キャラクター/【ビースト】 の変更点


ディズニー作品「美女と野獣」のキャラクター。
[[ビーストキャッスル>ワールド/【ビーストキャッスル】]]出身。
元はとある城の王子であったが、甘やかされて育ってきた為にわがままかつ冷たい心の持ち主となってしまい、ある日自身の城を訪ねてきた魔女を冷たく追い払った事が原因で呪いをかけられてしまい、醜い獣の姿に変えられた。
呪いで姿を変えられてからは自暴自棄になって更にわがままになっていたが、[[ベル>キャラクター/【ベル】]]と出会う事でその心に変化が訪れる。
呪いを解く条件は、魔女に与えられたバラが枯れる前に彼が真実の愛を知って、誰かを愛し、誰かに愛されるようになること。
----
KHシリーズでは、KHIにおける[[ホロウバスティオン>ワールド/【ホロウバスティオン】]]にて初登場。
ホロウバスティオンでソラが立ち直ることのできた要因であり、KHシリーズにおける影の最大の功労者。
KHIではホロウバスティオンの、KHIIではビーストキャッスルでのパーティーメンバー。獣の姿であるがゆえ、その戦い方は迫力に満ちた豪快なもの。
 
声優は山寺宏一氏が担当。
-ドナルドとビーストを連れて冒険をすると''ダブル山ちゃんボイスとの冒険''になる。
-映画では当然人間に戻ってからの声も担当しているが、重厚な低音ボイスから一転、爽やかな若者らしい声になってしまうので、初めて聞いた時はベルでなくても''「誰だお前」''となること必至。勿論よくよく聞けば山ちゃんであることは分かるのだが。
----
野獣の姿は、ライオンのたてがみ、バッファローの角と鼻、イボイノシシの牙、クマの体、オオカミの足と尾を混ぜてデザインされたもの。
人間に戻った姿は、ダビデ像などの彫刻を参考に美しい青年にデザインされたが、既に野獣に愛着が沸いていたスタッフからの評判は良くなかったとか何とか…。
----
ビーストという呼称が定着しているため一度も呼ばれたことはないが、一応名前はアダムというらしい。
-が、監督含め製作スタッフにも本名を忘れられていた…不憫。
--正確には当初は設定されていなかったと思われる。アダムの初出は原作の公開から7年後の1998年に発売されたクイズゲーム「The D Show」より。

 
また、パラレルワールドではあるが、原作のその後を描いた「ディセンダント」にて、様々な国をまとめてオラドン合衆国を作り、その国王の座に就いている。
ベルは王妃となり、彼女との間に一児をもうけている。
----
#contents
 
*KH [#KH]
ヴィランにさらわれたベルを追ってホロウバスティオンに訪れるが[[リク>キャラクター/【リク】]]に返り討ちにされてしまう。
だがやがてベルを救うために立ち上がり、その姿はキーブレードをリクに奪われた直後であった[[ソラ>キャラクター/【ソラ】]]の励みとなり、互いの大切な者を取り戻すため、行動を共にする。
----
一部の壁を「たのむ」コマンドで破壊してもらうことができる。側にソラ・ドナルド・グーフィーの組み合わせでしか発動できないトリニティマークがあってセーブポイントとの往復が面倒になる箇所がある。
----
抜群の攻撃力でディフェンダーやウィザードなど、これまでと一線を画する終盤ハートレスをいとも簡単に破砕していく。
グーフィーらと攻撃力・防御力共に格が違うため、戦闘がきついと思ったら採用しよう。
-素のステータスでも攻撃力が恐ろしく高く、更にスペシャル技の攻撃力補正が非常に高く強力なのだが、最大MPが非常に低くアクセサリー装備枠も1つしかない大きな弱点がある。
タイミング的にもソラが弱体化していて非常に厳しい場面なので、エーテルを使ってあげるなどして補助したいところ。

*COM [#COM]
ソラの記憶から作られた幻。
[[マレフィセント>キャラクター/【マレフィセント】]]にさらわれたベルを助けるためにホロウバスティオンへ駆けつけた。
-このシチュエーションもソラの記憶からくるもの。

しかしベルは何故か助けに来た自分に対して冷たい態度をとり、突き放すようにして行ってしまう。
その事で落ち込んでしまったところを偶然いたソラ達に声をかけられ、慰められるがやはりこのような姿では誰にも愛されるはずが無いと言って去ってしまう。
だが、マレフィセントに人質として囚われたベルを救うべく再び城に訪れる。
今までわがままだった自分を振り返り、そして最後のわがままとして、たとえベルに嫌われようと自分はこの城から彼女を救い出すと決意していた。
直後、マレフィセントに闇の魔法を放たれたが、ベルが自身をかばったため、彼女の心が奪われてしまう。
ソラの協力を経てマレフィセントを倒し、ベルの心を取り戻した。
彼女はマレフィセントが自分達の愛し合う心を材料に闇の魔法を完成させようとしたのを知ったため、わざと自分に冷たい態度をとっていた事を知る。
お互いの愛はより深まり、今までの辛い想いを全て忘れてこれからを幸せな記憶で満たそうと向き合う。
----
ホロウバスティオン限定のフレンドカードとしても登場。
使用技は[[フェロシアスランジ>技・魔法/【フェロシアスランジ】]]。
-なお、Re:COMではどういうわけか[[フュリアスボレー>技・魔法/【フュリアスボレー】]]に変更されている。
*KHII [#KHII]
彼の城で物語が展開していくため、過去作で表出していなかったビーストの面倒臭い一面が浮彫りになっている。
陰で暗躍する[[ザルディン>キャラクター/【ザルディン】]]の煽動もあり、一時は完全に己を見失って傀儡と化してしまう。
----
まず一周目、城に迷いこんだソラ達が一室でハートレスと戦っていたところに入ってくる。
ハートレスを圧倒的な力でねじ伏せた後、ソラに「久しぶり」と言われるが答えようともせず、むしろソラを突き飛ばしてその部屋にあった赤いバラを持って行く。

部屋でザルディンという黒コートの男と二人で話しており、「この城の者は自分から総てを奪う気だ」と囁かれる。
-真実の愛を求めていると意思表示しても「誰がお前のような獣を愛せる」と返されるなど、この時はザルディンによる洗脳や誘導は着々と進んでしまっていた。
----
1週目エピソード後半では心の闇に呑まれかけ正気を失っている彼と戦う事になる。
このバトルでは[[コグスワース>キャラクター/【コグスワース】]]がゲストキャラとして加勢し、彼の力を借りなければ勝利できない。
また、ソラ達の攻撃には一切怯まないので、[[リアクションコマンド>システム/【リアクションコマンド】]]の[[ウェイクアップ>技・魔法/【ウェイクアップ】]]を連発して動きを封じつつ戦うのがセオリーとなってくる。
残りHPが0になっても倒した事にはならず、時間を置くと復活してしまう。
動けなくなっている内に[[チャージ→ゲッタラウンド>技・魔法/【チャージ】]]を発動させるとビーストは正気に戻り、ようやくこのバトルは終了する。
----
二週目ではダンスパーティーと言う事でドレスローブを着た姿が見られる。
しかしそのパーティーもザルディンの乱入により、台無しになった上に大切にしていたバラが奪われてしまう。

-エンディングでは人間の姿に戻っている。
//そのため「III」での登場は無いかと。むしろそこまで綺麗に終わったのだから出てこなくていい。

*Days [#days]
城を守るために単身ハートレスと戦っていた。
彼自身が恐ろしく疲弊したり、城のあちこちに爪痕が残るなど凄まじい戦いをしていた模様。
-何とか持ちこたえていたものの[[デモンズフォートレス>ハートレス/【デモンズフォートレス】]]には歯が立たなかったようで、ロクサスが庭にたどり着いた際には城の入口の橋から城門を飛び越える勢いで吹き飛ばされ、そのまま床に叩き落とされて気絶してしまう。
----
DAY119で「化け物の姿をした城の主」として調査対象になり登場。ベルとはすれ違いが生じている。
そして運悪くザルディンの眼に留まってしまい、IIに至るまで執拗に付け狙われる羽目となった。
どれだけザルディンが彼に固執していたかというと、ビーストを籠絡しようと躍起になるあまり機関への定時連絡すら行わず城に留まり続けていた程。
挙句の果てには行方不明扱いされ、DAY322にて「''ザルディンを捜索せよ''」というプレイヤーを唖然とさせるミッションさえ発生する始末。
-どれだけ長いかと言うと、ザルディンが付いてくるミッションはDAY152~156のミッションNo,48が最後で、単純計算するとなんと166日間もビーストキャッスルにいたという計算になる。
-実際はパートナーとならないだけで、DAY301あたりで存在しなかった城に居る姿が確認できるため、本格的に入れ込むようになったのはこれ以後のことと思われる。そう考えるとザルディンがビーストキャッスルにいたのは約21日だったことになる。それでもこんなに日が経つまでサイク…ゼムナスは放っておいたのだろうか。

*χ [#chi]
ビーストキャッスルに登場。
ハートレスを追って城に入ってきたプレイヤーを牢へと放り込んだ。

ハートレスを追って城に入ってきたプレイヤーを侵入者として牢へと放り込んだ。
**Uχ [#Ux]
全てのエピソードが終わった後に再訪した際、人間に戻った彼と会うことが出来る。
呪いが解けて精神的に余裕ができたためか、野獣の時に比べると随分と穏やかな話し方をするようになっている。