キャラクター/【サリー】

Last-modified: 2022-08-13 (土) 00:47:30

もしかして→キャラクター/【サリー(モンスターズ・インク)】


ディズニー作品「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のキャラクター。
フィンケルスタイン博士に死体から作られた継ぎ接ぎ人形の女性。継き接ぎの部分から腕や足などを切り離し、囮にしたりすることも出来る。
博士の秘書(?)的な存在であり、使い走りをさせられることも。
見た目こそ不気味なものの、変人ばかりのハロウィンタウンの中では割とまともな人物で、原作ではサンディからは「唯一の常識人」という評価を受けている。

  • しかしフィンケルスタインに度々毒を盛ったりしている。

ジャックに想いを寄せているが、それ故に彼の突発的な行動に振り回される事も。
 
CVは土居裕子。
FM版及び北米版における声優はケイス・スシー。


KH

博士が作っている「心」を完成させるために必要な「ワスレナグサ」を所持しており、「ギロチン広場」の端にある階段を上った先にある「棺のある墓地」で出会うことができる。
原作同様、ジャックや博士の行動を心配視している。

  • 墓地で話しかける際、パーティにジャックがいるかいないかで会話内容が変化する。
    ジャックがいるとやんわり「ハートレスと過ごすハロウィン」ではないハロウィンを提案するが、いない場合は直接彼の企画に対する不安を口にする。

COM

ソラの記憶のカードから作られた幻で本人ではない。
ハートレス発生の原因となった「真の記憶を目覚めさせる薬」に対し不安を感じており、その薬を持ち出していた。
そして博士の依頼で来たジャックにその不安な気持ちを話し、それを聞いたジャックも悩んでしまったところにブギーが乱入。薬は奪われてしまった。

KHII

ジャックにお願いされてある人物ソックリの衣装を作るよう頼まれていた。

  • 一週目のエピソード後はジャックはいつもの服からサンタクロースの衣装に着替えて戦うようになる。

サンディ・クローズになるとノリノリのジャックに対し、「良くないことが起こる」と忠告。ソラやサンタにもジャックを止めるよう頼んでいた。
そんな中ブギーが復活し、サンタクロースが誘拐されてプレゼント工場を乗っ取られた時は、千切れた片脚をブギーの足元に投げて注意を逸らしサンタを救出することに成功した。
ニ週目のエピソードで博士の実験体の暴走によってプレゼントが盗まれた原因はプレゼントに心が込められているからだと推測。サンタからのプレゼントでハロウィンタウンに雪が降り困惑するジャックにプレゼントを贈る気持ち、相手を喜ばせたいという心こそ大切だと教えた。ジャックはサリーの手をとり雪の降る中ダンスを踊る。ソラもカイリに何もあげてないことを思い出しながら二人の様子を見守った。

  • 二人のダンスを自分とカイリに重ねながら見守るこのシーンだが、ソラはこのときはまだ成長したカイリを知らないので一年前のカイリと踊る光景を見る。ちょっとアンバランス。
    • ソラが結局一年も故郷に帰れていないことを改めて見せつけられるシーンでもあるので、何となく切ない気分になる。