ミニゲーム/【ライトサイクル】

Last-modified: 2021-04-01 (木) 00:15:01

コンピューターの中の世界で行われる、バイクのような乗り物に乗って行う対戦ゲーム。
ゲームエリア内を対戦相手と走り回り、最後まで壁に衝突せず生き残った者が勝者となる。
走行跡が障害壁となって残るため、これを配置して相手を衝突させたり危険な方へ誘導したりといったことが可能。
原作ではチーム戦で行われており、仲間との連携も重要になる。
KHシリーズではストーリー進行に必須なミニゲームとして再現されており、HPが減っても回復を行えないので、難易度によっては結構な壁になる。

余談だがKHIIでは壁にあいた穴から、3Dでは壁にあけた穴からゲームを脱出しているが、どちらも脱出の方法・穴の形状が原作の再現となっている。

KHII

スペース・パラノイドの二周目でプレイすることになる。
ゴールまでたどり着ければクリアになる。○でアタック、□でチャージ、×でガードを行うことができる。

  • 一応、三つのコマンドは3すくみになっていて、アタックはチャージを巻き込みダメージを与え、チャージはガードを貫き、ガードはアタックを防ぐことができる。
    • が、ガードを成功させても敵にダメージは入らないため、ガードをする利点が特になかったりする。

RIGHTと書かれた青い矢印が出ているときにR1かR2を押すと右に、LEFTの矢印が出ているときにL1かL2を押すと左に90度旋回する。

  • この独特の旋回方法に慣れないと、壁にぶつかりまくることになる。ちなみにこの旋回方法は映画と同じである。原作ではゲームをしている間は直線的にしか進めず、左右に寄ることが出来なかったことを考えると、原作よりは操作性が向上しているといえる。
  • マグナローダーソラとの並走を優先するため、ソラが壁に衝突すると一緒に衝突したりする。

攻略のコツはとにかくコースを覚えてしまうことと、敵は早めにチャージで倒してしまうこと。

  • 周囲を見る余裕さえあればコースを覚えなくてもいい。壁のない方が道のある方向なのでコースを予測できる。
  • 失敗するとコンピューターに入る前まで戻されてしまう。ここの宝箱で手に入るスティッチの回収を忘れずに。
  • FM版のLv1プレイなどの制限プレイでは難関として知られるが、実はキーブレードのアビリティは適用される
    キングダムチェーンディフェンダー、FM版ではクライシスハーフ)が活躍するだろう。

3D

ザ・グリッドのリク編でのみプレイ可能。初回はダイブからセーブなしでの挑戦となり、こうしたミニゲームが苦手な人にとっては気が重い。
円周上のコースを走りながら襲いかかる敵を迎撃し、二週した後に現れるエレカマキリを倒せばクリアになる。
KHIIとは異なり直角のカーブは無く、自動で進行する。
攻撃はA(○)ボタンで前方に弾を撃つアサルトショットと、後方を自動攻撃するリボンの2種類あり、Y(□)ボタンで切り替えることができる。
また、B(×)ボタンでジャンプができ、敵の攻撃を飛び越すことができる。

攻略のコツはひたすら端で敵の攻撃を避けるかすぐに倒してHPを温存し、ボス戦では欲張らずに攻撃の予兆が見えたらすぐに退避する事。
特に後方から迫られている時はリボンが当たるが、大ダメージ+前後交代の体当たり攻撃がすぐに飛んでくるためスルーしたほうが安定するかも。

アリーナを訪れればいつでも再挑戦可能。この場合はエレカマキリを相手にする必要はない。
再挑戦の際は終わった後に景品が手に入る。初回は加速する夢想、2回目は加速する空想、3回目以降は加速する幻想。