キャラクター/【フローラ&フォーナ&メリーウェザー】

Last-modified: 2019-09-30 (月) 12:28:35

ディズニー作品「眠れる森の美女」のキャラクター。
エンチャンテッド・ドミニオン出身の3人の妖精。
セブンプリンセスであるオーロラ姫の誕生祝いに祝福を授けたが、その後に現れたマレフィセントがオーロラ姫に呪いをかけたため、3人でオーロラ姫を森の奥深くに匿い、16歳になるまで育てていた。
現在はイェン・シッドの下に身を寄せており、ソラや光の守護者たちが闇と戦うために身に着ける特殊な服の製作を請け負っている様子。

3人とも服にはうるさく、特に色にそれぞれの拘りがある。原作映画では16歳になるオーロラ姫に贈るドレスの色を、自分の服の色と同じものにしようと色を上書きし合って揉めるほど。

  • KHシリーズでもIIでソラの新しい衣装を決める際に同じようなシーンを見ることができる。
  • Uχでもまさにこのシーンが見られる。

同じ世界の出身であるためか、3人ともマレフィセントの恐ろしさをよく知っている。

  • というか映画での話しぶりから察するに、彼女とは「仲の悪いご近所さん」のような間柄なのかもしれない。
    • 原作童話ではマレフィセントも魔女ではなく同族の「ル・フェ(妖精)」なのでそんなものかも。

メンバー Edit

フローラ Edit

赤い服を着た妖精で、妖精たちのまとめ役。
映画「眠れる森の美女」では、妖精たちの中でも最年長ということもあり、重大な決定を行うのは大体彼女の役目。それなりにしっかりしているが、少々詰めが甘い。

  • 「白雪姫」に登場する七人の小人でいうと先生に似た立ち位置や性格をしている。

また、魔法に頼って生活しているため、人間世界の一般常識はあまりない様子。
植物を司る妖精で、オーロラ姫の誕生祝いに「美しさ」を贈った。
 
CVは故・麻生美代子。

フォーナ Edit

3人の妖精の一人で、緑の服を着ている。
楽天的な性格で、物腰も穏やか。映画では赤ちゃんの世話やケーキ作りなど、家庭的なことに憧れていた様子。

  • こちらは七人の小人でいうとごきげんに似た立ち位置や性格をしている。

動物を司る妖精で、オーロラ姫の誕生祝に「綺麗な歌声」を贈った。
 
CVは京田尚子。


マレフィセントに対してすら「そんなに悪い人じゃないかもしれない」と考えていた。また、彼女のことを「愛や優しさ、人を助ける喜びを知らない可哀想な人」とも捉えていたようだ。

  • が、後にマレフィセントにも元々優しい心があった事が実写映画で語られるようになるなど、善悪で区別できるようなキャラクターではなくなっており、奇しくも的を射た発言をしているとも取れる。

メリーウェザー Edit

3人の妖精の一人で、青の服を着ている。
頑固者で気が強いため、フローラとはよく喧嘩になってしまう。
妖精たちの中では最年少ということもあって、少々思慮に欠けた言動が目立つ。が、人間世界の一般常識なら他の二人よりはまし。

  • Uχでは助けてくれたプレイヤーに対し最初はマレフィセントの手の者でないかと疑うも、お礼はきちんと言ってくれる。

また短編アニメーションを見る限り、オーロラ姫に一番甘い態度を取っている。

  • 七人の小人でいうとおこりんぼに似た立ち位置や性格をしている。

天候を司る妖精で、マレフィセントに死の呪いをかけられたオーロラ姫に「死ぬのではなく眠るだけで、愛する人からのキスによって目覚める」という魔法を贈り、彼女を救った。
  
CVは野沢雅子。

  • 今やドラゴンボールの孫悟空役で有名な大御所声優だが、メリーウェザーの声を聞いて野沢氏と気付いた人はどれくらいいただろうか。

マレフィセントのことが大嫌いで、「魔法でヒキガエルに変えてやりたい」と暴言を吐くほど。

  • 他の二人から「私たちの魔法は幸せや喜びのためにしか使えない」とたしなめられても尚、「ヒキガエルに出来たら幸せよ」と不満げにぼやいていた。
    • 因みにマレフィセントの手下レイバンは映画終盤に石に変えてしまった。
      Uχでも城からの脱出の際、原作映画通りレイバンを石に変えている。

KHII Edit

不思議な塔でイェン・シッドの下で仕えていた。
ソラの服がKHIのままなためサイズが小さすぎることに配慮したイェン・シッドに呼ばれ、ソラに新たな服を用意した。
ソラの新しい服装を決める際に彼の服をフローラは赤一色、フォーナは緑一色、メリーウェザーは青一色にしたがったため、3人で張り合ってしまう。

  • 尤も、色は変わってはいたがサイズ及びデザインがそのままであったため、ほとんど意味が無い状態だった。
  • 因みに漫画版ではドレスだの殿様の衣装だのと、色がどうこう以前の問題になっていた。
    • しかし当人たちはやっぱり色について張りあっていたので、ソラには「色よりデザインどうにかして」とぼやかれている。

最終的にフローラの提案で3人一緒に魔法をかけることになり、3人が同時に魔法を放つことでフォームチェンジができるようになるKHIIの衣装が作られた。

  • 上記のように魔法を掛け合っている間はKHIのデザインのままだったが、なぜか3人同時に魔法をかけると服が新たなデザインに変化した。
    黒メインの服は3人とも気に入った様子。
    • この関係か、以降の作品におけるソラの新しい衣装のカラーリングはこれを踏襲したものになっている。
      • ただし、IIの服は黄色や青が大きく入っていてまだ色にばらつきがあり、KHIからの伝統である青いベルトと、黄色と黒の靴以外が黒・赤・灰色の3色をメインに纏まったのはKH3Dから。

ソラ達が不思議な塔から去った後、マレフィセントのローブを持ってきたレイバンの登場によって彼女の復活の予感を感じ、イェン・シッドに知らせるためにその場を去った。

BbS Edit

過去の時系列と言う事で故郷であるエンチャンテッド・ドミニオンにて登場。
奪われたオーロラ姫の心を取り戻すため、ヴェントゥスと共にマレフィセントの城へと向かう。
マレフィセントの城へ続く道にかけられた封印を解く他、ヴェン編ではマレフィセントとの戦いで3人が手助けをしてくれる。

3D Edit

本人たちは登場しないが、マーリンと協力して、「時の流れが違う特殊な場所」でリアがキーブレードを使えるようになるための修業をさせていた。

Edit

ほぼ原作通りに登場。森の奥の家でハートレスに襲われていたところを丁度やってきたプレイヤーに助けられる。
その後、オーロラ姫を城まで送り届ける間の護衛を依頼し、ともに城へ向かう。
オーロラ姫が呪いを受けて眠りについてしまった後、森の中の家に帰ってきた際にフィリップ王子がマレフィセントに捕まったことを知って、王子を助け出すためにプレイヤーとともにマレフィセントの城へ向かうことになる。
マレフィセントの城では王子に剣と盾を与えた。


進化用メダルとしても実装されており、フローラはパワー属性メダル、フォーナはスピード属性メダル、メリーウェザーはマジック属性メダルを☆4及び☆5に進化させる際に必要となる。

KH0.2 Edit

本人たちは登場しないが、ラストでアクアを探しに闇の世界に旅立つリク王様に、イェン・シッドが彼女らからの贈り物として闇に対抗する新たな衣を渡した。

  • KHシリーズの商品でよく使われる王冠マーク、ミッキーマーク、ハートマーク、王冠鍵マークが並んだ、それぞれサイズの異なるおしゃれなトランク入り。
    リクの物はこげ茶に青いマーク、王様の物は赤茶に赤いマークのトランク。
    KHIIIで登場する物はカイリの物はこげ茶にピンクのマーク、リアの物は赤にこげ茶のマーク、ソラの物はこげ茶に白(クリーム色)のマークのトランクになっている。

闇の世界のエンチャンテッド・ドミニオンでは、彼女たちをイメージさせる色の花をマップから探し出す「三妖精に花束を」というチャレンジが存在する。

KHIII Edit

同じく本人たちは登場しないが、彼女たちからの贈り物である新たな衣装がお披露目されている。
彼女達から新しい服をもらったのはソラ・リク・カイリリア・王様の五名。

  • リクと王様は前述の通りKH0.2の時点で貰っていたが、実際に着用している姿がお披露目されたのはIIIでとなった。
  • 「闇に対抗する衣(0.2)」、「闇を払う衣(III)」と言うからには、黒コートの様に闇の侵食から身を守る効果があると思われる。
    • そうでないと今作でソラ(とジミニー)が生身で闇の回廊を多用した者の仲間入りである。

 
ソラ達がオリンポスから不思議な塔に帰ってきたタイミングで、同じように闇の世界からいったん帰ってきたリクたちにマーリンの元へ行くように指示したイェン・シッドが、リクたちにカイリとリアの分の闇を払う新たな衣を二人に渡すように頼んだ。

  • カイリはこの後着替えた姿で登場するが、リアの方は新しい服は着ないままそれまでの黒コート姿で通している(中に着ているかもしれないが)。

ソラの服もこの時渡されるが、ソラの物はKHIIと同じく特殊な能力が秘められているため、用意するのに時間がかかったとのこと。

  • しかしIIの時と違い、今作のソラの服の何がどう特殊なのかという説明は一切ない。