技・魔法/【デトネ系】 の変更点

*BbS[#BbS]
地面に魔法のトラップを仕掛け、敵が接触すると爆発してダメージを与え、スタン状態にするマジックコマンド。
前方横一列に設置する「''デトネシールド''」、自分の周りに設置する「''デトネスクウェア''」、敵が近づくと追尾する「''デトネチェイサー''」の3種類がある。「デトネチェイサー」は[[アクア>キャラクター/【アクア】]]しか習得できない。
巨大な敵ほど多くのトラップに接触しやすく、大ダメージを狙える。
コマンドレベルが上がると、一度に設置されるトラップの数が増える。
----
敵を大きく浮かせて怯ませるため、例え気絶が無効でも人型のボスには非常に有効。本作屈指の強コマンドのひとつとして数えられる。
…が、[[テラ編のラスボス>キャラクター/【ゼアノート】]]は無敵技連打で無力化してくる。
-この魔法を複数持っていれば[[ヴァニタスの思念>敵/【ヴァニタスの思念】]]との戦いがグッと楽になる……のだが、魔法力が上がりにくく物理特化の[[テラ>キャラクター/【テラ】]]だけは例外。思念がトラップを踏んでも、本当にダメージを受けたのかと疑いたくなる程に体力ゲージがほとんど削られない。この為、スライドの件も合わさってテラでヴァニタスの思念を撃破するのは至難の業となってしまった。
-FMに登場する[[謎の男>敵/【謎の男】#BbS]]に対して使うと、律儀にジャンプで回避する。分身を出してるときなんかは5人の黒コートの男がジャンプしつつ迫ってくるという、シュールながらプレイヤーを絶望させる画になることも。初めて見る人は避けるのかよ!と突っ込むこともうけあい。
-FMに登場する[[謎の男>敵/【謎の男】#BbSFM]]に対して使うと、律儀にジャンプで回避する。分身を出してるときなんかは5人の黒コートの男がジャンプしつつ迫ってくるという、シュールながらプレイヤーを絶望させる画になることも。初めて見る人は避けるのかよ!と突っ込むこともうけあい。

 
ちなみにコマンドスタイルを切り替えたり、キャンプ画面を開いたり、D-LINKを行うなど、ディスクの読み込みが必要な行動を取ると仕掛けたトラップが消えてしまう。
--こちらの仕様は、KH2.5にて改善された。
----
近似した性能の魔法として3Dの[[バルーン系>../【バルーン系】]]がある。