history の変更点

TITLE:過去の更新情報

#contents
~
*Ver12.8.0 アップデート内容(2021/09/10)[#v12_8_0]
[ Light.vn本体 ]
-Windows: BugTrap追加
-コマンド追加:衝突範囲タイル
-コマンド追加:衝突範囲タイル追加
-コマンド追加:歩行速度
-コマンド追加:基本歩行速度
-コマンド追加:子衝突範囲消去
-コマンド追加:子衝突範囲消去
-コマンド追加:歩行領域タイル人物
-コマンド追加:隣接方向衝突継続時
-コマンド追加:直視
-コマンド追加:衝突処理消去
-コマンド追加:衝突範囲タイルレイヤ追加
-コマンド追加:システム変数
-コマンド追加:システム変数保存
-コマンド追加:バックログボイス上書き
-''コマンド追加:全変化完了''
--要望された「演出スキップ」。
キーダウン・長押し・ボタンなどに付けて自由に使ってください。
-コマンド:タイル移動
--所要時間が選択入力に。
--スキップ禁止、入力追加
-lv関数追加
--lvRandomName
--lvTimeNow
--lvKeyDown
--lvTileX, lvTileY
-システム変数追加
--vn_sysMasterVolumeOn
--vn_sysBgmVolumeOn
--vn_sysSfxVolumeOn
--vn_sysVoiceVolumeOn
-lvRandomの、最大値の出る確率の均一化。
-エディタ:衝突情報表示
-エディタ:変数タイプ情報表示
-エディタ:マクロ表示
-カメラの破壊防止
-タイルマップ
--複数のタイルシートの使用が可能に
-アニメーションタイルの作成が可能に([[資料>https://docs.google.com/document/d/17orkWCk2DAll6uFnELs_E-OeNX8V19HeaOgCOXChbIo/edit#bookmark=id.7sx0286x8aq8]])
-''砂時計:実行される度に、コマンドを文字列に囲むと再計算されるように。''
-Commands.xml
--実行される度に、コマンドを文字列に囲むと再計算されるコマンドに関連説明を追加。
-リアルタイムプレビューの正確度向上
-サンプル例追加
--NPC会話
---NPC羊提供:伊藤コウ
--ランダムイベント
--タイルマップ移動
--オブジェクト接触例

[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''システム変数保存''
--により、このコマンドを呼ぶか、終了時にのみシステム変数が保存されるように変更。
-''現在年、現在月、などの変数を廃止''
--lvTimeNowで統一
-''過去バージョンから更新する場合、BugTrap.dllも一緒にペーストする必要が生じる。(今回だけ)''

[ バグ修正 ]
-歩行領域問題修正
-衝突範囲のリアルタイムプレビュー問題修正
-lvSubstringなどのエスケープ文字処理修正
-ロード後のバックログボタン問題修正
-カメラリセット問題修正
-エディタ:存在しないスクリプトの処理改善
-バックログボイスが透明な状態で触れられていた問題修正
-エディタープレビュー画面の拡大時の枠ずれ現象修正

*Ver12.6.0 アップデート内容(2021/07/31)[#v12_6_0]
[ Light.vn本体 ]
-エディタ:左側のコマンド挿入欄を畳められるように
-変化コマンド効率化
-キー状態のチェック改善
-サンプルのScripts/System/内のファイル名簡略化
-エディタ:自由カメラを追加
-''コマンド:タイルマップ、追加''
--Tiled チュートリアル
-コマンド:歩行領域、追加
-コマンド:歩行領域絵、追加
-コマンド:タイル移動x、追加
-コマンド:タイル移動y、追加
-タイルマップチュートリアル追加
--tut_map.txt参考
--ラムの歩行アニメーション提供:伊藤コウ
-スクリプト関数追加
--lvSaveExists
--lvSaveImagePath
--lvSaveInfo
--lvSaveGetDataVar

[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''Shaders内のファイルを更新''
--glsl バージョンもgles 300にあげたので、カスタム特殊効果を使う方々はご参考ください。
-待機 ボタン選択 [先頭]
--''先頭入力を必須に''。
-待機 文字出力完了
--文字窓が存在しているか確認するように。
-''セーブ・ロード画面の仕組みを変更''
--特殊変数のほとんどを廃止
--System/save, load.txtを参考
-イベントを追加
--system/sys_events.txtを参考
--''ウインドウを閉じる際に自動で出るダイアログが自動で出ないように変更''。イベントとして新たに登録する必要あり。
-コマンド:カメラ追走
--''対象個体とカメラの描画中心座標を基準にするよう変更''

[ バグ修正 ]
-台詞情報種類問題修正
-アニメのロード問題修正
-エディタ:エラー時にテストプレイが終わらない問題修正
-アウト関連したカーソル問題修正
-カメラ移動時のルビ位置問題修正
-ボタンの透明無視がセーブされない問題修正
-文字の色などを変える際にルビが消える問題修正
-カメラの拡大中心がずれてる問題修正
-エディタ:IME切り替え問題修正
-書き込みパス関連問題修正
-画像品質が画像変換時に継承されない問題修正
-カメラ追走のリアルタイムプレビュー問題修正
-パッチ配布
-回転絵のロード問題



*Ver12.4.0 アップデート内容(2021/06/23)[#v12_4_0]
[ Light.vn本体 ]
-Light.vn Pluginページ追加
-エディタ:個体の画面領域情報追加
-エディタ:衝突範囲表示
-''Light.vnスクリプト関数追加''
--lvRandom
--lvExistsObj
--lvSubstring
--lvRemoveSuffix
--lvPositionCenterX
--lvPositionCenterY
--lvPositionCenterZ
--lvPositionDeltaX
--lvPositionDeltaY
--lvKeyFree
--Commands.xmlを参考。
-乱数計算の改善
-コマンド:衝突範囲方形、追加
-コマンド:衝突範囲方形追加、追加
-コマンド:衝突開始時、追加
-コマンド:衝突継続時、追加
-コマンド:衝突終了時、追加
-コマンド:衝突処理初期化、追加
-コマンド:物理処理、追加
-コマンド:反復実行、追加
-コマンド:アニメ一時停止、追加
-コマンド:アニメ再生、追加
-画像コマンドの処理速度改善
-ブラウザ:モデル表示改善
-アウト !カメラ付着、が可能に。
-変数変化のシンクロ処理が可能に
-変数式確認機、最初に一度実行されるように
-コマンド:カメラ追走、追加
-コマンド:カメラ範囲x, カメラ範囲y, カメラ範囲z 追加
-コマンド:反応透明度、追加
-エディタ:コマンドがついていないキートリガは非表示
-バックログのボイス再生ボタン:改ページを行わない際のテキストにも対応
-''文字出力効果:ルビが文字窓の設定に沿うように''
-コマンド:画像品質、追加
-画像全体品質のCommands.xmlセクションをtransitionに変更
-''マウスカーソルの位置移動をスクリプトからできるように''
--Plugins/lvnmessage参考
-コマンド:方向移動x/y/zの書き方を追加
--(速度のみ指定し、無限移動)
-フルスクリーン処理を改善
-tut_basic.txtにスクロール型UI例を追加
--Discordのtramさんの例を応用。
-tut_maps.txtを追加
--''工事犬との横スクロールアドベンチャー''
--06/24: 操作キー説明追加


[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''コマンド:アニメ登録、各画像の後表示時間が必須に''
--結果、乱数の使用が可能に。
--tut_overall.txtを参考。
-''キートリガー初期化、入力禁止が現画面領域内のみを対象とするように''

[ バグ修正 ]
-テストプレイ中にエラーが表示された際にF5を押すとフリーズする問題修正



*Ver12.2.0 アップデート内容(2021/05/04)[#v12_2_0]
[ Light.vn本体 ]
-エディタ)最大化された際のプレビュー領域を記憶
-エディタ)settings_dev.xmlにStartMaximisedを追加
--trueにする場合、エディターを起動する際に最大化
-エディタ)作品のリアルタイム情報追加
--画面領域
--キートリガ
--変数にスクリプト変数まで表示されるように。
-演出コマンド最適化
-コマンド追加:
--''画面領域開始''
--''画面領域上書き''
--''画面領域終了''
-演出コマンドの対象、ボタンの反応全部、画面領域によって決まるよう
サンプルの全スクリプトを画面領域を中心に再構成。
-演出コマンド全部、画面領域範囲の引数を追加
-''コマンド:入力禁止、追加''
-エディタ)画面解像度によってUIが柔軟に変わるように改善
-素材の読み込み速度更に向上
--過去作品に12.2を充てるだけで大分かわります~
-回転絵に、縦、オプションを追加
-コマンド追加:
--違ってももし
--違ったら
--変数条件管理をより楽に・効率よくできるように
-/* */による複数行のコメント化
-コマンド:描画許可、追加
-HPのリンク更新
-| の最後にシンクロコマンドをつけられるように
-ブラウザー出力関連資料更新
-コマンド追加:
--音源確認機
--同期音
-エディタ)タブを切り替える際に不必要なリソースを解放
-ボイスファイルはキャッシュされないように改善
-コマンド追加:音量ログ
--音声絵などの引数を測定するためのコマンド
-音声絵、取得音量の時間ずれ、オプション追加
-メモリー使用軽減
-コマンド:画面内反応範囲、追加
-動画コマンドの動画・音声シンクロ率改善
-''コマンド追加:名前変更''
-コマンド追加:アニメシート登録
--tut_basic.txtに例を追加
-変数演出機能を使ったバトル例を追加
--tut_var.txt

[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''インコマンド使用時、現在透明度から不透明まであがるように変更''
-音声絵の正確度向上
--以前から使用されている場合、数値の変更が必要になる可能性あり
-''シナリオ行・文字内の{{}}が編集時にも計算されるように''
-コマンド名変更:ボタン反応範囲 -> 反応範囲
-''トラックバーの引数順を更新''

[ バグ修正 ]
-絵の引数計算バグ修正
-キートリガー初期化問題修正
-画面トランジション時のまばたき修正
-テストプレイ時の強制終了修正
-動画ロード問題修正
-画像トランジション問題修正
-自動ボイス問題修正
-luaによって作られる個体のリアルタイム編集問題修正
-エディタ)プラグインスクリプトが更新されない問題修正




*Ver12.0.0 アップデート内容(2021/03/08)[#v12_0_0]
[ Light.vn本体 ]
-キー長押しの効率化
-変数の演算子追加:>> << **
--Commands.xmlに説明追加
-コマンド)個体、を追加
--親子設定をより便利に行うためのもの
-''コマンド)モデル、追加''
--現在.glbのみに対応
-コマンド)ライト、追加
-コマンド)ライトモード、追加
-コマンド)方向移動x, 方向移動y, 方向移動z、追加
--tut_3dにモデル関連例を追加
-演出コマンドの「所要時間」欄に、ミリ秒ではなく、秒速(ups)指定ができるように
-''コマンド)変数式確認機、追加''
-''コマンド)変数変化、追加''
--tut_varに関連例を追加
-マスクが粒子にも反映されるように改善
-コマンド)マスク自動反映、追加
-コマンド)カメラ基準個体描画、追加
-エディタ)座標系表示オプション追加
-エディタ)同一z座標の個体は、個体タブにて青く見えるように
--同一zによる問題回避用
-エディタ)個体タブのx, y, z順に個体を整列できるように
-メモリーの自動解放が、別スクリプトにジャンプする際にのみ行われるように改善
-''変数、もし、コマンドのリアルタイムプレビューができるように''
-画像、コマンド使用時に、サイズの違う画像を指定する場合エラーがでるように
-音量が100以上の設定になれるように改善
--ただ、100を超える場合、それが反映されるかはPCによる。
-エディタ)読み込み専用のファイルを開こうとすれば、警告が出るように
-音声絵)背景音も読み取れるように
-LightAppがvcruntimeなどを必要としないように
-素材の読み込み方式改善:
--Windows出力の場合、大抵の場合ほぼ感じられなくなるように
余談:演出好きならこれが一番うれしいかも
-LightAppTests.exeを追加
--エンジンのテストパッケージ:実行して環境に問題ないのかなどを確認可能
-エディタ)モデル、ライト、ライト使用・未使用のコマンド入力ボタン追加

[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''同じ個体に同一の演出コマンドを複数使う場合、最後のもののみ反映されるように''
--例:
移動x2 alice 300 300
移動x2 alice 30 300
にすると、2行目のもののみ反映。
-コマンド)マスク、の「表示」オプション廃止
--その場に、表示する画像のファイル名をいれると、それが表示されるように。
-エディタ)左側のコマンド欄がフォントに沿ってサイズがかわるようにしましたが、
その結果、既存のユーザーだとエディターフォントが小さく表示されるようになると思うので、エディター設定に入り、フォントを2倍ほど大きくしてください。

[ バグ修正 ]
-オート・スキップ関連してのサンプルスクリプトバグ修正
-エディタ:スクリプト閲覧関連バグ修正
-保存変数バグ修正
-カメラ設定によってルビが見えなくなるバグ修正
-新規プロジェクトバグ修正
-マスクバグ修正
-サンプルの回想スクリプトバグ修正
-空のカメラ設定過ち修正
-エディタ:テストプレイ時のエラー関連問題修正
-背景音のイン時の音量バグ修正
-空のブレンドモード問題修正
-エディタ:空のコマンド入力ボタン関連問題修正
-最終ジャンプ問題修正
-動画がたまに半透明になる問題修正
-ボタングループのロードがされない問題修正
-xy軸固定、の反映問題修正



*Ver10.8.0 アップデート内容(2021/01/04)[#v10_8_0]
[ Light.vn本体 ]
-コマンド:番号スクリプトジャンプ、追加
-ファイル「settings.xml」に「disallowOpen」「disallowPopups」追加
--(ブラウザ出力資料を参照)
-ブラウザー用作品配布にむけたアドバイスを配布資料に追加。
-画像変換の際の画像間の透明度違い処理を緩和
-変数:vn_system_name追加
-ボイス、背景ボイスの音量計算改善
-コマンド:トラックバー、の最後に「調整完了時実行コマンド」引数を追加。
--例:サンプルのサウンド調整。調整後音がなるように
-ブラウザー出力軽量化。
--''モバイル上でも動作するように''。
-コマンド:ボタングループ化、追加
-エディタ:テストプレイ時にエラーがでるとその場で停止できるように改善
-エディタ:個体の位置情報を表示
-コマンドファイルが存在しない場合、クラッシュせず滑らかに停止できるように改善
-''コマンド:変数クリア、追加''。
--かなり強力なので使用する場合注意。
-コマンド:セーブ情報継承、追加
--これでブラウザー作品のセーブファイル継承ができるようになります。
-ボイス再生:本来のボイス音量変数なども反映されるように。
-''コマンド:バックログ続く文章追加、追加''
-コマンド:文字出力効果、を0にすると効果が完全に切れるように改善
-メモリ使用率を約30%軽減
-コマンド:コマンド未該当時報告、追加
--デフォルト:true
--以前と同じくLightvnの文法にあっていない行がでてもエラーをはかないようにしたい場合は、falseに変更
-エディタ:カメラ情報も個体リストから出るように
-''コマンド:待機 個体消滅、追加''
-合成画像登録の軽量化
-バウンディングボックスの軽量化
-コマンド:個体深度計算、追加
--デフォルト:true
---これで3D空間上に透明度のある画像がいくつか絡んでいてもより正確に描画されます。
--以前と同じ動作を希望する場合は、falseに変更
-SDL2.dllを排除
-''コマンド:音声絵追加''
-音声にそった口パク例をtut_media.txtに追加


[ バグ修正 ]
-回転絵ロード問題解決
-アニメーション問題修正
-バックログの最終行が表示されない問題修正
-エディターからスクリプト作成時に出るエラー修正
-名前のない栞によるクラッシュ修正
-カーソルロード問題修正
-バックログ関連クラッシュ修正
-文字窓待機絵ロード問題修正
-プラグインが配布時にロードされない問題修正
-既読スキップ情報未保存修正
-全域変数未保存修正
-パーティクルロード問題修正
-csvキャッシュ問題修正
-演出時にロードをするとエラーがでる問題修正
-ブラウザー:特殊効果問題修正
-ブラウザー:空ロード問題修正
-ブラウザ:csv読み込み問題修正
-ボタンレイヤ問題修正
-オートが続かない問題修正
-サンプルのエキストラ:ラムの顔がリプレイ後現れない問題修正
-ボイス、背景ボイスが全体音量を参照しない問題修正
-バックログボイスアイコン位置ずれ修正
-ダイアログがきえない問題修正
-アニメ登録がプラグイン経路を受け付けない問題修正
-プラグインスクリプトが保存されない問題酒精
-3Dカメラによるカーソル表示影響修正
-クイックロードクラッシュ修正
-文字の輪郭がでない問題修正
-フェード時にアルファテクスチャ指定時に文字窓が系内問題修正
-キートリガーがロードされない問題修正
-イベントがロードされない問題修正

*Ver10.6.3 アップデート内容(2020/11/26)[#v10_6_3]
[ Light.vn本体 ]
-settings.xmlに「copy_dialogue_to_clipboard」追加。
--Trueの場合、文字窓・文字に表示される文字は自動的にクリップボードにコピーされる。
-メディアチュートリアルの動画をWiki紹介に更新
-変数 += 時の未定義変数の場合の処理をより分かりやすく。


[ バグ修正 ]
-browser出力でのセーブ・ロードができない問題修正
-エディター:コマンド挿入後テストプレイできないバグ修正
-コマンドマクロ説明更新
-バックログが未表示の際にもボイス再生ボタンが触れられる問題修正
-エディタ:バックログのボイス再生ボタンが消え続ける問題修正
-バックログ再生ボタンの位置ずれ修正
-バックログが最初の行を表示しない問題修正



*Ver10.6.0 アップデート内容(2020/11/23)[#v10_6_3]
[ Light.vn本体 ]
-描画速度向上
-コマンド:バックログボイス位置、追加
-回転絵を回転・拡大・移動させてもちゃんと反映されるように改良
-マスク
--2Dカメラ反映時に拡大・移動・回転などがちゃんと反映されるように
-マスクに「表示」オプションを追加
--tut_basicに例を追加
-無限ループをキャッチする構造を追加
-コマンド:空、追加
--tut_3dに例を追加
-カメラオプション、追加
--y軸固定、xy軸固定
--tut_3dに例を追加
-アニメ登録、「変化タイプ」オプションを追加
-エディタ:新規プロジェクト機能復活
-コマンド:文字進行通常強制、追加
--これでメニューに入った際にのみオート・スキップを解除し、メニューから出た後にまたオート・スキップに自動的に戻るなどの仕組みが可能に
-''Plugin機能を追加''
--Plugins/lvn_messageにサンプル例を追加
---(関連しての注意事項を下に作成)
-演出をより滑らかに、時間を守るように改良
-コマンド:プリーロード、「永久」オプションを追加
-コマンド:タイトル追加文字列、追加
-ルビーが本文と一緒に流れて表示されるように改良
-コマンド:文字読後透明度、追加
--読まれた文章を透明にさせる効果
-エディタ:オートコンプリート機能追加
-コマンド:コマンドマクロ、追加
--より安全な形のマクロ
-''言語切り替え機能を追加''
--コマンド:台詞情報種類、台詞情報登録、台詞情報新文章、台詞情報追加文章、追加。
--tut_textに例を追加
-コマンド:システムエラー、debug.txtにも記録を残すように
-''Browser 出力を作り直したぜ!''
--''これからはc++版と一緒に更新される。''


[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''バックログ改ページ接頭「辞」にコマンド名変更''
-バックログが「タッチ素材設定」を継承するように変更
--これでボイスアイコンをおした際の音源再生などが可能に
--backlog.txtに例を追加
-''スキップ・オートの仕組み変更''
--コマンド:文字進行形式、追加
--コマンド:文字進行スキップ、追加
--コマンド:文字進行オート、追加
--コマンド:文字進行通常、追加
--コマンド:文字進行、削除。
--変更により、「既に読まれた箇所に入った際に自動的にオート、またはスキップ状態に切り替わる」仕組みの実装が可能に。
---textbox.txtに例を追加(デフォルト)
-Plugin機能追加による変更
--ファイルパスの真っ先に「/」を入れるとLight.vnのLightAppからの絶対パスを意味するようになる。
--従い、「プリーロード」を使う際にも/を入れる必要が生じる。
-''コマンド:キートリガー廃止。''
--コマンド:キーダウン、キーアップ、キー長押し、追加。

[ バグ修正 ]
-反復区間修正
-バックログボイスがプレイされない問題修正
-粒子にマスクをつける際のクラッシュ修正
-動画ファイルが存在しない場合に何もしない問題修正
-動画クラッシュ修正
-置換後のフリーズ修正
-プレイ時にエディターからコマンドを入れる際のクラッシュ修正
-一部コマンドがハイライトされない問題修正
-文字を続いて表示させる場合の余計な空白修正
-特殊効果関連バグ修正
-配布時にフォルダーが存在しない場合のクラッシュ修正
-アイコンが反映されない問題修正
-待機 時間、の最中にセーブするとロード後にとまる問題修正



*Ver10.2.0 アップデート内容(2020/09/26)[#v10_2_0]
[ Light.vn本体 ]
-コマンドのエラーチェック強化
-カメラのデフォルトz視野を3000 ~ -3000に変更
-コマンド:タッチ素材設定、UI活性時画像を追加
-エディタ:複数のスクリプトの読み込みを可能に
-ウインドウサイズをユーザー側で調整可能にするか否かの設定を追加
--Settings.xml
--エディターから設定可能
-ウインドウ枠を表示させるかどうかの設定を追加
--案外面白い使い方がありそうな。
--Settings.xml
--エディターから設定可能
-エディター:スクリプト作成時に.txtをつけるように。
-エディタ:マスク表示設定を追加
-コマンド:文字窓待機絵の位置タイプを追加
--任意の場所に表示できるように
--サンプル追加
-コマンド:特殊効果自動反映、追加
--サンプル追加
-粒子関連コマンドに正規表現を使えられるように。
-座標系がLightAppからだと現れないように。
-コマンド:システムログ、追加
-コマンド:拡大範囲、入力バリエーション追加
-ルビー:反映単語の一番高い位置を基準に表示されるように改善
-エディタ:スクリプトを閉じる際に保存確認をするように
-エディタ:検索・置換時の設定が保存されるように
-エディタ:フォントをユーザー側でかえられるように
-エディタ:配布経路が保存されるように
-エディタ:ラム・バーレが現れるように
-エディタ:漢字変換時の表示がより分かりやすいように
-オート時に、待機 時間、の時間を守るように
-コマンド:文字反復出力、追加
-コンフィグ:テキストオート・文字速度のプレビューUI追加
-エディタ:コマンドボタンクリック時に個体の操作ができるように
-エディタ:左側のコマンドを大幅に拡張
-LightApp軽量化
-コマンド:タイトル追加文字列、追加
-コマンド:待機 演出終了 [対象]、追加
-バックログ軽量化
-コマンド:マスク反映2、追加
--サンプル追加:エル子登場
-''コマンド:回転絵、追加''
--サンプル追加
--コマンド名がおかしなことは許してください(....)
-合成画像登録の軽量化
-LightAppがvcruntimeを必要としないように
-演出チュートリアルに新機能の例を追加。

[ 更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録) ]
-''コマンド:ハイライト条件、追加''
-''コマンド:バックログ現在話者、追加''
-''コマンド:バックログ改ページ接頭辭、追加''
-''コマンド:文字進行、* 表記廃止''
-''コマンド:ダイアログスクリプト登録、追加''
--既存のSettingsからの設定廃止

[ バグ修正 ]
-配布問題修正
-ロード後に個体が動かない問題修正
-ロードからの右クリック問題修正
-メニューからバックログへの移動問題修正
-粒子のz速度問題修正
-粒子のz位置問題修正
-ボタン活性条件問題修正
-親子個体のz位置問題修正
-ボタン再生成の際にハイライトがちゃんとかからない問題修正
-非ascii文字ファイルパス問題修正
-カーソルがデフォルトカーソルをみせない問題修正
-カーソルがスクリーンショットに表示される問題修正
-透明無視によるクラッシュ修正
-文字速度 0 の挙動問題修正
-トラックバー最初数値が反映されない問題修正
-ウインドウのfps表示可否が効かない問題修正
-スクリーンフェード問題修正
-ウィンドウモードがアプリ再起動の際に反映されない問題修正
-エディターからスクリプトを保存する際に余計な行が追加される問題修正



*Ver10.0.0 アップデート内容(2020/07/28)[#v10_0_0]
[ Light.vn 本体 ]
-V2エディター公開
--機能追加(今後もいろいろ追加していきます)
---スクリプト状態閲覧
---変数閲覧
---ログ閲覧
---表示中個体閲覧
---&color(Red){''サポートオーディオフォーマット wav, mp3, flac 追加''};
--必要Dll
---エディターの場合vcruntimeが必要な場合があります。
(大抵のところでは既に設置されてあるはずですが、なければ起動時にエラーがでると思います)
LightAppは以前通り、他に何も必要としません。
-一時停止・再生続行、コマンドが演出コマンドにも対応
--演出中にもメニューを開けられるように
-コマンド追加)回転x, y, z 
-コマンド追加)移動x, y, z, xyz
-コマンド追加)拡大x, y, z
-コマンド追加)焦点 
-コマンド) ボタン文字、に中央からの相対位置入力を追加
-3Dチュートリアル追加
-エディターに「座標系表示」オプション追加
--(最初はこれをつけないと錯視現象などの影響で自分がどこにいるのかわからなくなりやすいため追加)
淡い方が+ 暗い方が -
-CGモード追加
-Replayモード追加
-Musicモード追加
-回想モード追加
-Endings閲覧追加
-ロード後、バックログに現在表示中のセリフが登録されるように改善
-コンフィグからのウインドウサイズ変更例追加
-スキップ時に画像トランジションなども一瞬で行われるように
-コマンド)文字自動送り、の最後に追加間隔の設定が可能に
-非表示の際にGPUを使用しないように
-文字関連軽量化
-画像変更時、元の色・透明度まで反映されるように
-エラーログ強化
-画像全体品質が文字にまで反映されるように

[ ''更新 (下位バージョンとの互換性がとれない更新目録)'' ]
-64bitに対応
--使用可能なメモリーが既存4GBから128GB ~ 4TBまで上昇
(GPUメモリーとCPUメモリーは別なので注意)
&color(Red){''32bitは今回の更新から廃止''};
-動画の場合、
MPEG1 Video ("mpeg1") 
MPEG1 Audio Layer II ("mp2")
の.mpgファイルのみに対応
(マルチプラットフォーム対応を容易にするために)
--ffmpegを使っての動画変更コマンド例:
ffmpeg -i input.mp4 -c:v mpeg1video -c:a mp2 -format mpeg output.mpg
(これだけ使うと動画の品質が少し落ちるので工夫が必要です)
-カメラ変化(移動など)との反対側へ個体が反映される
--例:カメラを+10移動させたら、個体は-10に移動される
-文字陰に、陰の文字からの相対位置入力を追加
-''オプション:カメラ無視 -> カメラ付着''
--3D空間においての個体との関係性(相対性)を
より分かりやすくするために変更
-''コマンド追加)バックログスクロール''
--これを設定しないとバックログが動かなくなるので、追加必要あり
system/sys_backlog.txt参考

[ バグ修正 ]

-V2のマスクがおかしかった問題修正
-スクリーンアウト後にまだ個体が残っている問題修正



*Ver8.4.0 アップデート内容(2020/04/02)[#v8_0_0]
[ Light.vn 本体 ]
-エディターキャッシュ機能復元
-動画、背景音軽量化
-内部素材参照アルゴリズムの簡略化
-編集からテストプレイにかわる処理軽量化
-素材処理アルゴリズムの軽量化
-''全ての座標を素材の左上を基準にするように変更''
-座標関連アルゴリズムの簡略化
-''待機アイコンの位置を最後の文字のすぐ後にくるように改善''
-ジャンプ失敗メッセージにジャンプが開始された行が表示されるように改善
-オーディオ素材処理軽量化
-opengl 2.1を満たさない場合、ユーザーにメッセージ表示
-エディターから編集中に背景音をながす設定をonにする場合、反復効果音、背景ボイス、なども再生されるように
-vn_savedatavar<slot>_<変数名>を追加
--''これで特定セーブファイルの保存変数値を引き出せられるようになります''。
-エディター:''全てのファイルパスに「/」が入るように統一''
-スクリプト上の半角・全角スペースへの対応をより柔軟に
-''エディターからのV2版出力機能実装''

[ バグ修正内容 ]

-ルビ位置問題修正
-テストプレイ中に背景がスクリーンにあわせ拡大されないこと修正
-エディターで編集中にボタンコマンドが活性化される問題修正
-ロード時にバックログの字が白くなる問題修正
-使用文字窓の登録が解除される現象修正
-エディター:以前の背景音が再生される問題修正
-アニメ登録コマンドのループ計算あやまち修正
-動画ロード問題修正
-動画フェード問題修正
-粒子が瞬く問題修正
-文字の位置がおかしくなる問題修正
-ボタン中の文字位置計算修正
-文字陰が反映されると文字位置がかわる問題修正
-文字窓と待機コマンドを同時に使用すると発生するまれな問題修正
-トラックバーが動かない問題修正
-拡大が100%を基準に計算されていない問題修正
-エディターから素材挿入時「タッチ素材設定」を使用するように修正
-サンプル中のオートモードが一番早い設定で動かない問題修正
-文字整列時に待機アイコンの位置がおかしい問題修正
-文字位置計算あやまちを修正
-自動ボイス計算のあやまち修正
-テストプレイ中にループが行われない問題修正
-演出反映速度計算問題の修正
-エディターの左下設定が保存されない問題修正
-文字進行 * が反映されない問題修正
-プレイ中のメッセージ窓が現れない・プログラムを落とす問題修正




*Ver8.0.0 アップデート内容(2019/10/26)[#v8_0_0]
[ Light.vn 本体 ]
-UIの大々的改善!
-画像コマンド説明更新
-エディター)起動時に現在フォルダーの書き込み可能状態を確認
-セーブファイルの時間文字列を任意で設定できるように改善
--vn_save_time_format
-マウス位置取得変数追加
--vn_mouse_x vn_mouse_y
-コマンド)自動ボイス登録、追加
-コマンド)自動ボイス、追加
-サンプル)マクロをより安全な書き方に更新
-コマンド行にのみマクロが反映されるように更新
-読み込み続行禁止 -> 続行禁止、に簡略化
-待機 textInput -> 待機  文字入力完了、に更新
-画像全体品質、文字にも反映されるように更新
-コマンド)文字再度出力、追加
-待機 文字出力完了、追加
-settings.xml) logDuringSkip 追加
-スキップ中にログするかどうかを設定
-オートモード)ボイス・文字出力の内長いものに合わせ進行するように更新
-c++配布時に問題が発生した場合にエラーが出るように改善
-コマンド)文字自動送り、追加
-コマンド)文字禁則行頭、追加
-コマンド)文字禁則行末、追加
-コマンド)文字追加間隔、追加
-ボタンが押された際にキートリガーが発生しないように改善
-ボタンクリック仕組み最初から作り直す
-ボタン複数クリックなどより柔軟・自然に動作!
-c++17にエンジン更新
-素材管理システム大幅軽量化
-vn_saveimage<x>変数追加
-ボタン関連しての、セーブ削除の例外処理排除
-ボタン関連しての、ロードの例外処理排除
-ボタン関連しての、セーブの例外処理排除
-コマンド)ボタン活性条件、追加
-コマンド)背景:x, y, レイヤーオプション追加
-セーブ画像が表示領域のみを反映するように改善
-lua問題時のエラーメッセージ追加
-コマンド)ボタン処理順位、追加
-スクリーンイン・アウトに輪郭ぼかしオプション追加
-トランジション関連コマンド全体へ追加
-文字関連コマンド全て、対象に正規表現の使用ができるように更新
-コマンド)続行、「続行成功時コマンド」オプション追加
--これで例えば続行時に効果音などつけられるようになります
-コマンド)アニメ登録簡易、追加
-動画)終了時自動削除されないように更新
-作品終了時処理改善
-エディター)Windowモードとして作品がロードされるように改善
-色を受け取るコマンド全て、色オプションに問題がある場合作動しないように更新
-ボタン活性スタック)正規表現を受け取るように更新
-ボタン単独活性化)正規表現を受け取るように更新
-マクロ)ただしい正規表現なのかをコマンド使用時にチェック
-コマンド)セーブ除外範囲、追加
-コマンド)セーブ画像除外範囲、追加
--名前の前に「^」などをつける変な仕組み廃止
-コマンド)文字窓、最初に表示する文字列オプション追加
-コマンド)文字窓待機絵、x y位置オプション追加
-ロード速度向上
-コマンド)続行時文字進行通常、追加
--画面どこかをクリックしオート・スキップなどを解除できる仕組みが実装可能に。
-プリーロード失敗時にエラーをだすように更新
-エディター・本体:エラーメッセージが出される際に一番前にくるように改善
-エディタ)終了時にスクリプトを保存するかどうか選択できるように改善
-コマンド)ボタン基本素材 -> タッチ素材設定、に変更
--ボタンだけでなく、トラックバーなどにも反映されるように。
-コマンド)トラックバー
--タッチ素材設定、が反映
---タッチ・クリック画像等の設定ができるように拡大
-エディタ)開くボタンで既に存在するスクリプトを選択する場合、該当タブを開くように改善
-作品レンダラーの軽量化
-演出の加速などがPC性能関係なく均一に動作するように改善

[ バグ修正内容 ]

-.txtで終わるるあファイルが開かない問題修正
-文字陰 0 の場合、文字窓待機絵が現れない問題修正
-ボタンがクリック画像としてロードされる問題修正
-ボタン0として宣言されたボタンのボタン文字が表示されない問題修正
-エディタ)コマンドファイルが更新されない問題修正
-背景拡大問題修正
-ダイアログ:エディター上で戻るとまた現れない問題修正
-プリーロード強制終了問題修正
-効果音フェードイン問題修正
-文字の上の余計な空間問題修正
-トランジションが早急に終わる問題修正
-トランジションがエディターでちゃんと反映されない問題修正
-カメラリセットがちゃんと動作しない問題修正
-セーブ削除がすぐ起きない問題修正
-ロード時に文字が白くなる問題修正
-ロード時にバックログが存在しない場合の強制終了修正
-ロード時にカメラがロードされない問題修正
-クイックセーブデータがない際のクイックロード問題修正
-ロード時にルビの位置問題修正
-エディター上での動画コマンド挿入問題修正
-続行コマンドが文字窓未存在時にちゃんと動作しない問題修正
-バックログが2回も現れる問題修正


*Ver7.6.0 アップデート内容 (2019/04/17)[#v7_6_0]
[ Light.vn 本体 ]
-拡張性の強い内部構造にLight.vnの処理レイヤーを最初から作り直す。
-メディア処理コマンド軽量化
-文字窓の横幅・縦幅両方これからゼロより大きな数値であることを必須に変更
-文字窓・文字個体の移動・拡大・回転などができるように拡張
-レイヤー変更処理軽量化
-動画に、「カメラ無視」をつけられるように拡張
-コマンド)動画からサイズの引数を削除
-動画の移動・拡大・回転などできるように拡張
-リアルタイムプレビュー上での音量チェックもできるように拡張
-絵・背景コマンドの軽量化
-文字コマンドの軽量化
-編集モード <-> テストプレイ切替軽量化
-コマンド解析システム大幅な軽量化
-特殊効果関連システム軽量化
-砂時計をLight vnの個体として変更
-砂時計のリアルタイムプレビュー上でもちゃんと動作するように拡張
-コマンド)砂時計解除、削除 ->砂時計はこれから「アウト」で削除可能
-コマンド)マウスカーソルが引数として登録済みアニメを活用出来るように拡張
-コマンド)トラックバー更新
-演出コマンド軽量化
-コマンド)ループ終了削除
-コマンド)変化終了、追加。ループだけでなく現在行われている演出変化を終了させる。
-メッセージスクリプトの特殊性を削除
--サンプルを参考。メッセージスクリプトの個体をセーブファイルに保存させたくない場合は、これらの個体の前にも ^, ~などをつける必要がある。
-キートリガー軽量化
-親子処理拡張・軽量化
-ユーザー入力システム軽量化
-コマンド)シスボタン、削除
--もう意味がないので
-セーブ・ロード軽量化
-バックログ大幅な軽量化
-待機オプション: ボタン選択、拡張。待つボタンの対象を指定できるように
-文字窓待機絵の仕様変更
--引数として登録済みアニメも活用出来るように拡張。
--これからは瞬きをさせたい場合は、アニメとして登録する必要がある
-コマンド)音量、に加速度を指定できるように拡張
-コマンド目録)セーブスロット計算式を追加
-コマンド)イベント、追加
--これでロード後の処理カスタマイズができるように。(サンプル参考)
現在まだ研究中。仕様に関しての意見歓迎
-コマンド)文字出力強度
--テキストが滑らかに流れ始めるぞ!
-コマンド)背景音楽自動継続
-コマンド)文字色、色のRGBAが指定できるように拡張
-コマンド)文字陰、陰の太さ引数を追加、色のRGBAが指定できるように拡張
-演出コマンドの変化がより滑らかに行われるように改良
-コマンド)ボタン文字
--仕様変更。これからは対象の文字の子として、文字を追加。
従い、文字を変更するには対象をボタンではなく、この文字の名前にする必要がある。
-コマンド)文字窓スキン
--仕様変更。これからは対象の文字窓の子として、絵を追加。
-イメージファイル名を引数とするすべてのコマンドが(特殊効果以外)、登録済みアニメ、を活用出来るように拡張
-セーブ・ロードボタンの画像がマウスで触れられている際には変更されるように変更
--こちらの方がより自然な気がしますが、意見があればお願いします
-コマンド)キートリガー活性化、追加
-コマンド)ボタン活性スタック、追加
--サンプル変更
-コマンド)合成画像登録、追加
-演出コマンドの時間制御をより正確に(ミリ秒からマイクロ秒単位での正確さに)。
--結果的に前と比べ少し早くなっている可能性があります
-コマンド)スクリーンイン、画像、などでのルール画像の指定値をそのまま反映するように変更
-フォルダ)Particles、削除
-コマンド)粒子発生器、追加
-コマンド)発生間隔範囲、追加
-コマンド)位置範囲、追加
-コマンド)回転範囲、追加
-コマンド)拡大範囲、追加
-コマンド)速度範囲、追加
-コマンド)加速設定、追加
-コマンド)色範囲、追加
-コマンド)終了回転範囲、追加
-コマンド)終了拡大範囲、追加
-コマンド)終了色範囲、追加
-コマンド)マスク、追加
-コマンド)マスク反映、追加
-ボタンタッチがボタンの拡大にも対応するように拡張
-ボタン処理の大幅な軽量化
-コマンド目録)Light vnシステム変数説明を追加
-素材の読み込み軽量化。
--未配布の状態だとほぼラグがなく、配布状態だと前の500%高速化
-サンプルUIの動的さを全体的に向上
-サンプルのチュートリアル全部を今回の更新に伴い更新・拡張

[ バグ修正内容 ]

-ボタンが中心を軸に回らない問題修正
-disabledebug trueの場合ログがエラーを出す問題修正
-音楽関連強制終了修正
-動画再生前のテストプレイ <-> 編集モードへの切り替え問題修正
-アニメ登録関連説明の過ち修正
-カメラ無視が親子でちゃんと動作しない問題修正
-ウインドウを複数回閉じようとする際の問題修正
-エラー時のスクリプトコマンドがちゃんと表示されない問題修正
-文字整列による待機絵の表示位置ずれ修正
-ボタン反応領域問題修正
-サンプル:タイトルに戻った後すぐ右クリック時のエラー修正
-一部ogg背景音楽が反復設定しても反復しない問題修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留



*Ver7.0.0 アップデート内容 (2019/01/19)[#v7_0_0]

[ Light.vn 本体 ]

-ウインドウモード、スキップモードなどがボタンで表示される際の画像を「クリック時画像」に変更
-エディター)テストプレイから編集モードへ戻る際にバックログがリセットされるように改善
-コマンド処理アルゴリズムの軽量化・処理確実化
-デバッグログの軽量化
-disableDebugLog をTrueにする場合、debug.txtが作成されないように改善
-素材読み込み処理の軽量化
-コマンド)システムメッセージ、追加
-コマンド)システムエラー、追加
-「画像」コマンドによるトランジション改善
-間違っているluaファイルを読み込む場合でのエラーメッセージ表示
-エディタ)作品解像度は別の、作品のウインドウサイズ指定を可能に
-コマンド)スクリーン、にウインドウサイズ引数指定を可能に
-settings.xmlをsettings.xml, settings_dev.xmlに分離
--gitなどでの合同作業をより楽にできるように、ユーザー毎の設定をsettings_dev.xmlに分離
-動画のフェードイン・アウト・色調調整が可能に
--関連内容をtut_mediaに追加
-エディター上で動画が再生されるように
-動画の音量がmaster volumeに影響されるように改善
-エディタ)コマンド目録にユーザーwikiへのリンク追加
-エディタ)コマンド目録を含め全体的なUIをより自然に調整
-既存Config内のStrings, Syntaxなどのファイルを統合
--従い、settings.xmlでの再指定が必要
-コマンド)全域変数保存、追加
--これからは全域変数は自動保存ではなく、このコマンドが実行されるたびに保存
-基礎英文翻訳完了
--言語設定を「eng」に変更すると確認可能。
--デフォルトは「jap」
-コマンド)文字太字 (既存の文字ボールドの名前変更)
-コマンド)文字斜体、追加
-'--------------' が繋がって見えるように改善
-luaのエディター内での読み込みを可能に、色を付ける機能追加
-文字関連機能の一からの再構築
--既存処理軽量化、縦書きなどの安定化
-文字がより鮮明に表示されるように改善
-コマンド目録上の説明を強化
-文字窓0、文字0、を可能に
-一般進入防止 => 読み込み続行禁止、に名前変更
-コマンド)script_finの和文コマンド:「スクリプト終了」追加
-コマンド)スクリプト終了原点回帰、追加
-Soul Engine内部コアーをLight vnに移植完了、エンジンの大幅な処理速度改善
-HSL計算調整
-コマンド)文字消去 、追加
-エディタ)コマンド目録にLight vnのLuaコマンド説明追加
-サンプルのsys_msg.txtでの文字を中央整列に修正
-ダイアログ軽量化
-ボタン処理軽量化
-コマンド)ロード・セーブ・セーブ削除、の軽量化及び機能変更
--詳細はコマンド目録を参考
--サンプル上のsys_save, sys_loadも参考
-コマンド)ボタン活性化領域、削除
-コマンド)ボタン単独活性化、追加
-コマンド)ボタン全活性化、追加
--コマンド追加によりsys_menu.txtなどのところを修正
-コマンド)文字自動改行、追加
-コマンド)文字自動待機、改善(空行オプション追加)
-エディター上でシナリオ行でない" "はオプションとしてハイライトされるように改善
-ファイル名を引数にするコマンド全て、文字列のファイル名も受けるように改善
-コマンド)savedataPage、削除
-キートリガーのデフォルト設定を削除
--これからは、作品最初に「キートリガー l.click 続行」などを直接指定する必要が生じます
-Luaコマンド) lvLog、追加
-Luaコマンド) lvSystemMessage、追加
-Luaコマンド) lvSystemError、追加
-Luaコマンド) lvFileExists、追加
-Luaコマンド) lvSetDataVar、追加
-Luaコマンド) lvSetGlobalVar、追加

[ バグ修正内容 ]

-エディター上での稀な「m_script_deque.empty() 」エラー修正
--「-"」活用時稀にテキストが消える問題修正
-縦書きの行サイズが均等でない問題修正
-英文コマンド:voice, bookmarkの未認識修正
-間違っているluaファイル読み込み時に強制終了する問題修正
-ルビを有するテキスト修正時の稀な強制終了修正
-ウインドウ状態での任意サイズへの変更可能問題修正
-ループコマンドのループ数指定バグ修正
-既読スキップバグ修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留

[ 7.1.0 追加更新 ]

-背景が保存されない問題修正
-文字生成時にフォントが存在しない場合生成を中止するように改善
-同一名の動画の場合、上書きするように修正
-動画保存問題修正
-ロード時に文字が左上にずれる問題修正
-サンプル)タイトルに戻ってからボタンが反応しない問題修正
-サンプル)文字自動待機紹介修正
-サンプル)Lua活用例修正・拡張



*Ver6.2.0 アップデート内容 (2018/12/17)[#v6_2_0]

[ Light.vn 本体 ]

-()の中でのマイナス数値計算が可能に
--例:(-2 * -(3 * 我が変数))
-変数にマイナス数値の代入が可能に
-「~」の前に空白があってもコマンド行として認識されるように
-ウインドウモードの位置統一
-起動時の速度改善
-初めて音を鳴らす際の速度改善
-コマンド)「画像全体品質 [0/1]」追加
--デフォルト1)滑らかに。0) 素材そのまま (ドット絵など用)
-ボタン文字のデフォルトをボールド反映されないように変更
-サンプルに文字数の多いバージョンのフォント(.otf)を同梱
-エディタ)開いたスクリプトそれぞれのスクリプト位置を作業中に保存
-エディターの安定性大幅向上

[ バグ修正内容 ]

-文字窓強制終了バグ修正
-既読スキップバグ修正
-背景音一回だけ再生がきかなかったバグ修正
-最終ジャンプが作動しないバグ修正
-親子バグ修正
-ボタン文字が文字コマンドにより変更されない問題修正
-クリア」コマンド使用時のリアルタイムプレビュー更新エラー修正
--長らく潜んでいた強制終了バグ
-メッセージスクリプト未登録時ゲームが終了されない問題修正
-PCにより効果音の最初の部分が再生されないバグ修正

[ Light.vn-js- ]

今回保留

*Ver6.0.0 アップデート内容 (2018/08/31)[#v6_0_0]

[ Light.vn 本体 ]

-()で囲むことによる、式の演算機能追加
-変数値:undefined追加
-もしに条件式をかけるように、もし [true/false]に構文変更
-キートリガー登録の仕組みの安定性強化
-エンジンの入力系、個体管理、Shader機能を再構築
-「ボタン基本資料」を「ボタン基本素材」に名前変更
-「ボタン基本素材」で、タッチ時の効果音を設定せず、クリック時の効果音を設定できるように改善
-- タッチ時効果音の場所に""を入れる
-()による演算式計算機能追加により、変数名、個体名作成時の制限が追加
-- 名前を数字で始める事が不可に。名前の途中に演算子の文字が来ることが不可に。
--従い、前みたいに全域変数としての指定を、変数名の先に「*」を付ける方法ができなくなる。
-「全域変数」コマンド追加:変数値が全域変数として保存される
-「保存変数」コマンド追加:変数値が個別データーに保存される
-「変数」コマンド:データーとして保存されない
-文字列指定時、今後 " " に囲む事が強制される。(前みたいに始まりだけに"を付ける事はもう認識されない)
-トラックバーに存在しない変数を登録することが不可に。
-- system/sys_config.txtにトラックバーへの変数登録例を参考
-システム変数をスクリプトで参照できるように改善
-- settings.xmlの各システム変数名が変更。GameSettingsを参考
-- システム変数の場合、すべて「vn_」ではじまるように変更
-スキップの速度向上
-「バックログ台詞登録 true/false」コマンド追加。
-- シナリオ行の台詞をバックログに登録するかどうかの指定が可能に。
-変数関連追加・修正を説明する部分をtut_var.txtに追加。
-tut_media.txtのビデオ再生例をチョコミントファッジ様の作品PVに更新
-エディターの安定性が大幅に向上

[ バグ修正内容 ]

-全域変数が個別のデーターに保存される問題修正
-シナリオ・スクリプト行区別が編集・テストプレイ転換時にちゃんと更新されない問題修正
-テキストの流れが逆になる問題修正
-テストプレイから編集モードにちゃんと戻らない問題修正
-FPS表示時の「update」誤字修正
-エディター上でのバックログ文字のテキスト整列が初期化される問題修正
-ロード時にバックログ文字色が設定値に戻らない問題修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留

*Ver5.7.0 アップデート内容 (2018/07/11)[#v5_7_0]
[ Light.vn 本体 ]

-基本配布背景素材の最適化
-コメントへのマクロ反映防止
-Light exe, LightEditor exe両方にSoul Engine Project表記
-ボイス音量公式改善:全体音量 * ボイス音量 * 個別変数音量
-拡大・移動仕組みの統一
-スクリーンショット機能により保存される画像もsyswritedirectoryに従うように改善
-トラックバーの左側数値・右側数値を設定できるように改善
--機能拡張によりこれら引数の設定が今回更新から強制されるので、下記のスクリプトをご参考ください: system/sys_config.txt
-スクリーンイン・アウトがより滑らかに行われるように自動改善機能追加
-テストプレイ・或いはプレイ途中に同じレイヤーの素材の優先順位がかわることを修正
-一部ライルタイムプレビューとテストプレイ状態が異なる部分の根本解決
--これにより既存移動・拡大などを複数使用された演出の場合、ずれが発生する場合があります。今までの内部計算が間違ってたので今回の更新で修正が必要となります。

[ バグ修正内容 ]

-スクリーンモードのサイズバグ解決
-バックログ上のボイス再生ボタンが拡大などの影響をうけないように修正
-プレイ途中でバックログが消える問題修正
-スキップ中にトランジション画像が普通の速度で作動するバグ修正
-トランジション画像使用時の稀な拡大バグ修正
-背景の移動・拡大に統一性がない問題修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留

*Ver5.3.0 アップデート内容 (2018/03/31)[#v5_3_0]
[ Light.vn 本体 ]

-画像のgpu上の描画速度向上
-複数モニター使用時、fullscreen / fullwindow / windowが
現在プログラムが置かれてあるモニター上で拡大するように改善
-音声ファイルの読み込みに失敗した場合のエラー表示
-settings.xml 「sysmemorymanagementtype 2」の追加
--一般使用者向け情報)エンジンのメモリー使用を自動管理してくれる設定
--プログラマー向け情報)一種のgarbage collection
-settings.xml 「displayFPS」追加
--Trueの場合、Light.exe起動時描画と更新FPSを表示

[ バグ修正内容 ]

-画像ロード時に稀に起きる問題修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留

*Ver5.2.0 アップデート内容 (2018/02/10)[#v5_2_0]
[ Light.vn 本体 ]

-Light.exeの安定性向上
-マクロをより安全に使えるように保護設定を内部に追加
-ユーザーPC上の書き込み可能なフォルダーを検索しそこでデーターを保存する機能追加
--settings.xmlのwriteDirectoryTypeを1にする事で使用可能
-ロード時に未使用メモリーを整理し開放
-作品名とは別として、英数字でのプロジェクトフォルダー名を設定できるように追加
--ノベル設定で指定可能
--一部ユーザーPC上で、英数字でないフォルダー名だとプログラム起動に失敗することへの対策
-コマンド「スクリプト番号確認」追加
--コマンドが実行されるスクリプトの番号が特定でものであることをチェック
-コマンド「未使用素材開放」追加
--未使用素材のメモリーを開放し作品実行をより軽くする機能
-Light.vn 配布の流れ、公開前後のアドバイス資料を追加
--http://bit.ly/2EiIhkw

[ バグ修正内容 ]

-出力関連バグ修正

[ Light.vn-js- ]

-一部環境上でスクリーンモード変換時に落ちる問題修正
-ボイス再生、で落ちる問題修正
-マクロ保存問題修正


*Ver5.0.0 アップデート内容 (2017/12/25)[#v5_0_0]

[ Light.vn 本体 ]

-エディタ)安定性大幅向上
-エディタ)起動速度・スクリプト読み込み速度大幅向上
-テキスト出力・処理速度改善
-動画処理速度改善
-サンプル中の名前表示マクロ:名前変更時、文章消去もするように改善
--コマンド)背景音0, 効果音0, ボイス0, 背景ボイス0  追加
-音量ゼロの状態で読み込む(直後のフェイドインなどをより自然にする為追加)


[ バグ修正内容 ]

-出力関連バグ修正

[ Light.vn-js- ]

-移動、拡大などをまぜた際にキャラクターの登場位置がずれる問題修正
-「もし」が特定状況下で作動しない問題修正
-画像出力時に稀に白い方形が出る問題修正
-html5関連出力の軽量化
-Light.vnコマンド)絵0, 背景0, ボタン0 への対応追加
-個体指定時の正規表現使用追加
-マクロ対応追加
-アニメーション出力をよりなめらかに改善
-キートリガをLight.vn本体と同等な規模に拡張


*Ver4.8.5 アップデート内容 (2017/12/12)[#v4_8_5]
-エディタ)新規プロジェクト作成時のエラー修正

*Ver4.8.0 アップデート内容 (2017/12/10)[#v4_8_0]
[ Light.vn 本体 ]
-エディタ).Net 4.0だけでなく、.Net4.0以上でも動作するように互換性向上
-エディタ)既存何らかの理由でエディターが起動しない環境でも起動するように拡張
-エディタ)バグ発生時強制終了せず、先ずメッセージを表示するように改善
-エディタ)スクリプト修正のリアルタイムプレビュー反映速度を大幅に向上
-以下処理アルゴリズムの速度を大幅に向上: (O(n)からO(1)に)

--キートリガ処理速度
--ユーザー変数の反映速度
--特殊効果の参照速度
--登録アニメーションの参照速度
--マクロ処理速度
--画像・フォントリソースの処理速度
--配布作品のリソースロード初期ロード速度
--Light.vn本体の安定性を大幅に向上「重要」
--Light.vnサンプルに「総合実例」チュートリアルを追加

[ バグ修正内容 ]

-背景音楽が場合によって再生されない問題修正
-ボタンによる画像挿入が稀にクラッシュを起こす問題修正

[ Light.vn-js- ]

-今回保留


*Ver4.6.0 アップデート内容 (2017/10/29)[#v4_6_0]
[Light.vn本体]
-英文コマンド・ハイライト追加
-動画の音量フェードアウト追加
-一部PCでの入力処理改善
-マウスカーソルをデフォルトに戻せるように改善
~

[バグ修正内容]
-エディタ:配布時、配布先として指定された経路がちゃんと反映されないバグ修正 (重要)
-画像変更時の例外修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留



*Ver4.5.0 アップデート内容 (2017/10/08)[#V4_5_0]
[Light.vn本体]
-Light.exe実行時、バージョン名が出ないように改善
-エディター、またdebug.txtでは未だに出るようになっているので、
バージョン確認は今後そちらでお願いします。
-Light.exeのウインドウ左上アイコン、タスクバーアイコン設定機能追加
-エディタ配布画面にライセンス関連情報を若干追加
-画像処理関速度の改善
~

[バグ修正内容]
-\n等の特殊記号が入るさいの文字窓幅計算バグ修正
-動画終了時、音が消えないバグ修正
-アウト時のトランジションが反映されないバグ修正
-サンプルの変数チュートリアルのスクリプトエラー修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留



*Ver4.4.0 アップデート内容 (2017/09/30)[#V4_4_0]
[Light.vn 本体]
-ctrl.l, ctrl.r, enter キートリガ追加
-wheel.down, l.click, enter キートリガ―を解除しユーザーのカスタム指定が可能に改善
注:キートリガ―変更により前のキートリガスクリプトを修正する必要性があるかもしれません。
-コマンド:続行、追加
-パッチ関連処理大幅改善
~

[バグ修正内容]
-音量関連設定が保存されない問題修正
-文字整列関連問題修正
-強制終了エラー修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留



*Ver4.3.0 アップデート内容 (2017/08/09)[#V4_3_0]
[Light.vn 本体]
-エラー時のスクリプトスタック出力
-utf8 bom存在時の追加処理
-debug.txtに実行環境情報追加
-特殊な待機状態の場合、文字待機絵を見せないように改善
-スキップ時ボイスが再生されないように改善
~

[バグ修正内容]
-スキップ時の「ループ」誤作動修正
-ロード時、元の読み込み状態に戻るように修正
-トラックバーの複数生成修正
-ルビーの瞬き修正
-シンクロコマンド関連バグ修正
-エディター上のリソース増大修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留



*Ver4.2.0 アップデート内容 (2017/07/17)[#V4_2_0]
[Light.vn 本体]
-乱数の結果がよりばらけるように改善
-「script_fin」によりプレビューが邪魔されないように改善
-コマンド:「スクリーンショット」追加
-コマンド:「lua」追加
~

[バグ修正内容]
-「.」だけの行の表示問題修正
-「\n」が行末に入る行の待機絵表示問題修正
-エディター:スクリプトが変わる際にバックログがリセットされない問題修正
-マウスカーソル関連問題修正
-変数の文字列関連問題修正
-lvGetVar問題修正
-透明度関連コマンド問題修正
-メッセージボックス関連問題修正
-スキップ関連バグ修正
-サンプル:セーブ直後セーブ情報が現れない問題修正
-サンプル:話者が指定されない際にバックログから名前が消えない問題修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留


*Ver3.9.0 アップデート内容 (2017/05/04)[#V3_9_0]
[Light.vn 本体]
-コマンド:一時停止追加
-コマンド:再生続行追加
-音量コマンドを音量設定に比例して設定されるように改善
-音量2、で相対的な調整が可能に改善
-音量、一時停止、再生続行、複数個体の指定が可能に改善
-ループによる音量のループも可能に改善
-アプリケーション起動時ウインドウが前に出るように改善
-待機 一般進入防止追加
-クリックやEnterによる一般的なスクリプト読み込み続行を禁止
-ジャンプによってのみ設定行を乗り越え、読み込みを再開させる事を可能にする。
~

[バグ修正内容]
-指定された個体が複数変換される問題修正
-親子保存問題修正
-スクリーンイン・アウト問題修正
-マクロ保存問題修正
-サンプル:セーブ・ロード画面表示後選択肢が消える問題修正
-サンプル:コンフィグ表示後背景が消える問題修正
-エディタ内に変数名が見えない問題修正
~

[Light.vn-js-]
-今回保留