音楽/【Beauty and the Beast】 の変更点

ディズニー作品「美女と野獣」の言わずと知れた主題歌。
作詞・作曲はハワード・アシュマンとアラン・メンケンの黄金コンビ。
劇中の挿入歌としては[[ポット夫人>キャラクター/【ポット夫人】]]役のアンジェラ・ランズベリーが、エンディング曲としてはセリーヌ・ディオンとピーポ・ブライソンが歌唱している。
また、2017年の実写版映画では劇中歌をやはりポット夫人役のエマ・トンプソンが、エンディング曲をアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌唱している。
劇中の挿入歌としては[[ポット夫人>キャラクター/【ポット夫人】]]役のアンジェラ・ランズベリーが、エンディング曲としてはセリーヌ・ディオンとピーポ・ブライソンが歌唱している。(日本語吹替版の挿入歌ではポプラが歌唱を務めている。)
また、2017年の実写版映画では劇中歌をやはりポット夫人役のエマ・トンプソンが(日本語吹替版では同様にポット夫人役の岩崎宏美が)、エンディング曲をアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌唱している。
 
*KHII [#KHII]
[[ビーストキャッスル>ワールド/【ビーストキャッスル】]]でボスの[[ザルディン>キャラクター/【ザルディン】]]を倒した後、[[ビースト>キャラクター/【ビースト】]]と[[ベル>キャラクター/【ベル】]]がお互いの気持ちを確かめ合いながらダンスを踊るシーンの曲として、インストバージョンが流されている。

*MoM [#MoM]
プレイアブル楽曲として登場しているが、KHIIで流れたインスト版ではなく''劇中の挿入歌が起用される''という豪華な仕様となっている。