武器/【ファンタジーノーツ】 の変更点

*3D [#l8b6aeab]
*3D [#KH3D]
[[シンフォニー・オブ・ソーサリー>ワールド/【シンフォニー・オブ・ソーサリー】]]クリア時に入手する[[キーブレード>武器/【キーブレード】]]。
五線譜を模した刀身をしており、音符が散りばめられている。
呼び出す時も、五線譜状の光と共に、音波が先にかけて右回りに広がり、辺りに音符を散らす。
キーチェーンは、星々で繋がれたピンク色のト音記号。本来はぐるぐる渦を巻いている部分に、黄色い星が付いているチャーミングなキーホルダーが付いている。
 
叩くと、黄色い横楕円の閃光がはじけ、光のカケラとキラキラした光、音符と星を出す。星は三色の層に分かれていて、外側からピンク・黄色・紫となっている。星は色を変えながら消えていく。
----
BbS同様[[ソラ>キャラクター/【ソラ】]]と[[リク>キャラクター/【リク】]]それぞれ専用の最終装備がストーリー中手に入る…かと思いきや、ストーリーを普通に進めていると最後に手に入るチェーンがこれか[[これ>武器/【オールフォーワン】]]になる。
そのためラスト付近のムービーでこれが映る率は高く、何とも絵的にシュールになりがち。
----
BbSのシークレットエンディングにてソラが[[カイリ>キャラクター/【カイリ】]]から[[約束のお守り>キーワード/【約束のお守り】]]を再び預かっていたことから、当然[[武器>武器/【約束のお守り】]]としてもいずれは登場するのだろう、と思いながらコレを装備し結局そのままラスボスまで倒してしまった、というプレイヤーも多いのではないだろうか。
-見栄えを考慮し終盤では明らかに力不足な[[ウェイトゥザドーン>武器/【ウェイトゥザドーン】]]や[[スカルノイズ>武器/【スカルノイズ】]]を装備してゼアノートたちに挑んだプレイヤーも少なくない。
なお、[[シアターモード>システム/【シアターモード】]]だと武器がデフォルトのものになるので、終盤のイベントをシアターモードで見直すのもありかもしれない。
----
攻撃力+12、魔法力+14、長さ113、クリティカル率20%、リアリティクリティカル率10%。
シナリオ中では最後に手に入るだけあり、その性能は十分に高い。
これ以上の物が欲しかったら[[ダイブモード>武器/【ダイブウイング】]]か[[フリックラッシュ>武器/【スイートドリーム】]]をやり込む必要がある。

*Uχ [#UX]
*Uχ [#Ux]
メインクエストのプラウドモードのクエストNo.103のクリア報酬として登場。
プラウドモードのチャレンジ報酬として手に入る[[エレクトラム>アイテム/【エレクトラム】]]を消費して強化できる。
-+25以上に強化する際は[[たいようの魔石>アイテム/【にじいろの魔石】#Ux]]が必要になる。

マジックタイプのみ補正がかかる一点強化型だが、[[デザイアーランプ>武器/【デザイアーランプ】]]や[[ダイヤモンドダスト>武器/【ダイヤモンドダスト】]]とは倍率が異なり、またリバースに補正がかかるのは2枚目だけで他はすべてアップライトへの補正がかかる。
入手当初は剣の色が緑と青で、刀身についた音符の数も少ないが、+20の強化でKH3Dと同じデザインになる。+25では刀身がかなり太く、音符も大きくカラフルになり、全体的なカラーリングが「ファンタジア」のミッキーに似た感じとなる。