アクション/【エアドッジ】 の変更点


*KHII [#y3e74fa3]
[[マスターフォーム>システム/【フォームチェンジ】#MF]]の[[グロウアビリティ>システム/【グロウアビリティ】]]。2段ジャンプすることができる。
[[マスターフォーム>フォーム/【マスターフォーム】]]の[[グロウアビリティ>システム/【グロウアビリティ】]]。2段ジャンプすることができる。
ジャンプ中や高所から降りたときなど、空中にいる時に×ボタンを押すとその場で回転しつつジャンプし敵の攻撃を弾き返す。Lvが上がるにつれて2段ジャンプの高度・距離と弾き返しができる時間が長くなっていく。
スティックが入っていないと真上に少し浮上する程度だが、スティックを入れているとその方向に高速で跳び退ける。
-マスターフォームでは普通に走るよりもこれを低空で連発するほうが早いほど。

スティック入れで跳んでから[[グライド>アクション/【グライド】]]を使うと、最初から最高速度で滑空できる。
----
ドッジと名がついてはいるが[[ドッジロール>アクション/【ドッジロール】]]や[[エアスライド>アクション/【エアスライド】]]のような無敵時間はなく、攻撃を弾き返すことで攻撃を無効化する。そのため元々弾けない攻撃には無力。
とはいえスティック入れで発動した初動のスピードはかなり早く、ガードしつつの緊急回避・緊急離脱には非常に有効。
他にも着地地点をずらしたい時、空中で攻撃を弾きたい時、グライドへ繋いでの回避や高速移動、単純に滞空時間を稼ぎたい時と用途は様々。マスターフォームが解禁されたらLv1でもいいから早めに入手しておきたい。

*KHIII[#KHIII] 
初期装備。
今作では[[ダブルフライト>アクション/【ダブルフライト】]]が同時に存在する事から、こちらは[[エアスライド>アクション/【エアスライド】]]に近いアクションになった。
エアスライドが直進してから動作の末端で回転するのに対し、こちらは回転しながら直進する。
戦闘中でのみ使用可能で、このアビリティを装備していると戦闘中はエアスライドを使えなくなる。
[[フリーフローアクション>システム/【フリーフローアクション】]]への接続はエアスライドと同じく可能。
----
動作時間はエアスライドと全く同じで、動作中は完全無敵な点も同じ。移動距離はエアスライド1個分よりも少し短い。
要するに「モーションが変化して移動距離が短くなったエアスライド」である。
にも関わらず必要APは3と、エアスライド3個分のコストが掛かる。
エアスライドは複数装備する毎に移動距離が伸びてしまい、KHIIとは違ってボタンの長押しで移動距離を制御することはできない。
移動距離が短い方が有利かどうかは状況によるが、長いほうが広いマップの戦いでは利便性が高い。
こちらでなくてはいけない状況というのは少し限られてくるだろう。
エアスライドで十分と感じるならば、こちらは外してAPを他に回すのも一つの方策。
----
[[アルティメットフォーム>システム/【フォームチェンジ】#UF]]や[[レイジフォーム>システム/【フォームチェンジ】#RF]]時はアクションが変化し、[[テレポ>アクション/【テレポ】]]で短距離を瞬間移動する。
[[アルティメットフォーム>フォーム/【アルティメットフォーム】]]や[[レイジフォーム>フォーム/【レイジフォーム】]]時はアクションが変化し、[[テレポ>アクション/【テレポ】]]で短距離を瞬間移動する。
また、ドッジロールが使えなくなり地上でもこれで回避アクションを行う。
----
リク・アクアは装備しておらず、戦闘中でもエアスライドで空中回避を行う。
[[ベイマックスとの連携技>技・魔法/【インターセプトジェット】]]の時も使用可能。無敵時間は0.27秒。
[[フラッシュトレーサー>ミニゲーム/【フラッシュトレーサー】]]ではこれを横方向への移動手段として使えるようになるとハイスコアを狙いやすい。