キャラクター/【ルシュ】 の変更点


[[マスター・オブ・マスター>キャラクター/【マスター・オブ・マスター】]]の6人の弟子の一人。
名前のアルファベットでの綴りは「Lu''x''u」。
-弟子の中でただ一人、[[異端の印>キーワード/【異端の印】]]を持っている点も非常に意味深である。

少年のような声と性格。
-野村氏曰く若干達観しているタイプで、言ってみれば「おもしろ成分を抜いたマスター」。

劇中では、[[XIII機関>キーワード/【XIII機関】]]と同様の[[黒コート>キーワード/【狭間の者の衣】]]姿で登場。素顔は不明。
-師匠といい弟子達といい、素顔が分からない者だらけである(アセッドはあるセリフからある程度予想できるが)。
-[[真XIII機関>キーワード/【真XIII機関】]]より前にキャラモデル変更後の黒コートを披露している。

  
CVは津田健次郎。
-氏の代表的なキャラと違う声で演じているので初見では氏だとはわからなかった人も多いだろう。
-ルシュの[[秘密>#KHIII]]を踏まえ、癖のある人を探していると野村氏が音響監督に相談したところ、推薦があったのが津田氏だった。

北米版における声優はマックス・ミッテルマン。
----
他の[[5>キャラクター/【マスター・イラ】]][[人>キャラクター/【マスター・インヴィ】]][[の>キャラクター/【マスター・アヴァ】]][[弟>キャラクター/【マスター・グウラ】]][[子>キャラクター/【マスター・アセッド】]]と違い、マスター・オブ・マスターから[[予知書>キーワード/【予知書】]](の写し)を授かってはおらず、[[ユニオン>システム/【ユニオン】]]を率いてもいないため[[予知者>キーワード/【予知者】]]には含まれない。
その代わり、マスターからは別の使命を授けられており、その使命に従って[[デイブレイクタウン>ワールド/【デイブレイクタウン】]]から姿を消し、いずこかで独自に動いていた。
また、グウラしか知らないはずの予知書の欠落した一片「ロストページ」の内容を知っている。
----
#contents
 
*χ [#chi]
[[プレイヤー>キャラクター/【プレイヤー(χ)】]]と[[スクルド>キャラクター/【スクルド】]]は、物語終盤で[[マスター・グウラ>キャラクター/【マスター・グウラ】]]や[[チリシィ>キャラクター/【チリシィ】]]が言及するまでその存在を知らなかった。
おそらく同様に、各ユニオンに属する他のキーブレード使い達も、ルシュの存在はほとんど知らされていないと思われる。
チリシィはルシュの所在について、「マスターが消えてすぐ、後を追うように消えた」と語っている。
----
物語の終盤、予知書に記された結末が迫りデイブレイクタウンに緊迫した空気が漂っている時に、町が見渡せる丘に現れ、そこにやって来た[[マスター・アヴァ>キャラクター/【マスター・アヴァ】]]と会話を交わす。
アヴァから今まで何をしていたのか問われると、ただ見ていたこととそれが自分の使命であることを告げる。
ルシュは予知書の欠落した一片の内容を知っており、それを「マスターの意思」だとアヴァに言う。さらにマスターから、予知書の結末に記された世界の終末を見届けて、その先の世界に進み、秘密を受け継ぐ使命を与えられたと告げ、「そのためには欠落した一片どおりにこの世界を進ませないといけない」と語る。
アヴァから、一連の騒動を引き起こした「裏切り者」ではないかと問われ、それに応えるように、後の[[マスター・ゼアノート>キャラクター/【マスター・ゼアノート】]]や[[ノーハート>敵/【ノーハート】]]のものと同じキーブレードを出現させ、アヴァに「裏切り者」の正体を明かす。
-劇中では肝心の部分が時間が飛んで描写がカットされ、かつ場面が戻ってその会話のシーンが映った際は台詞が消されているため、プレイヤー視点での真実は不明。

アヴァに真実を告げた後、「だから運命に従い戦うしかない」「もしも別の答えがあるとしても、それは戦いの果てにある」「マスターは世界の行く末より、我ら弟子が鍵にどう導かれていくかを知りたいんじゃないかな?」と発言し、アヴァは「世界より私たち? そんなはずない!」「あなたはマスターの意思を利用している」「マスターがそんなことを望むはずない!」と激昂してキーブレードを構え、ルシュに向かって振り下ろす。
-このアヴァの行動が、ロストページの一文にある通りの、最後の戦いを引き起こす契機となったかのように描写されている。
--打ち合ったキーブレードから波紋のようなものが広がり、それに反応して時計塔の鐘が鳴り出している。

----
上記の会話から、χ本編の時間軸ではロストページの内容を実現させるために行動していた模様。
-ルシュがロストページの内容を実現するために自ら起こした行動は、アヴァと交戦すること(「そしてその一振りが~」)だけだと考えられる。それ以外は、本人が言うように、ただ「見ていた」のであろう。
-後述のように、マスターはルシュが未来を知ることがないように予知書を授けなかった筈である。にも拘らずルシュがロストページの内容を知っていた理由は不明。
--予めマスターから内容を聞いていたのだろうか。χBCでは、予知者5人がどうなるのかを知らない様子だったが、マスターの意思であることや裏切り者の正体を聞いていたのだろうか。それとも、5人の行動を観察した結果、自分で導き出したということなのだろうか。
--ルシュが知ってはいけない未来というのはキーブレード戦争が起こった後の時代のことなのかもしれないが、KHIIIのシークレットレポートによると、キーブレード戦争以降のユニオンリーダーについてや、マレフィセントについても知っていたと思しき様子も伺える。
---レポートの文面的には、ユニオンリーダーの人選やマレフィセントについては計画としては聞かされていても、それ以上のことは知らなかったようにも読み取れる。
----
その後のルシュの詳しい動向は不明だが、姿と名前を変えながら長い時間を生き、後の時代のキーブレード使い達を見守っていたようだ。
**χBC [#chibc]
マスター・オブ・マスターから、自身の片目を埋め込んだ件のキーブレードと[[黒い巨大な箱>キーワード/【黒い箱】]]を授かる。加えてそれらを持って姿を隠し、他の5人の予知者と異なり世界の終わりを見届けて先の時代に進み、キーブレードを継承していくという使命も与えられた。
-ルシュが予知書を与えられなかった理由は、未来で起こることを知ってしまうとパラドックスが起きるから。
-ルシュが姿を消す事は他の予知者も事前に知っていたようだ。また、自分がいなくなるかは未定だとしていたマスター・オブ・マスターも、ルシュがいなくなることについては全く否定していない。

箱は絶対に開けてはならず、中身を他言するのも禁止とのこと。マスター・オブ・マスター曰く「サプライズ」らしいが、一体何が入っているのだろうか…。
-その中身を教えられたルシュの反応を見る限りルシュにとっても予想外の物らしい。

なお使命については予知書が存在していることから既に達成が約束されており、事実キーブレードは後の時代においてマスター・ゼアノートに受け継がれている。しかし黒い箱の行方については不明。マレフィセントがこの箱を捜していることから既に旅立ちの地からは離れてしまっているともとれるが…?
-ファミ通のインタビューによるとエラクゥスは旅立ちの地、ゼアノートは「見つめる目」のキーブレードをそれぞれ正統後継者として分割相続されていた模様。
*KH0.2 [#AFP]
オープニングで終戦後のキーブレード墓場に佇んでいる姿が映し出される。
*KHIII [#KHIII]
エピローグにて、XIII機関のメンバーにして、光の守護者たちと戦っていた''[[シグバール>キャラクター/【シグバール】]]こそが、このルシュであった''ことが判明する。あまりの性格の違いから、シグバールが正体を明かした直後にインヴィが「本当にルシュなの?」と念を押して質問しているが、本人曰く「中身は変わってない」との事。
見た目が違うのは、「色々あって」ルシュだった頃の体を捨て、更にその後も姿を何度か変えた為。マスター・ゼアノートのようにキーブレードを使って他人の体に自分の心を移し替えていったと思われるが、マスター・ゼアノートが記憶を失うまではキーブレードを扱えていたのに対して、ルシュは当初の記憶を完全に保持しているにも関わらず、心を移し替える過程でキーブレードを扱う能力を失っている。
-敢えて使っていなかっただけかもしれないが。
-[[シークレットレポート#12>レポート/【シークレットレポート(KHIII)】#R12]]で「キーブレードを失った自分も、最後の使命を果たすためにこの地を去る。この体を捨て、心を他の器へと移しつづけるのだ。」という記述があり、ルシュ及びシグバールがキーブレードを使えないのはほぼ間違いないはず。
--自分のキーブレードを継承した結果「失った」訳なのだが、それがイコールキーブレードを使う能力の喪失かと言われると微妙かも。
--シグバール自身が「キーブレードを扱う資格はある」と発言していることから、能力そのものは残っているものの、自身が使っているキーブレードは継承により譲渡してしまったため手元にない、と捉えるのが妥当かも。

しかも、この通りの順番であれば当初からキーブレードを使わずに他人の体に自分の心を移し替えている。
-一度、元の体から心を取り出してしまえば、他人の体に心を移すのにキーブレードを使わなくてもいいのかもしれない。
-エラクゥスもキーブレードを使わず、ゼアノートが「やりおる」と言うほどの手際でテラの中に自分の心を隠しているので、やりようはあるのかも知れない。

マスター・オブ・マスターから「見つめる目」のキーブレードを継承していく使命を授かったルシュだが、BbSの時点で何故キーブレードマスター(あるいはイェン・シッドのようなキーブレードマスターの指導者)ではなく、キーブレードとは程遠い賢者アンセムの弟子という立場で活動していたのかは現時点では不明。
----
[[シークレットレポート>レポート/【シークレットレポート(KHIII)】]]の記述から、マスター・オブ・マスターから与えられていた使命は、「キーブレードを継承する」ことだけではないことが判明。その詳細は不明だが、シークレットレポートやエピローグから判明したことは、「体を入れ替えながら継承したキーブレードの行く末を見守る」こと、「ロストマスターを呼び戻す」ことである。
-χBCでキーブレードを継承した時点では、自分以外の弟子がどうなるのかを把握していない様子だった。そのことから、ロストマスターを呼び戻すことに関しては、マスターから託された黒い箱の中身が関係しているのではないかと推測できる。

KHχ及びχBCにおいてマスター・オブ・マスターからキーブレードを授かった後は、ロストページに書かれた通りに起こるキーブレード戦争を見届けている。その後、ダンデライオンが移動したUχの世界でマスターの指示通りにユニオンリーダーの一人にキーブレードを継承しようとするが、選出メンバーに入れ替えが起こっていることを知る。
-ルシュはこの事をマスターの書いたプログラムにウイルスが侵入したようなものだと記述している。
-メンバーについてマスターから聞かされていたのか、あるいは自分で推測しているのかについての明言はない。

また、そのウイルスが5人を別の世界線に移動させようとしていることも知る。
その世界線の移動に関しては[[未来から誘い込んだ魔女>キャラクター/【マレフィセント】]]が鍵を握っていることを推測、これらの出来事もマスターの意志なのかと疑問を抱く。
-ルシュは未来を知ることがないように予知書を渡されていないが、ロストページの内容やユニオンリーダーの計画、マレフィセントについてもマスターから教えられていたということがわかる。

その後、闇の台頭によってUχ世界が終焉を迎えようとしている中、ユニオンリーダーの一人にキーブレードを継承し、その地を離れた。
-この継承したリーダーが初代キーブレードマスターになったと考えられる。
-Uχ世界で何が起きたのかについては現時点では不明。今後そちらのストーリーで明かされていくと思われる。

 
その後は体を入れ替え続け、遠くからキーブレードを監視していたようだが、[[闇に傾倒したキーブレ―ドマスター>キャラクター/【マスター・ゼアノート】]]が現れると、キーブレードを欲する愚者を演じて彼に近づき協力者としてその傍らでキーブレードを見守っている。
KHIIIのキーブレード戦争終結後のキーブレード墓場にて自身の手にキーブレードが戻ってくると、ロストマスターのうち4人を呼び戻している。
----
KHIIでのシグバールのソラに対するセリフに「さすがはキーブレードに選ばれし者と呼ばれるだけはある。今までのやつらに比べれば、随分とお粗末だがな」というものがある。
キーブレード使いの黎明期から存在し、キーブレード戦争を見届け、数多のキーブレードマスターを見守ってきた彼の軌跡を思うと、これはとても重い意味の込められた言葉だったのだろう。
-「今までのやつら」というのは[[Bb>キャラクター/【ヴェントゥス】]][[Sの>キャラクター/【テラ】]][[3人>キャラクター/【アクア】]]や[[ヴァニタス>キャラクター/【ヴァニタス】]]のことと考えられていたが、一時期の前例で「今まで」と言うのは少し微妙な表現なので、これがキーブレード戦争から現代までに多くのキーブレード使いを見てきたのであれば納得の表現である。
-この時点でのソラは変形やフラグメントといったキーブレードに秘められた特殊な能力を全く活用せずに我流の剣術で戦っていたため、ルシュの視点から見れば粗末に見えてしまうのもむべなるかな。

それにしても、技術面はともかくソラの成したこと、見本無しからの成長に対してはもっと評価しても良いものだが、他のキーブレード使いたちに比べて妙に評価が厳しくされている気がしないでもない。
-それとも、世界はKHIと同レベルの危機に何度も見舞われており、そこから救ったキーブレード使いが何人もいたのだろうか?
--そもそもソラは(「普通の少年である」ということを念頭においても)シグバール(ルシュ)だけでなく、ゼアノート達からも異様に低く見積もられている節があるようには思う。
---[[ゼムナス>キャラクター/【ゼムナス】]]はDaysの時点で既に[[ソラを評価し脅威になるだろうと警戒している>レポート/【計画】]]がこの差は一体。
---II時点でのソラは「キーブレード使いとしての修行」をまったく積んでいない(KH3Dでも[[イェン・シッド>キャラクター/【イェン・シッド】]]に「我流」と評されている)ので、キーブレードマスター視点だとその辺りも絡むのかもしれない。
---ゼアノートは少年時代の頃から中々自分の負けを認めようとしない性格だったのに加え、天才と評され、歴代のマスターの中でも最強との称賛を受けているので、正式な修行を積んでいない普通の少年では、どうしても見下してしまうのだろう。
---そういった「相手を低く見て本質を見失い侮る」という姿勢もまた負けに繋がったとも言える。[[若ノート>キャラクター/【ヤング・ゼアノート】]]もソラを侮っている様子がうかがえるが、このままではやり直しても未来の自分と似た様な結末を辿るのも想像に難くない。
---そういった「相手を低く見て本質を見失い侮る」という姿勢もまた負けに繋がったとも言える。[[若ノート>キャラクター/【青年ゼアノート】]]もソラを侮っている様子がうかがえるが、このままではやり直しても未来の自分と似た様な結末を辿るのも想像に難くない。
---一応補足すると、シグバールはソラのキーブレード使いとしての力を軽んじてはいるが、ソラが何度も計画を潰していることに関してはある程度警戒しているようである。
-逆にヴェントゥスには[[関心がある>セリフ/【いい目で睨みやがる】]]ように見えるが、これはUχに関連してくるのかもしれない。