初心者武器が消える前に

Last-modified: 2016-04-30 (土) 19:26:32




目次


TI鯖初心者武器


TI鯖では、初心者武器として7日間限定のN最強武器が配布されます。
もちろん7日間が過ぎてしまえば、跡形もなくN最強武器は消失してしまいます。

企業秘密?お金の稼ぎ方


今まで、お金稼ぎの指南はタブーとされてきました。
昔、お金がない人のために管理人がお金の稼ぎ方を丁寧にwikiに載せ、DSSが買えない意味がわからないとはっきり書いたところ、2chのエミュ本スレの住人と大喧嘩になったためです。そのため、お金の稼ぎ方の項目は削除されることになりました。今回はその沈黙をやぶり、お金の稼ぎ方について書こうと思います。

N最強武器から店売り最強D武器へ


N最強武器が消失してしまったあなたが次に目指すのは、店売り最強D武器の1.5m級武器です。
1.5mなので約1,500,000アデナ必要です。ひぇっと思われる方がいらっしゃるかもわからないですが、TI鯖オープン当時は初心者N最強武器もなく、アデナドロップのレートも今(2016/4現在)の1/3しかありませんでした。そんな時代でも、90k級武器一本で1.5m稼ぐのは十分可能でした。

1.5m級武器を手に入れるには


1.5mを武器を手に入れる方法は主に二つです。

公式RMT


TI鯖はユーザーに対するサービスと運営維持費捻出のため、公式RMT(課金サービス)が行われています。そのうち、装備に直結するのは、公式アイテムオークションです。運営がユーザーとユーザーの間を取り持ち、ユーロで武器や防具、アイテムの売買がオークション形式で行われています。

数百円の初期投資で、しばらくは安泰ということを考えれば、お金稼ぎに自身がない人には正直おすすめしたいところです。ただ、ゲーマーの端くれとしてみだりに楽な方法を取るのはいかがなものかなという思いはありますが、粛々とやっていただければ、問題ないのかなと思います。

自力で稼ぐ

こちらが本題です。自力で稼ぐといっても、自力で稼ぐ方法は三つあります。
NPCから稼ぐ方法・PCから稼ぐ方法・NPCとPCから稼ぐ方法です。

そもそもなぜ1.5m武器?


600k級、1m級でももちろん結構なのですが、例えば、600k級武器を選択した場合、1次職後半に火力不足になると仮定します。当然、上位武器に買い替えなければならないのですが、1.5m級に比べて1mや600k級は需要が少ないです。そのため、600k級武器を処分するときに、こちらが損する可能性が非常に高いのです。最悪、クリ化して処分するということも考えられます。
600k級や1m級でも決して間違いではないですが、おすすめはできません。買い替えのリスクを極力無くす方針で、がんばって貯めて、一気に1.5m武器を買いましょう。

お金を貯めやすい職


好きな職をやるのが一番ですが、お金を稼ぎやすい職というのがあります。お金稼ぎやすい職そう、それはWIZ(ウィザード)です。WIZの特徴はSS/SPSの恩恵を受けやすいのと、なんといっても高威力の遠距離攻撃があるところです。ここにWIZの真髄があります。
ずばりWIZは防具が必要ないのです。正確には詠唱速度がUPするデボーションセットさえあれば、防具にお金をかける必要がありません。それに比べて、近接職はどうでしょうか。

近接職は文字通り近接するのがお仕事。敵と接敵せねばなりませんが、20台序盤はなんとかなりそうですが、それ以上の狩場ではNグレのウドンセットがどんどんきつくなってきます。武器を買うつもりが、防具も買わねばなりません。これはよろしくないです。
対して、WIZならば40まで一生デボーションセットでもおkなのです。要はあたらなければどうということはないわけです。サモンもいるので、近接職に比べて、ソロ効率は雲泥の差があると個人的には思います。

WIZの欠点としては、MPが空になるとお座りすることが多くなり、テンポが悪くなります。2PCがいない場合、かなりまったりになると思われます。ただ、MPの続く時間だけはスピーディです。また、1~2撃で仕留めることが前提になるため、HP2倍や3倍の強化MOBは苦手です。

また、WIZのほかにもスポイルという特別なスキルが使えるスカベンジャー(ドワ)もお金を貯めやすい職に挙げられます。TI鯖では素材アイテムが高騰する傾向にあるので、スポイルでこつこつ素材を貯めるのも、1.5m級武器への近道へとなるでしょう。

2PCの活用


TI鯖では2PCによるプレイが有効です。
IPの数ではなく、パソコンの数だけクライアントを起動できます。また、課金サービスでアカウントをプレミアム化することにより、単一のPCでクライアントの多重起動が可能になり、2PCによるプレイが可能になります。
2PCだと、エンチャントやヒールなどの支援を受けれるため、効率がうpします。2PC環境にある方や課金に抵抗がない方には是非2PC導入をお勧めさせていただきます。1PCでしかプレイできない方も、血盟やパーティを活用していただければ十分間に合います。

NPCからお金を稼ぐ


ここでいうNPCとは俗にMOB、モンスターのことですね。
モンスターを倒すとアデナドロップとアイテムドロップをします。近年のアップデートでアデナドロップが3倍になったため、フルSS(SSやSPSを常時使用すること)しても十分黒字になるやさしい仕様になりました。つまり、狩り続ける限り、1.5mに近づいていくわけですが、30になる前には1.5m級を入手したいところ。

というわけでアイテムドロップも狙っていきます。

モンスターには武器ドロップ型、防具ドロップ型、アクセドロップ型の敵が存在します。中盤の敵は武器のドロップ率が0.001とかになるんですが、序盤の敵の武器のドロップ率は0.03と非常に狙いやすくなっております。例に出していうと、ランクリザードマンリーダーがN最強武器のフォルシオンを落とす確率が0.03です。店売りで100kの品なので、ファルシオンを15本出せば1.5m急に武器に到達できます。

このように、何となくMOBを狩るのではなく、狙ってMOBを狩っていく必要があります。そういう意味で、需要のあるアイテムや確率、MOBの難度など、ある程度下調べした上で狩場を選択するのがよいでしょう。上述ドロップ型のほかにTI鯖ではDAI(強化スクロール)をドロップするボーナスMOBが配置されています。D-DAIは300k前後で取引されており、もしドロップすれば非常においしいアイテムです。当然、出すMOBは人気なので狩場争いは必死ですが、確率は万人に平等。一攫千金も夢ではないです。

PCからお金を稼ぐ


極論、このゲームは100kの元手から1G(1000000k)稼ぐことが可能です。
PCつまりプレイヤーから手っ取り早くお金を稼ぐ方法があります。そう、転売です。安く売って高く売ったり、高く買って安く売ったり、自分のプレイ環境にあったスタイルを確立することが肝要です。このゲーム、露店(個人商店)が本当に奥深く、キャラクターの育成部分に匹敵する重要なコンテンツになっております。環境によっては、露店放置(パソコンのつけっ放し)ができない方もいると思いますが、TI鯖ではオフライントレード(ログアウトしても商店が残る)システムなどもありますので是非ご活用ください。

さて、転売と一口に言っても、どれを転売すればいいのかわからないと思います。
おすすめは、好きこそものの上手なれ。例えば、自分が個人的にブリ頭の装備を買うか制作しようとします。当然、なるべく安く買うor作りたいわけですから、露店や掲示板とにらめっこになると思います。2~3日、露店を眺めているだけで、ブリ頭の相場に相当強くなるはずです。あとは簡単。自分の実体験を生かし、ブリ頭を転売してみましょう。700kでブリ頭を買ったとして、今度はそれを750kで売るとします。そうすれば50kの儲けです。ね?簡単でしょ。


また、注意事項があって、なるべく流動的な物、例えば人気の装備やアイテムを転売するターゲットにするようにしましょう。D重装備ではブリガンダインセットが非常に人気ですが、ミスリルセットを目玉に据えて、転売しようにも需要があまりにも少ないので、回転数も落ち、かなりがばがばな儲けになってしまいます。人気で高価でかつ需要が絶えないようなアイテムがベストです。そういう意味で強化スクロールを転売商品として扱うのは理にかなっています。単価が高い上に消耗品でお金持ちがたくさん買っていってくれます。ただ、みんな同じことを考えるのでライバル店も多いです。


また、長時間露店放置可能な方は素材転売にも手を出してみましょう。
株をやっているようで本当に面白いですよ。装備や強化スクロールと違い、素材は数が勝負です。1aの差でも1000個で1kの利益です。TI鯖では制作が盛んなので、素材が突然高騰することもあります。100a高騰すれば1000個で100kです。これもまた、相場に精通していないと痛い目を見ますので素材転売はかなり研究して行いましょう。かなりプロの転売人は必要とあれば、買い占めを行って独占状態にもっていくらしいです。そのリスクと労力と資本金を考えれば、果たして効果があるのかが疑問ですが…。


ここでは素材を例にあげましたが、SSにしたってそう、クリスタルにしたってそう。結局、人生ってのは応用なんだなぁ…。今回はそれがたまたま素材だったというだけの話。


スペルブック転売もかなりおすすめです。スペルブックは魔法やスキルを習得するために必要なんですが、確かな相場がありません。みんな雰囲気で買って雰囲気で売っています。ここに勝機があります。もしこの雰囲気の最小値と最大値を取れれば…。しかし、この差額を見抜く目を養うにはやはり毎日毎日露店を眺め、相場感覚を養う必要があります。ヘイストやデスウィスパーなど、人気本は単価が非常に高いので、転売に成功すると大きな利益になります。また、他職種からはゴミみたいな本でも、本職からすれば超重要スキルなのは世の常で、前にDE系のヘックスのブックが10kで売られていたのはさすがに失笑でした。


みなさんも経験あると思いますが、2次転職したてのころは、すぐにスキルを覚えたいという欲求に駆られ、スペルブックに大枚をはたく…といったようなことがあると思います。ここの心理を突くのです。ここに転売の真髄があります。転売とはそれすなわち、人の「まぁちょっといいか」を突く作業。人の心理を掌握してこそ転売は上手くいきます。転売は時に人から煙たがられる行為ですが、合法的な商売の手段です。みなさんも良い転売ライフを。

内容に不満があるのでそのうち全部書き直します。