敵/【再現データ】

Last-modified: 2020-02-21 (金) 01:33:02

KHIIFM Edit

集積の庭園で条件を満たせば挑戦できる「XIII機関の再現データ」。

  • 通称:「リミットカット」。倒さないとシナリオが進まないという制限を超えた強さを指しており、発売前にゲーム雑誌等で掲載されたのがきっかけ。
    • アルティマニアでは一貫して「再現データ」と表記されている。
    • ファンの間では略して「リミカ」と呼ばれる事もある。

FM版の追加要素のひとつであり、ロクサスソラが本編で戦ったメンバー及び「アブセント・シルエット」を調査し戦ったメンバー(つまり13人全員)ともう1度戦うことができる。

どれも一筋縄ではいかない非常に高い難易度を誇り、単なる再戦というわけではない。
厳密にはバトルレベルがボス敵の中で最高の99となっており、本編やアブセント・シルエットで戦った際とは比べものにならないほどステータスが強化されている。行動パターンが変わっていたり、技自体が強化されているキャラクターもいる。
スタッフによると、この再現データが機関員の真の強さらしい。プレイヤーのゲーム進行を促すため、本編ではあえて弱くなっているのである。

  • リミットカット版の機関員はいずれも留まりし思念と並び、作中で最強の敵としてソラ達の前に立ちはだかる。その実力はKHIIで最強の裏ボスと称されたセフィロスの地位すら危ぶませるに十分なものであり、KHIIFMの代表的なやり込み要素の1つとして、また「IIはヌルゲー」という評価を覆すに足る難易度のコンテンツとして、発売から数年を経た今もなお多くのプレイヤーを楽しませている。
  • 開き直った言い方だが、確かにストーリー上で戦う機関員がリミットカット版の強さだったとしたら、たとえビギナーモードでも投げ出すプレイヤーが出ただろう。

留まりし思念と同様、勝利した後でも再挑戦が可能である。
全員に勝つと「存在しない証」が入った宝箱が出現する。

  • かなり特殊な条件ではあるが、宝箱から手に入るアイテムの1つとしてジミニーメモにもしっかりカウントされる。そのため今作のジミニーメモコンプリートは再現データをすべて倒すことが必須となっている。

集積の庭園で中央の端末を起動することによって周囲に謎のモニュメントが現れる。
モニュメントにはXIII機関のメンバーの武器が表示されており、それぞれのモニュメントを調べることで再現データに挑戦でき、自動的にフィールドに移動して戦闘が始まる。フィールドは本編やアブセント・シルエットで戦った時と同じ場所である。
本編で2回戦闘したアクセルデミックスは2回目のデータと再戦することとなるが、ゼムナスのみ1回目と最終戦両方と戦うこととなる(途中の鎧、ドラゴンはなし)。基本的にソラ、ドナルドグーフィーの3人で挑めるが、ルクソードやゼムナス等、本編でドナルドたちが参加できなかったバトルは再現データでも同様に参加できない。

  • 今作ではアクセルのみソラと直接戦っていないが、ロクサスとは戦った為ロクサス編のアクセルのデータとソラが戦うこととなる。こちらもドナルド・グーフィーは参加不可。
    また、本編とは異なりザルディン戦にはビーストが参加できず、必ずソラ・ドナルド・グーフィーの3人パーティーとなる。
    「ゼムナス(2回目)」の再現データ戦は本編同様リクがパーティーに加わり、ソラと2人で戦うことになる。
  • ちなみに、グロウアビリティさえ揃っていれば本編を一度もクリアしていない状態でも集積の庭園に辿り着けるが、その場合は本編をクリアするまで一部の機関メンバーのモニュメントが出現しない。

フィールドに移動すると仮想のトワイライトタウンで度々現れたデータのエフェクトと共にXIII機関が武器を手にした状態で現れ、互いに武器を構えるといった一連の短いイベントシーンが挑戦するたびに挿入されるが、特別な会話等はない。

  • 戦闘ボイスは本編と全く同じ(アクセルのみ「ソラ!」と叫ぶようになっている等の変更がある)であり、アブセント・シルエットはやはり本人ではない為か掛け声のみである。

勝利するとXIII機関のメンバーは武器を下ろし、データの演出と共に消えて退場するイベントシーンが挿入され、ソラたちは集積の庭園に戻ることとなる。


倒すたびにごほうびとしてアイテムが1つもらえる為、慣れてくれば効率の良い稼ぎ場所にも成り得る。
貰えるアイテムは下記の通り。

再現データの機関員をしっかり倒せる腕前さえあれば、ステータスを(理論上の)最大値まで育成するなどのやり込みプレイも可能。
もっとも「再現データを安定して倒してドーピングに利用する」までに相当なやり込みが必要だが。

KHIIIRM Edit

Re:Mind本編をクリア後のリミットカットエピソードにて挑める真XIII機関の再現データ。

  • 今作においてはじめてリミットカットという名称が公式で用いられた。

一筋縄ではいかない高難易度は健在であるが、IIFMとは違い、どの相手とも円形のフィールドにてタイマンで戦うこととなり、さらに全員本編で戦った時とは使ってくる技自体がまるで違うものとなっている。

  • マールーシャであれば死の宣告を使用してきたり、ルクソードとの戦闘が時間をかけた戦闘になっているなど、過去作に登場していた相手はそちらを再現したものになっている。