Top > コマンド目録 > 動画関連コマンド

動画関連コマンド(Ver5.3.0確認済)

Last-modified: 2018-04-17 (火) 13:29:00

動画 Edit

動画 movie1 opening.mp4 0 0 50 800 450
  • Moviesフォルダ内にある動画を再生します。対応形式は明記されていませんが、mp4が無難だと思われます。
  • 動画の再生領域は、設定項目「横幅」「縦」で指定したサイズまで拡大・縮小されます。
  • 再生が終了しても自動的に退場するわけではありませんので、必ずコマンド「アウト」を適用してください
設定項目記述の種類説明
【必須】名前命名素材に設定する個体名
【必須】素材ファイル名ファイル名動画として再生するファイル
【必須】x座標数値素材左上の頂点のx座標(左右方向の座標)
【必須】y座標数値素材左上の頂点のy座標(上下方向の座標)
【必須】表示レイヤー数値素材の位置するレイヤー
【必須】横幅数値素材の左右方向の大きさ
【必須】数値素材の上下方向の大きさ
  • コマンド「待機」に設定できるオプションの中に「動画終了」と「干渉可能」があります。
    たとえば……
    待機 動画終了
    というコマンドを動画コマンド以降に設定すると、動画の再生が終了するまでは以降のスクリプトの読み込みをしなくなります。
    さらに……
    待機 動画終了 干渉可能
    というように「干渉可能」を付加すれば、ENTER入力によって待機状態を解除し、以降のスクリプトを読み込み始めることができるようになります。
    この場合においても、動画の再生が終了した時点からは以降のスクリプトを読み込み始めます。