おかしい。こんなことは許されない

Last-modified: 2019-11-13 (水) 06:02:47

元千葉ロッテマリーンズ・諸積兼司が放ったコメントのこと。

2004年オフの契約更改でダウン提示を受けた諸積が、保留会見の際に語った名言が由来。

その使い勝手の良さから、現在では理不尽な個人成績等が貼られた際に多用される定型句となっている。


記事 Edit

ロッテ諸積が半泣き保留「おかしい。こんなことは許されない」
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-041225-0006.html

ロッテ諸積、藤田が契約交渉で保留した。
諸積は昨年は5525万から49%減、今年はさらに2800万円から20%減の2240万円の提示を保留。
Bクラスの他球団で自分に近い成績の25選手の年俸リストを自ら作成して臨んだが「半分泣きました。おかしい。こんなことは許されない」と涙目。

背景 Edit

諸積は俊足堅守が売りの外野手で、2002年には自己最多125試合に出場。しかし翌2003年には出場試合数が46試合と激減、オフには上述の通り50%近い大減俸を食らっていた。
2004年は代走、守備固め中心ではあったが97試合に出場したにも関わらず、再び大減俸を提示されたためこのような発言に至ったと見る向きが多い。
この保留ののち球団側も譲歩。その結果、結局減俸されたものの2700万円で契約更改となっている。


関連項目 Edit



Tag: ロッテ 契約更改