お辞めなさい

Last-modified: 2022-01-08 (土) 16:02:04

TBS系列のテレビ番組『サンデーモーニング』で張本勲がサッカー選手の三浦知良に対して発したコメント。

概要

三浦は2015年に48歳でゴールを決めると、サンモニでも取り上げられる。

これを見た張本は「カズファンには悪いけども、もうお辞めなさい」「若い選手に席を譲ってやらないと。しがみつく必要はないでしょ、これほどの選手なんだから。指導者に」と、引退勧告とも言えるコメントを発する。

この日は「J2は野球でいえば二軍」という発言までしていたのもあり、この発言にサッカーファンブチ切れTwitterやヤフコメは大荒れとなった。(その一方、サッカーへの風当たりが強いなんJではそこまで張本の発言は叩かれなかった。)

本人の反応

これに対して三浦は

「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと思う。『これなら引退しなくていいって、オレに言わせてみろ』ってことだと思う」

と怒るどころか感謝の言葉を並べる。これには張本もあっぱれと共に

ただ(引退は)本人が決めること。本人がやると言うのならやればいい。ケガせず元気で頑張ってほしい」

手の平を返した

その後

三浦はあの山本昌をも超えて54歳となる現在でも現役を続けている*1
しかしさすがに老いには勝てず、プレーは年々劣化。
特に2021年はわずか1分の出場だったにも関わらず現役続行を決めた際には批判が相次ぎ、現在ではなんJ以外のコミュニティでも三浦は都合よく老害扱いされるようになってしまった。
2021年のシーズン終了後にはサッカー界の御意見番格とされるセルジオ越後も三浦の現役続行に苦言を呈した。なお、その際個人の広告料がチームに入っているなどといった事実とは異なる内容の指摘もあったため三浦の所属する横浜FCから猛抗議を受け謝罪するトラブルも起こっている。

同年11月には張本が年内でのサンモニ卒業を宣言発言者の張本が三浦より先に辞める事態となった。
なお、張本の卒業回となった2021年12月26日の放送において、三浦がVTRで出演したがその際には「早くお辞めなさいと言われないように、これからも頑張る」とコメントした。*2

GIF


2020年JリーグYBCルヴァンカップ北海道コンサドーレ札幌vs横浜FC(札幌ドーム)の一戦。なんJではこのGIFが貼られる度に、「お辞めなさい」のレスで溢れるようになっている。

関連項目


*1 山本昌の公式戦最終登板は2015年10月7日の広島戦で、このとき50歳57日であった
*2 ちなみに、三浦の他にVTR出演したのは元白鵬の間垣親方イチロー氏で、イチロー氏に至っては、現時点で張本から最後に喝を貰った人物となった。