ゴードン]]は急行を牽くのが大好きだった。彼は其れが一番大事な仕事だと思っていた。[[ゴードン]]はいつでも自分が偉いと思っているのだ。或る朝、[[トップハム・ハット卿>バートラム・トップハム・ハット卿]]が[[ゴードン]]の会いに来た。」&br;・[[トップハム・ハット卿>バートラム・トップハム・ハット卿]]「[[ゴードン]]、信号所のポイントが故障した。とても大事な修理なので専門の[[技師]]に来て貰う。君はその[[技師]]を[[マロン駅]]からポイント迄、出来るだけ早く連れて行って貰いたい。」&br;・[[ゴードン]]「心配要りませんよ。俺に任せて下さい。」&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]は[[マロン駅]]に向かった。」&br;・[[ジェームス]]「早くしてくれよ!皆動けずに待ってるんだ!」&br;・[[ナレーター]]「[[ジェームス]]も[[ヘンリー]]も、[[ゴードン]]が急行の線路を走り去るのをただ見ているしか無かった。」&br;・[[ゴードン]]「俺は[[大事な乗客]]を運ぶえらい機関車だ!」&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]は自分がとても役に立つ機関車だと思った。彼は[[マロン駅]]に到着した。ホームには工具箱を持った男性が一人待っていた。」&br;・[[ゴードン]]「あの人がきっと専門の[[技師]]だな。(汽笛)さあ乗ってくれ!直ぐに出発だ!」&br;・[[マロン駅長]]「一寸待ってくれ[[ゴードン]]!バスの[[バーティー]]が他の[[乗客]]を連れて来る所だ。」(初台詞)&br;・[[ゴードン]]「そんな物を待ってられん!とても[[大事な乗客]]を乗せてるんだ!もう出発するぞ!」&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]はとても誇らしげだった。だが、自分が乗せた男性が[[修理する人>技師]][[で無い>建設作業員]]事に気付いていなかった。専門の[[技師]]はまだ、他の[[乗客]]と一緒に[[バーティー]]に乗って居たのだ。」&br;・[[技師]]「大変だ!列車に乗り損ねた!これではポイントの修理が出来ないぞ!」(初台詞)&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]は[[ドナルド]]の横を走り抜け、そして[[ダグラス]]を追い越した。」&br;・[[ゴードン]]「どけ、どけ!偉い機関車のお通りだ!」&br;・[[ナレーター]]「此れを聞いた[[ダグラス]]は腹が立った。[[工具箱を持った男性>建設作業員]]は最高の気分だった。[[乗客]]は誰も居ないし、途中の駅にも止まらずに走り続けてくれるからだ。そして[[ゴードン]]が故障したポイント迄やって来た。」&br;・[[トーマス]]「急いで来てくれて有り難うございます。皆動けなくて困ってたんです。」&br;・[[ナレーター]]「だが、[[工具箱を持った男性>建設作業員]]は訳が分からなかった。」&br;・[[建設作業員]]「私は修理なんか出来ない!私は[[建設作業員]]だ![[港>ブレンダム港]]迄行こうと思っただけだ!!」(初台詞)&br;・[[ゴードン]]「何て事だ!俺は[[別の人>建設作業員]]を乗せて来てしまったんだ!急いで戻って連れて来ないと!」&br;・[[灰色コートの信号手]]「でも、急行の客車を牽いたままじゃ線路を戻って行けないぞ。」&br;・[[ナレーター]]「[[信号手]]が言った。」&br;・[[トーマス]]「じゃあ、僕の線路を使いなよ。」&br;・[[ゴードン]]「そいつはいい考えだ。有り難うよ[[トーマス]]!」&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]はバックすると、自分の客車を外した。其れから[[トーマス]]の線路に入った。そしてその線路をバックで走って行く。だが途中で[[ダグラス]]が線路を塞いでいた。」&br;・[[ゴードン]]「おい!そこを退いてくれ!!俺は大事な客を迎えに行くんだ!!」&br;・[[ダグラス]]「ここは通れませんです!次の駅までは通れますけれど、そこには[[ドナルド]]が止まっているのです。」([[津久井教生]]さんの[[ダグラス]]の初台詞)&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]は反省した。彼の所為で度の機関車も動けないのだ。」&br;・[[ゴードン]]「どうやって迎えにいいんだ…。待てよ!良い事を考えたぞ!他の機関車達に手伝って貰うんだ!」&br;・[[ナレーター]]「[[ゴードン]]は[[ダグラス]]に自分のアイデアを伝えた。そして[[ダグラス]]は[[ドナルド]]の元へ行き、[[ゴードン]]のアイデアを伝えた。」&br;・[[ドナルド]]「それはいい考えでございます。」([[津久井教生]]さんの[[ドナルド]]の初台詞。)&br;・[[ナレーター]]「そして[[ドナルド]]は直ぐに[[技師]]を迎えに行った。[[技師]]はまず[[ドナルド]]に乗り込む、[[ドナルド]]は再び線路を戻って行った。駅まで戻って来た[[ドナルド]]が[[技師]]を降ろす。すると、今度は[[ダグラス]]が彼を乗せて[[ゴードン]]の待つ次の駅へと向かった。こうして[[ゴードン]]は無事に故障したポイントまで[[技師]]を連れてきた。ポイントは直ぐ修理され、機関車達は漸く走れるようになった。」&br;・[[トーマス]]「有り難う[[ゴードン]]!」&br;・[[ナレーター]]「夕方には[[ソドー鉄道>ノース・ウェスタン鉄道]]は元通りになっていた。」&br;・[[ゴードン]]「今日は助けてくれて有り難うよ!俺の様に偉い機関車でも助けが必要な時も有る。たまにな。」|
|~英国CV|>|>|・[[ナレーター]]/他:[[マイケル・アンジェリス]]|
|~米国CV|>|>|・[[ナレーター]]/他:[[マイケル・ブランドン]]|
|~日本CV|>|>|・[[ナレーター]]:[[ジョン・カビラ]]&br;・[[トーマス]]:[[比嘉久美子]]&br;・[[ゴードン]]:[[三宅健太]]&br;・[[ジェームス]]:[[江原正士]]&br;・[[ドナルド]]と[[ダグラス]]/[[建設作業員]]:[[津久井教生]]&br;・[[トップハム・ハット卿>バートラム・トップハム・ハット卿]]:[[納谷六朗]]&br;・[[技師]]:[[仁科洋平]]&br;・[[マロン駅長]]/[[灰色コートの信号手]]:[[金光宣明]]|
|~シリーズ前回(英語)|[[ヘクターってこわい]]|~シリーズ前回(日本)|[[みなとのかくれんぼ]]|
|~シリーズ次回(英語)|[[トーマスとうちゅうせん]]|~シリーズ次回(日本)|[[トーマスとヨット]]|