敵/【ヒュドラ】 の変更点

ディズニー作品「ヘラクレス」に登場する怪物。''ヒドラ''と呼称されることもある。
ディズニー作品「ヘラクレス」のキャラクター。
''ヒドラ''と呼称されることもある。

*KHII [#KHII]
[[オリンポスコロシアム>ワールド/【オリンポスコロシアム】]]一周目のボスキャラとして登場。

まず[[ハデス>キャラクター/【ハデス】]]が冥界のコロシアムの封印解除のために[[メグ>キャラクター/【メガラ】]]を冥界にさらい、ソラが助けに行っているその間の[[ヘラクレス>キャラクター/【ヘラクレス】]]の対戦相手として闘技場に送られた。
最初は疲弊していてもヘラクレスの相手ではなく、倒された。ヒュドラを倒したヘラクレスもまた急いでメグを助けに冥界へいくがそれこそがハデスの罠だった。

実は闘技場で敗北はしたもののまだ健在であり、ソラ達とヘラクレスが冥界で戦っている間に闘技場をメチャクチャにした。
彼らが駆けつけた頃には闘技場は最早廃墟であった。
そこでソラ達と戦うが、フィルにメグ、そしてペガサスとの連携の前に敗れた。

しかし、ヒュドラが闘技場を破壊したと言う事実はヘラクレスのメンタルに強いショックを与えた…。
----
最初は首1本だがリアクションコマンドでトドメを刺す度に新たに生え変わり、最後には8本の首を生やして一斉に襲い掛かってくる。
-コミック版でソラはその姿を''えのき茸みたい''と表現する。恐ろしい冥界の怪物を相手にこの表現とはさすが光の勇者である。
--確かに原作「ヘラクレス」ではヘラクレスが首を切りすぎて数え切れないほどの首を持つ異形の姿へと変貌する。……が、実際はそんな暢気な例えをしている場合ではない相当おっかないバケモノ。

力を失ってしまったヘラクレスの代わりに[[フィル>キャラクター/【フィル】]]、[[メガラ>キャラクター/【メガラ】]]、[[ペガサス>キャラクター/【ペガサス】]]がそれぞれ力を貸してくれる。ちなみにメガラはフィールドの横からプライズを補給してくれる。初見では気付きにくい。