Really Useful Engines の変更点

&attachref(http://img4.wikia.nocookie.net/__cb20140124064751/ttte/images/thumb/3/3b/ReallyUsefulEnginesCover.png/650px-ReallyUsefulEnginesCover.png,nolink,200x140,130%,);
|~タイトル|Really Useful Engines|
|~作者|[[クリストファー・オードリー]]|
|~挿絵|[[クライヴ・スポング]]|
|~発行|1983年9月12日(英国)|
|~登場キャラクターA|[[トーマス]]、[[ヘンリー]]、[[ゴードン]]、[[パーシー]]、[[ダック]]|
|~登場キャラクターB|[[アニー]]、[[クララベル]]|
|~登場キャラクターC|なし|
|~登場キャラクターD|[[工場のディーゼル]]、[[バーティー]]、[[マーメイド・リバープール]]|
|~登場人物A|[[太っちょの局長>スティーブン・ハット]]、[[トム・ティッパー]]、[[泥棒]]|
|~登場人物B|[[トム・ティッパーの自転車を壊した少年達]]、[[ダックの機関士]]、[[ダックの機関助手]]|
|~登場人物C|[[ヘンリーの機関士]]|
|~内容|・''Stop Thief!''&br;ある日、駅長の家に泥棒が入り、トロフィーを盗み車を奪って逃げた。トーマスは、盗まれた車を見つけ追いかけ、機関士は信号所に逃げた方角へ検問を敷くようメモを投げた。泥棒は捕まり、お手柄のトーマスたちは称賛されるのだった。&br;・''[[Mind that Bike>ゆうびんやとバン]]''&br;パーシーと顔なじみの郵便屋トム・ティッパーは、配達自動車が使えなくなって自転車で郵便を配達していた。ところが子供が立てかけてあった自転車に悪戯し、自転車は走り出したパーシーに轢かれて壊れてしまった。だがトムは新しい自動車が与えられることになったのだった。&br;・''[[Fish>さかなにはきをつけろ]]''&br;ある夜、ゴードンの丘でフライング・キッパーを押すことになったダックだが、貨車のテールランプが外れたため、列車に追突してしまう。局長はダックに事故の責任を詫び、ダックは以前トーマスに魚には気を付けるよう言われていたことを思い出すのだった。&br;・''Triple-Header''&br;急行列車を引っ張る筈のゴードンが故障してしまい、代わりのヘンリーも不調になってしまった。そこでパーシーとダックとトーマスが共同で急行を引っ張るが丘越えでパーシーがギブアップし、3台は疲れ果てながらも駅に着く。|
|~説明|・約10年ぶりの新作。&br;・この巻から作者が[[クリストファー・オードリー]]、作画が[[クライヴ・スポング]]になる。&br;・また、この巻から鉄道の局長が三代目になる。&br;・[[第4シーズン]]で、この内2話が映像化された。&br;・『Stop Thief!』と『Triple-Header』は映像化されなかった。|
|~前巻|[[わんぱく機関車]]|
|~次巻|[[James and the Diesel Engines]]|