セリフ/【愚か者め】 の変更点

なにかにつけて人を見下す[[ヴィクセン>キャラクター/【ヴィクセン】]]を体現した台詞。
他にも「~の分際で」「図に乗るな」「無知とは哀れなものだな」など、人を馬鹿にする言い回しのレパートリーは豊富である。
 
確かにヴィクセンの知力と技術力がKHシリーズでもずば抜けているのは事実。
[[彼>キャラクター/【リク=レプリカ】]]や[[彼女>キャラクター/【シオン】]]のような精巧な[[レプリカ>キーワード/【レプリカ】]]を製作したり、戦闘を行いながら相手のデータを採取するなど、並みの機関員なら到底成しえない芸当である。
事実、彼の[[研究成果>キーワード/【レプリカ計画】]]は物語に大きく作用をもたらし、彼の研究があったからこそシオンが創り出され、Daysのストーリーが展開されていった。
……だけで済めばよかったが、KHIIIでも重要な要素となってしまった。
事実、彼の[[研究成果>キーワード/【レプリカ計画】]]は物語に大きく作用をもたらし、彼の研究があったからこそシオンが創り出され、Daysのストーリーが展開されていっただけでなく、KHIIIでも敵味方が求める非常に重要な要素となった。
 
しかし、残念ながら彼のキャラクターそのものは、「愚か者め」に代表されるように完全に''噛ませ''であり、おおかたのプレイヤーの予想通り、機関員の中でも一番に「じゃあな、先輩」されることになった。
もしヴィクセンがこんなことを言わない、物静かで冷徹な男であったのなら、物語はまた別の展開を見せていたに違いない……。
----
#contents

*Re:COM [#ReCOM]
ヴィクセンがソラや他の機関員を見下す発言はいくつかあるが、この台詞自体はストック技の[[アイスニードル>技・魔法/【アイスニードル】]]使用時に発言する。
つまり、ヴィクセンがこの技を使う限り、ソラは「愚か者」「愚か者」と何べんでも言われる羽目になってしまう。(なお、このストック技は割と頻繁に使用する)
ブチ切れたソラに[[ソニックレイヴ>技・魔法/【ソニックレイヴ】]]連発を食らわされる未来が見える。
 
ちなみにこれ以前の機関員戦は大抵相手が手を抜いているので適当に戦っていても勝てるが、ヴィクセン二回目の戦闘は彼も本気なだけにかなり強敵、デッキを考えて構築しないと負けてしまうこともあるかもしれない。
何度か負けてしまっても、めげずに鼻を明かしてやろう。


*Days [#Days]
[[ロクサス>キャラクター/【ロクサス】]]が機関の仕事について学ぶ際、調査についてはヴィクセンがレクチャーを担当してくれる。
だが、選択肢を間違った答えを出してしまうとヴィクセンに「愚か者」と言われてしまうことも。
確かにヴィクセンの言うことは理にかなったことなのだが、この他にも大人げない発言が目立つ。
この屈辱をバネに成長しろという大先輩の促しなのか、単に馬鹿だから馬鹿にされて当然ということなのか。どちらにしても、間違いなく嫌われる先輩である。
まだ目覚めたばっかりでぼんやりしているロクサスに向かってそこまで言うことないんじゃないですかね、先輩……。
----
*余談 [#y4c71a60]
KHIIのラスボス[[鎧ゼムナス>キャラクター/【ゼムナス】]](1戦目)も開口一番に「愚か者めが」と言う。