アビリティ/【オーバーカム】

Last-modified: 2020-03-14 (土) 18:06:55

KHIII Edit

レイジフォーム以外のフォームチェンジ状態で使用可能なアビリティ。

  • 「Overcome」。効果と照らし合わせて訳すと「打ち勝つ」「負かす」といった意味だろう。
  • 英語版では「Hidden Potential」。「潜在能力」「秘めた可能性」と訳せる。

効果は「強敵と戦う時攻撃力と魔法力がアップする」。
具体的には、攻撃力と魔法力がバトルレベル毎に定められた下限値に満たない場合、その値まで増加させる。
このアビリティの存在により、フォームチェンジをすればLv1の状態でも火力面は問題なくなる。
キーブレードの性能差も気にならなくなるため、フォームやアビリティの差で武器を選ぶことができる。


今作にはそもそも「与ダメージの下限値」の仕様があるため、低レベルプレイ時の火力不足はまず存在しないと言える。
オーバーカムは、この「与ダメージの下限値」をより引き上げる効果とも言える。

  • オーバーカムによって上昇した攻撃力・魔法力は、そのバトルレベルにおける「敵の防御力 + 与ダメージの下限値」を上回る数値となるため、各攻撃の与ダメージ量が通常時よりも確実に大きくなる。

基本的には低レベルプレイ用のアビリティであり、普通にレベルを上げながら攻略するプレイスタイルでは、オーバーカムの恩恵を受けることはほぼない。

  • クリア後のバトルポータルはバトルレベルが高いため、ソラがレベル50程度ならオーバーカムの効果が発揮される可能性はある。

またダメージ計算の都合上、たとえレベル1であっても、序盤のオリンポスとトワイライトタウンではこのアビリティの恩恵を受けることはない。


この仕様によって変形・変身時にダメージが目に見えて違っていると実感するのは、モンストロポリス辺りから。また、ステータスを上げるアビリティな為、物理攻撃はもちろん、仲間との連携、リンクなどのダメージも変わっていく。


オーバーカムによる実質的な与ダメージ下限値は、おおむねバトルレベルに比例して元々の下限値との差が大きくなっていく。
序盤の戦闘では実質的な与ダメージ下限値は+1(2→3 または 3→4)、中盤の戦闘では+2 、キーブレード墓場の真XIII機関戦では+3 、ゲームクリア後のバトルポータルNo.1~14では+4 となる。
基本的には与ダメージ下限値が1.5倍程度に増加すると考えて差し支えないが、一部の戦闘では1.25倍しか変わらなかったりもするなど、ワールドごと(バトルレベルごと)に増加度合いには多少のバラつきがある。


オーバーカムによって攻撃力・魔法力が上昇した場合は、それらの数値に、さらに料理やアビリティ(チャージバーサクなど)によるステータス加算値を加えた値が最終的な攻撃力・魔法力となる
低レベルプレイでは料理によって攻撃力・魔法力が少々増えたところで実質的には何の意味もなさないこともあるが、オーバーカムに料理効果を組み合わせれば、その効果は十分すぎるほどの数字を叩き出せるようになる。
オーバーカムは「料理による攻撃力・魔法力の上昇効果をより強めるアビリティ」という側面も持っているのである。


水中ではフォームチェンジが出来ないため、ザ・カリビアンでの水中戦ボスラスボス戦特定の区間ではこのアビリティの恩恵を受けられない。
この時ばかりは仕方ないので、腹をくくって実力で挑むほかない。